1218

TNS 捕捉好中球症候群 ボーダーコリー  








ボーダーコリーの致死性遺伝性疾患
 TNS 捕捉好中球症候群
の発症犬、FIOの飼い主さんが書いた文章です。

最近ではCL病のキャリア率よりもTNSのキャリア率が高くなっています。

最近ボーダーコリーを飼い始めた、これから飼う予定がある方には
読んでいただきたいと思います。
体調が悪く、病院へ行ってもTNSと診断されるのは稀かも知れません。

FIOはTNS発症ですが、今年で7歳になりました。

--------------------------



長くなりますが、TNSに興味をお持ちの方のみお読み下さい。


TNSの発症犬が居れば力になりたい!!
そう思って時間がある時には検索して該当する子がいないか?探してはいるのですが難しい。
そもそも発症してもTNSだと見極めてもらえる子がほとんど居ないのが現状です。
キャリア率から考えて本当はもう少し出てもおかしくはないはずなのに・・・
ほとんどの子は突然死、原因不明死、またはシステンバーなどと片付けられて見つかるのは氷山の一角。
早く発見し、適切な対応をすれば命を落とさずに済んだかも?そう思うと残念でなりません。


TNS=免疫力が下がり感染症にかかりやすい。
と医学書でもネットでも昔の情報しか載っていません。
故に飼い主さんは免疫力を上げてと読み取れます。
それは間違いで、免疫力を上げる事が命取りに繋がるなんて言えなかったからです。 

確かにTNSは白血球が通常の最低値の1/3程度しかありません(正常時)でも、
それなりに免疫を維持し常に感染症にかかりやすいか?と言うとそうでもないのです。
しかし・・・発熱、跛行、下痢、嘔吐など多種多様の病状が現れます。
これって何?って事です。

感染症由来なら抗生剤が効くはずですが多種多様な抗生剤を試してみても症状が改善されず・・・・・
唯一症状を抑えることができるのがステロイドだったのです。

私は獣医師でも医学を勉強したわけでもないので、医学的知識はありません。
だから私の言うことは正論ではないかもしれないけど7年間TNSと向き合って感じたこと、
実践の中から解った事を書いています。

TNSの子が多種多様な症状を発症する正体は自己免疫が絡んでいる病気だからです。
故に免疫を上げると自分で自分の体を攻撃し返って病状の悪化に繋がる結果を何度も経験したからです。
ステロイドですが上手く付き合えば病状を抑えて高いQOLを維持し暮らすことができるかもしれない。
適切なアドバイスをくれるお医者さんを紹介することもできます。
だから、TNSの発症犬をもし見つけられた方はお知らせ頂けると嬉しいです。


あっ、それともう一つ!!これは特に医療関係に携わっておられる方に読んでいただきたい事が一つ。
先ほどもTNSの発症犬は白血球は通常の最低値の1/3と書いていますが、
これは病状が出ていない状態でCRPが1以下の時の事です。
TNSは症状が多岐にわたり見極めるのが困難な病気です。
ただ2つのキーワードが一致すればTNSを疑ってください。

一つは若いボーダーコリーである事。
もう一つはCRPが非常に高いにも関わらず、他の検査数値に異常が見られない事。


時に白血球は好中球は通常値を示します。なんで?好中球が減少するのがTNSでしょう?
その思い込みが、これがこの病気の発見を妨げる罠なのです。 
検査結果に異常が現れるのはCRPだけ・・・・
な訳はないのです。はじめに書いたようにTNSの子は白血球が
もともと少ないから体の中で炎症を起こし増えても、
一般的に子の通常値なのです。
また好中球も体のどこかで炎症が起これば増えます。
65%〜80%あっても不思議ではないのです。

どうか医療関係に関わっておられる方、若いボーダーコリーで血液検査で
特に異常は見られないのにCRPだけが異常に高い・・・・
そして、抗生剤の効果が見られない場合がTNSを疑ってください、
速やかな遺伝子検査をオススメします。
また、抗生剤は予備的に使用しメインをステロイド投薬に切り替えてください。
そうする事で命を救えます。FIOは安楽死を提案されました。
その時点で同意していれば今のFIOは存在していません。

TNSを発症したからと諦めないでください。
その子にも普通の子と同じく明るい未来が待っているかもしれないのですから。
また、遺伝病で一番大切なのは交配前に検査をして発症犬を産まない事。
これを確実に守って頂ければ病気で苦しむ子は出ないのですから。

-----------------------

Posted on 2018/12/18 Tue. 20:10 [edit]

