0526

普通に楽しめない・・・  







AnonのCL病発症が解り5年、3歳で亡くなり4年。
それ以降は何だか犬との生活が純粋に楽しめなくなったかも。

未だにこんなブログで致死性遺伝性疾患の事を伝えても何も変わらない・・
ペットショップや血統書発行団体だけの問題じゃないんですよ。

やはり飼う側の意識の低さかな??
発症じゃなければ関係無いとかね・・
Anonと違うペットショップで犬を買った方、同じペットショップで買った方
等が大変大きな声をあげていただきました。
一部の親戚犬飼い主さんも大変協力して頂きました。

当初兄妹捜しをしていたけど、うちは関係ない迷惑とまで言った方々。
もちろんそれで良いと思いますよ、犬に対する考え方は人それぞれですから。
個人的にはキャリア犬を飼っている人達こそ大きな声を上げて欲しかったかな。

ペットショップで購入した自分の犬、兄妹探しサイトで兄妹が見つかった!
運命を感じる♫とかよく会えたね♫
まあ、そういう楽しみ方もあるでしょうね・・。
でも、僕から見るとシラケています。

兄妹を探さなきゃとやっていた時は直ぐに反応してくれた飼い主さんもいれば
Anonが死んで何年もしてから他の同胎兄妹犬と会えた♫
死んだ犬が居るのは知っている、でもうちは関係ないしとかという言動だと
カチンときますわ・・。

結局、致死性遺伝性疾患の怖さや大変さは発症犬の飼い主にしか
解らないって事かもね。
一部の兄妹犬、親戚犬の飼い主を除いて他人事なんですよ、結局ね。

こういう人達が声を上げて情報発信していかないと遺伝病なんて無くならないですよ。

いつまでこんな活動しているんだろう??と馬鹿らしくなることも正直多々あります。
さっさとこんなこと止めて犬と純粋に楽しめるようになりたいものです・・・。


Posted on 2019/05/26 Sun. 12:03 [edit]

CM: --
TB: --

1118

更新  


広告消しの為に更新です。
ほぼ、放置状態の上に最近はSNSでの
情報ややり取りが多く、ブログは更新ネタも無く
放置しているような状態です。

今でもこのブログを見に来ていただいている方や
アノンの事で当時お世話になった方々には申し訳ないと思っております。


さてさて、このブログではボーダーコリーのCL病が中心ですが、他の犬種でも同様の遺伝病はありますよ。と書いて来ました。

今回は本州の大手ペットショップから柴犬の
ガングリオシドーシスの発症犬が3頭出ているみたいです。

その会社のHPには、○○ ではガングリオシドーシスの遺伝子検査を当社契約ブリーダー様向けに実施しています。
と書かれています。

では何で発症犬が出るの?と疑問です。
契約ブリーダー様が遺伝子検査を受ける時に、
本来の繁殖させる犬とは違う犬で検査に出したんですかね?

すり替えが出来ない様にチェックや管理する必要があると以前書きました。

相変わらずの業界なんですね。
ブリーダーなんて言葉使ってはいけません?

飼い主さんのブログを見ると、
CLとガングリオシドーシス、違いはあっても
アノンの時と同じ様な状態。
飼い主さんの介護や遺伝病に対する疑問を
見ていて、アノンの時を思い出してしまいす。

Posted on 2018/11/18 Sun. 22:48 [edit]

CM: --
TB: --

0519

3年が経ちました。  



5月19日
今日でアノンがCL病で亡くなり3年が経ちました。
自分にとっては忘れたいけど忘れられない日です。



その後、CL病発症犬は出ているのでしょうか?
アノン、りく以降は本州大手ペットショップでは
ボーダーコリーの販売を中止した所もあるとか無いとか?