CM: --
TB: --

1218

納得がいく訳が無い・・  





「やっぱり納得がいかないのです」


飼い主さんの新しい記事。
納得いく訳が無いですね。

今回の記事の最後。

------------------
注 ペットショップで買ったからだ!などの
誹謗中傷的なコメントはやめてくださいね。
今回の件で、後悔も反省もしています。
無知だった自分も恥ずかしいですが、
あえてこのような記事を書く事によって、
今後こんな辛い思いをする飼い主さんが
少しでも減って欲しいと思って書き残します。

全てのペットショップに当てはまる訳でもあり
ません。 見極める目も大切だと思います。
---------------

ペットショップで買ったから致死性遺伝性疾患が出たというのは
間違いですね。
ブリーダーさんから買っても致死性遺伝性疾患が発症している犬も居ます。

問題はそこでは無いと思うけど・・
AHB側が今回の繁殖の実態を解明しようと本気で考えているのかどうかです。
飼い主さん側からすれば、会社が何を言っても素直には信じられないと思いますよ。
いろいろ聞いていくと、契約ブリーダーの紹介?弟子達??から仕入れた犬だと言う事も
薄々解ってきているし。
そんな仕入れしているの??って・・業界ではよくある事と言っても飼い主さんは
納得しませんね。

なんだかすっきりしないまま時間が過ぎていきます・・

Posted on 2018/12/18 Tue. 07:56 [edit]

CM: --
TB: --

1217

やはり法律??  







遺伝性疾患、いくらペットショップが繁殖者を管理している・指導していると言い
HPに大々的に書いても毎年のように出て来ているのが現状ですね。

JKCやその他犬種別の団体が、管理していかなければ難しい感じがしています。
全ての犬種を一度に対策は無理でしょうから、出来るところから一つずつ??

繁殖者は免許制にするとか、繁殖犬の管理を徹底させなければ
今回の様な事は何度でも起きるのでは??

ペットショップ自体が昭和よりはマシになっているのかも知れないけど・・
繁殖者と会社との関係は昭和40年代のままじゃ無いですかね??

これまでろくな対策を取ってこなかったJKC等は早急に動く必要があると思います。
それを一般の飼い主が確認出来るようなシステムを作って欲しい。

でも、まあ全てが商売なので難しい事は多いと思うんですよ。
一件のペットショップで年間どのくらいの犬が致死性遺伝性疾患で亡くなっているかは
解らないんですけど・・今では遺伝子検査も簡単に受けられるし・・。

万が一、致死性遺伝性疾患が販売後に解れば一昔前とは違い、話は一気に広がると思うし
飼い主さん達も黙ってはいないと思うんですけどね・・。
一つのペットショップで上手く出来ないなら、各県で販売協会のようなものがあるから
そこで対策なんて無理なんですかね??

現状では安心して買えるペットショップは無しですね。

Posted on 2018/12/17 Mon. 09:46 [edit]

CM: --
TB: --

1215

無くなりませんね・・遺伝性疾患。  

何十年経っても、犬達の遺伝性疾患無くなりませんね。

自分の時もそうだったけど、綺麗で接客が良くて大手だから
大丈夫という安心感からペットショップから買う人が居る以上は無くならないかも??
ペットショップで犬を買った人を非難するつもりもありません。

ペットショップのHP見ると、何も知らない一般の人はやはり信じますよ。
どこのペットショップでも、うちは健康に気を付けている、社内獣医師がいる。
ブリーダーには遺伝病やその他色々と指導している。
こんな事を写真付きで書かれると、やはり信じてしまいますね・・。

繁殖者がウチの犬は遺伝性疾患の遺伝子検査をしていると言っても、
その会社で検査し直す位の事が必要でしょう。
ああ、検査済みなら大丈夫ですね。は何も大丈夫じゃ無いです。
それで遺伝性疾患のの犬が販売されたならば、ペットショップの責任でしょう。


何犬種も何十頭・何百頭も抱えている繁殖者で繁殖に使う犬を全頭、
遺伝子検査なんてしている繁殖者なんて居るんでしょうかね??

だいたい、ブリーダーなんて呼ばないで欲しいんですけどね・・
真面目にやっている本物のブリーダーに失礼でしょ??