アノンが亡くなるまでの約1年間と亡くなってからの3年間では自分自身の考え方も変わって来ているのかと思います。当初はペットショップ、そこに犬達を出している繁殖者はとにかく悪という考え方。
いま考えると現状では仕方ないかな?と。ずっと以前から続いているシステムです。

しかし、繁殖に携わる人達には犬の致死性遺伝性疾患というものを最低限知識として持っていただきたいという気持ちは相変わらずです。
繁殖者やトレーナー、犬に関わる方達の経験と勘を否定するつもりも一切ありませんが、そこに遺伝性疾患のDNA検査データを有効に活用して欲しい気持ちは今もあります。
DNA検査だけで全てOKという事でも無いとは思います。コリーアイは眼底検査も必要になると思いますし。

TNS発症犬のボーダーコリー、FIOは飼い主さんや獣医師先生のおかげで今も生きています。
CL病もこうなってくれると良いのですけど。
冒頭にアノンの血統書画像を出しました、北海道内のボーダーコリーに関係する方々にもう一度良く確認していただきたいと思っています。
本当はFIOの血統書を出した方が道内のボーダーコリー関係者には役立つと思いますが。

いずれにしろ、競技会等で勝てる活躍出来る前に健康で生活出来る犬が増えてくれると良いなと思います。

Posted on 2018/05/19 Sat. 09:05 [edit]

CM: --
TB: --

0820

検査会社の説明  

名称未設定

IMG_1739_20170820184830ceb.jpg


ここ最近、気になっていた事を昨日の勉強会でも取り上げていただきました。
上の画像二つ、上のは一般の飼い主さんが口粘膜を擦り検査会社へ送り飼い主さんに
検査会社から直接結果がくるモノ。

下の画像は、獣医師で採血・口腔内粘膜を採取して検査会社へ送り
結果は獣医師から伝えられるモノです。

それぞれの画像、アフェクテッド・キャリア・変異無し等の
説明の欄がどうなのか??と思っていました。

遺伝子変異無し:原因とされる遺伝子に変異なし
キャリア:対立遺伝子の一方に変異あり
発症:対立遺伝子の両方に変異あり、臨床症状がある場合、本疾患に罹患している可能性が高い

獣医師経由のこれに対して、
キャリア=発症遺伝子を持っているが未発症の個体
「発症の可能性があります」

ここが問題なのかな??と
これと同様の事をアノンの親戚犬に言ってしまった獣医師さんも実際に居て
その後のトラブルに繋がっていますし・・。

ボーダーコリーのCL病に関して言えば、4歳・5歳で生きている。
既に去勢・避妊手術済みであれば、CL病の遺伝子検査する意味も無いと思います。
どうしても自分の飼っているボーダーが、CLのキャリアなのかクリアなのかを知っておきたいというのは
ありだと思いますが・・・。

検査会社に直接送るモノを使い、結果がキャリアだった。
説明欄をみると「発症の可能性あり」となっていれば
当然不安になりますが・・。
CL病に関しては、キャリアがその後発症に変わるってありませんから・・。

-- 続きを読む --

Posted on 2017/08/20 Sun. 19:03 [edit]

CM: --
TB: --

0717

再掲載です  


再掲載です。
「予約はコメントしていただくか、
私までメッセージをお願い致します。」
犬の遺伝性疾患2017セミナー 一般向け
【札幌開催】
講師:
奈良県葛城市 新庄動物病院 院長
今本成樹先生
日時:
8月19日 15:00~(時間に関しては現在の予定です)
場所:
札幌コンベンションセンター(予定)
札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1
「入場無料」(要予約)
-----------------------------------
明日の午前中に会場の予約をして来ますが・・・
参加人数が全く把握出来ていません(>_<)
だいたいこれ位の会議室を予約と見切り発車になりますが、
一番小さな会議室でも良いかも??
座談会形式みたいな・・。
犬に関して、「遺伝病」という分野は獣医師に限らず
一般飼い主にも違う世界、興味の対象外なんでしょうかね??

Posted on 2017/07/17 Mon. 10:39 [edit]

CM: --
TB: --

0430

頑張っているね。  



昨日、ディスクの大会を観戦しに行きプログラムを見ていると・・・
画像の〇〇ちゃんが出場していました。
アジリティーの会場では何度か見ているけど。

アノンがNCL発症と解った後もしばらくペットショップ店頭で売られていた子です。
アノンの最後というか一番年下の兄弟犬になるのかな??

現在は専門学校の実習犬になっていますが、こうして元気に
頑張っている姿を目にすると嬉しいもんです。
これれからも元気な姿を見せて欲しいですね(^.^)

Posted on 2017/04/30 Sun. 10:58 [edit]

CM: --
TB: --

0822

最近はどうなんでしょうね??  







昨日、アノンの兄弟や親戚犬の飼い主さん達と会ったのは
生憎の雨で予定を変更してペットショップの中。

兄妹犬・親戚犬、全部がテンテン出身です。
どうせならばテンテンで待ち合わせすれば良かったかも??(笑)

今回は違うペット屋さんでしたけど・・
まぁ、混んでいますよね。展示コーナーは子供も沢山居るし
相変わらずミニ動物園状態でした。

まぁ、ここのペットショップよりもテンテンの方が道内では
綺麗でしっかりしたペットショップと思われて居るみたいですけど。

もう、しばらくペットショップや繁殖屋の事に触れることも無いかな?とは
思っていました。
遺伝病の犬を何件も販売していて、仕入れ先を見直すと行っても
今がどうなっているのかも僕は知りません。

連絡が来ていたのはアノンが死んで、いろいろなお金を支払ってくれるまででしたから。
勿論、ペットショップからすればこんな厄介な奴と関わりたく無いのが
本心でしょうね(笑)

最後の話しでは、犬種ごとに代表的な遺伝病の遺伝子検査を受けてくれる
繁殖屋からしか仕入れないって事を仰っていましたけどね。
それを出来る事ならペットショップの組合を通じて、他社にも広めて行きたいと
壮大なお話でしたけど・・。

小型犬流行の現在でボーダーコリー他、中大型犬もあまり店頭で見掛けない様になっています。
他県ではアノン達のNCLが解って以降、ボーダーコリーの販売はしないと
決めたペット販売会社もありますしね。

でも、いま沢山店頭に陳列されている小型犬にも
遺伝病はありますからね・・。
どうしてもペットショップで犬を迎える機会は一般の人からすると
多くなりますけど、先ず迎える前に、ペットショップで契約する前に
迎えようとしている犬種の代表的な遺伝病のことだけでも調べ、ペットショップに
親犬は検査しているかどうか??尋ね、その証明書も見せて貰うと良いでしょうね。

たしか、アノン達が居たテンテンでは客側から遺伝子検査の証明書を見せてくれと
言われればコピーか何か見せてくれる筈ですよ。
言わなきゃそのまま販売でしょうけどね。


-- 続きを読む --

Posted on 2016/08/22 Mon. 10:45 [edit]

CM: --
TB: --

0504

嬉しいですね  


今月の19日はアノンの命日です。
今日、たまたま違う用件で電話をしていただいた方から。19日は過ぎると思うけど、お邪魔しても良いか?と言っていただきました。
とても嬉しい事ですね。
もう誰もアノンの事もNCLの事も覚えていなく遠い昔の話になっているんだろうなと、思っていましたが覚えてくれている人も居るんだと。いつ来ていただいても大歓迎です、アノンの骨しかありませんけど。
アノンが亡くなってから、ペットショップでボーダーを扱う所はいくらか少なくなったと聞いています。ペットショップが何の遺伝病も無いボーダーです!と胸を張って言える繁殖者から仕入れてはいないと言う事でしょうかね?
ペットショップでボーダーの扱いが少ないとなれば、どうしてもボーダーを飼いたい人はブリーダー等から迎えるしかなくなるでしょう。
じゃ、アノンやりくのNCL発症後に所謂、ブリーダーさん達は何かこれまでと違う対策を取った所はあるのかな?
繁殖させているボーダー全てを様々な遺伝病ね検査をしたとか。名前は知れている所でも、いろいろ調べると解る事もあります。ここで具体的な名前は出しませんけどね、NCLだけじゃなくTNSでも同様です。
それでも、過去の間違いをブログやHPに書いている人達は信用出来るのかも? 自分に不利な遺伝病を出した事など一切書いていない人がほとんど。当然だろうけど。過去の過ちをブログに書き公表した人、僕は一人しか知りません。
どんなに自分が飼っているボーダーが生まれた、犬舎やスクールに通っている人達でも過去に起きた知らない事はありますょ。絶対100%大丈夫なんて難しいですから。
飼う側、これから迎える側がボーダーに限らず、遺伝病のこと、病気のこと、躾の事、犬舎やスクールの情報を集めて、自分の頭で判断するしか無いでしょうね。