この業界、何十年同じ事を繰り返すんでしょうね・・・。
そろそろ、まともなペットショップが出て来ても良いと思うんですけどね。
無理なんでしょうけど。

いつも、がっかりと虚しさが出て来ます・・。


Posted on 2018/12/15 Sat. 20:46 [edit]

CM: --
TB: --

1207

GM1ガングリオシドーシスの続き。  

飼い主さん方と連絡は取っていますが・・
一部の方々とサポートにもなりませんが、いろいろとお話も
聞く事はあります。

さてさて、業界最大手のAHBと言えども対応のお粗末さ、現場で何とかしようとして
本社への報告も遅れたのか・・飼い主さん方が店舗へ遺伝性疾患のGM1ガングリオシドーシスだと
伝えてから、この5ヶ月間何の進展も無いようですね。

ここにきて飼い主さん達が本社へ連絡してようやく重い腰を上げ出したというのが
多分実情なんでしょう。

何だか詳しい事はよく解りませんが、「契約ブリーダー様」が
既に父犬を隠しているかもしれませんね。
それをどうにもする事が出来ないペットショップ・・・
何もかもアノンの時と同じですね。

最大手がこんな対応やっていればマズいんじゃ無いのかな??
評判落ちますよ・・。
最大手だからこそ、しっかりとした
対応が出来なければペットショップで販売している犬=致死性遺伝性疾患の犬となってしまわないか
心配ですね。


Posted on 2018/12/07 Fri. 21:44 [edit]

CM: --
TB: --

1130

GM1ガングリオシドーシス  




先日書いた柴犬 GM1ガングリオシドーシスについて。

でこぼこのブログ〜難病と闘う柴犬 さくら

飼い主さんのブログです。

飼い主さんがペットショップとのやり取りを書いた記事がこちら

「親の遺伝子検査」


以下、飼い主さんのブログより抜粋

>3頭は株式会社AHBのバイヤーにより愛知県豊橋市で買い付けられ、
>それぞれ地域のペットプラスで売られていました。

>痺れを切らし、わざわざショップに足を運びどうなってるか聞きに行きました。
>『両親は元気です!すでに繁殖から外しました。
>バイヤーを通じて柴犬30頭の遺伝子検査をするように指導が入り、全頭終わっています』

>20日後、電話がありました。
>『遺伝子検査が終わりました、さくらちゃん(達)の両親の掛け合わせは
>【クリア✖️キャリア】
>でした。繁殖に問題はありません。という結果が出ました』


>どういう事ですか?
>片親がクリアならアフェクテッドは産まれません!
>一頭でも稀なのに、兄妹3頭がアフェクテッドなんです!!
>ありえないです!!

--------------------------------------
等々・・・
アノンの時と同じですね、親犬の遺伝子検査の結果。

飼い主さん、お店の店長さんやバイヤーさんとやりとりしているようですが・・
疑問に思ったのが、業界最大手と言われているペットプラス、AHBでこの対応??

果たして今回のGM1ガングリオシドーシスの発症犬が出ているという話は
ペットプラスやAHBの社長なり幹部の耳に入っているんだろうか??
もし、耳に入っているとしてこの対応であれば、それぞれの会社のやる事なので
何も言えませんが・・・
僕の感じとしては、どうも話がバイヤーで止まっている感じがします。

ペットショップで売られている子犬たちの親、繁殖犬には遺伝性疾患の検査を
行っているとNHKの番組にまで出た会社ですよね??
今回の件で飼い主さんは、この繁殖者からの仕入れを止めてくれと言ったらしいけど
バイヤー達の返事は、「柴犬は人気犬種で他に契約している繁殖者が居ないから
それは出来ない」という返答だったとか・・・。

これだけ大きな会社で、こういう対応ですか・・・
アノンが居た、テンテンの方がまだ良心的ですね。

どんな業界業種でもそうですが、こういう問題は初期の対応が重要になると思います。
今回の様に飼い主さんが、いてもたってもいられなく、ブログに会社名と
交渉の経過を出した後では遅いんですけどね・・・。

親犬がクリア×キャリア・・
アノンの時もこういう結果でした。
あり得ませんからね・・・

過去に何度も書いてきたけど、クリア×キャリアでは発症犬は産まれません。
自然の中での突然変異的な物もあるかもしれないけど、その確率は驚くほど
低い物でしょう・・。
0923.jpg


なんだかなぁ・・繁殖者は柴犬30頭を飼っている。
交配させた時にどれが父犬、母犬か解らなくなっているのでは??
犬舎の30頭全部検査を終え、問題ないとなっているけど・・
血統書通りの組み合わせだったのかも疑問。
更にGM1ガングリオシドーシスが出たとなり、アノンの時の様に親犬をすり替えた
という事まで考えてしまいます。

致死性遺伝性疾患の犬を飼っている飼い主さん、犬の病気が治らないのも
死を待つだけなのも知っています。
ペットショップの運営会社とその親会社? 繁殖者はせめてもの誠意を
見せて欲しいものです。
業界最大手と言われ、遺伝性疾患にも取り組んでいるとテレビその他にも
何度も出ている会社なんですから。

Posted on 2018/11/30 Fri. 08:41 [edit]

CM: --
TB: --

1122

DNA登録って・・  

ここ最近、遺伝性疾患について考え直す事が多いのですが・・。

特定の個人や、犬舎、団体等を批判するものではありませんので。

アノンのCL病発症が解り、血統書を眺める時間も当時多くなりました。
あちこちで血統書について聞いて歩いたり、電話したり。

その中でどうも腑に落ちない事も何度かありました。

「ウチは血統書にDNA登録しているから大丈夫」・・・
後々、JKCにも電話で確認をしたら、DNA登録はその犬の識別の為であり
遺伝性疾患が無いと言う事を保証する物ではありませんと返答いただきました。
何処の部署の何さんかは覚えていないけど。

家畜改良技術研究所では各種団体の
DNA登録をやっているのかな??

血統書でDNA登録の番号が出ていても、これは多分親子判定等に使われるだけで
遺伝性疾患がありませんという意味では無いと思うんですけどね・・。

そんな話、当たり前だよと仰る方も居ると思いますが、
僕のような素人だと、DNA登録されているんだ、じゃ病気も大丈夫だねと
なってしまいませんかね??

Posted on 2018/11/22 Thu. 14:54 [edit]

CM: --
TB: --

1118

更新  



広告消しの為に更新です。
ほぼ、放置状態の上に最近はSNSでの
情報ややり取りが多く、ブログは更新ネタも無く
放置しているような状態です。

今でもこのブログを見に来ていただいている方や
アノンの事で当時お世話になった方々には申し訳ないと思っております。


さてさて、このブログではボーダーコリーのCL病が中心ですが、他の犬種でも同様の遺伝病はありますよ。と書いて来ました。

今回は本州の大手ペットショップから柴犬の
ガングリオシドーシスの発症犬が3頭出ているみたいです。

その会社のHPには、○○ ではガングリオシドーシスの遺伝子検査を当社契約ブリーダー様向けに実施しています。
と書かれています。

では何で発症犬が出るの?と疑問です。
契約ブリーダー様が遺伝子検査を受ける時に、
本来の繁殖させる犬とは違う犬で検査に出したんですかね?

すり替えが出来ない様にチェックや管理する必要があると以前書きました。

相変わらずの業界なんですね。
ブリーダーなんて言葉使ってはいけません?

飼い主さんのブログを見ると、
CLとガングリオシドーシス、違いはあっても
アノンの時と同じ様な状態。
飼い主さんの介護や遺伝病に対する疑問を
見ていて、アノンの時を思い出してしまいす。

Posted on 2018/11/18 Sun. 22:48 [edit]

CM: --
TB: --

0826

アノンの兄妹達   

もう今更という感じですが・・・

アノンの同胎兄妹、牡4頭・牝2頭のうち
アノン以外の牝1頭を除き、CL病の遺伝子検査結果が
解った分だけ・・。

牡3頭 キャリア
牡1頭 発症(リク)
牝1頭 発症(アノン)
牝1頭 不明

不明の1頭を除き、キャリアか発症。
確率の問題でしょうけど・・・本当に親犬はキャリア×キャリアだったんだろうか??
血統書通りの親犬だったのかどうかも怪しい感じです。

まあ、今となっては何も解りません。
こういう繁殖者が未だに繁殖を続け、ペットショップやオークションに犬を
出している現実。
何のペナルティーも無いですからね。

Posted on 2018/08/26 Sun. 17:18 [edit]

CM: --
TB: --

0529

未定ですが・・・  




昨年8月に奈良県葛城市「新庄動物病院」院長 今本成樹先生の
遺伝性疾患セミナー一般向けとして開催致しました。

現在の所、まだまだ計画段階で未定な状態ですが・・・
今年も8月9日頃から8月19日頃の間で今本先生に講演をお願いしようかと考えています。
現段階で日程も内容も決まっておりません・・。
今年はこういう形でこういう話をしていただきたい等がありましたら私宛に
連絡をいただければと思います。

開催場所は北海道札幌市です。

Posted on 2018/05/29 Tue. 17:13 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top