Posted on 2016/05/04 Wed. 22:10 [edit]

CM: --
TB: --

0429

誕生日が過ぎて・・  








アノンの誕生日が過ぎてゴールデンウィーク、そして5月19日が
近づいてくると、どうも落ち着かなくなってきています。

この約2年間、自分がやってきたことは何かに役立ったのか?
その後、NCLを発症したボーダーは出なかったのか??
ペットショップが仕入れている犬達の繁殖環境は変わったのか??

等々・・。
きっと悲しさ、寂しさを紛らわす為に思っているだけなのかも知れませんけど・・。

「遺伝病検査済み」という言葉を信じて犬を買っていく人達も多いのかな?
アノンの兄弟犬、親戚犬、キャリアだった若い犬達の去勢・避妊は済んでいるのかな??
とか、この辺になるともう誰も口出し出来ることでは無いですけどね。
自分の所有する犬との関わり方は、人それぞれですから。

アノンのNCL発症が解ってから、いろいろなボーダーの飼い主さんと
接触してきましたが、真剣に考えている人って結構少ないんじゃ無いかな?と思いますよ・・。
ボーダーに限らずどの犬種でもそうでしょうけどね。

血統書を公開して、ペットショップとのやり取りを記載して、繁殖屋の事も書いてきて・・
何か変わると思った自分が馬鹿だったんでしょうかね??
一部の方々を除き、自分の飼い犬がアノンの血統と関係ないと解れば、ほとんどが
それでお終い。
自分の飼い犬の血統を何代前までも深く調べる人も稀でしょう。
アノンとりくのNCL発症、元は何処なんだというのは血統書を何度も見返していけば
簡単に解る筈なんですけど・・。

もしや・・遺伝病って一代で終わると思っている??
キャリアを繁殖に使ってしまえば、危険性はずっと続くんですけどね。

命日が近づいてくると、どうもグタグタになり愚痴っぽくなってきますわ・・。

Posted on 2016/04/29 Fri. 06:36 [edit]

CM: --
TB: --

0415

地震  








昨夜、九州熊本県を中心に強い地震がありましたが・・
皆さん大丈夫でしょうか・・・。
被害が広がらないと良いのですが。

Posted on 2016/04/15 Fri. 06:38 [edit]

CM: --
TB: --

0204

いろいろと・・  








しばらく更新していませんでした。

アノンがNCLの発症と解る約一年前に自宅療養ということで前職を
辞めていましたが、来週の月曜から新しい仕事がスタートします。

自分の趣味の一つを仕事にしたようなモノでバイトに毛が生えた
程度のモノですけど。
まぁ、よく仕事が出来るまでになったと思っています。

遺伝病のこと・・
これからも犬の遺伝病は続いていくのだと思います。
突然変異的なものはどうすることも出来ないでしょうし。
ただ、既に検査方法が解っている様な遺伝病は簡単に防げる筈です。
それが無くならずに続いていくのは悲しいですね・・。

法律で何をどう変えても、最後は繁殖や販売をする人達の良心なのかな?と
思います。
誰が良い悪いでは無く、ペットショップで売られている犬達に致死性遺伝病の発症犬が
堂々と販売されているのは驚きです。
ペットショップと仕入れ先の繁殖屋との力関係等いろいろな問題も
あるのでしょうが・・
ペットショップが繁殖屋を教育し育てる位の事をやる必要もあると考えています。

ペットショップ・繁殖屋云々もそうですけど、飼う側・迎える側の
知識等も当然必要でしょう。
ウチの近所でもキツネやカラスに餌付けしている人まで居ますので・・

来週からはブログの更新頻度も落ちるかも知れませんが・・
何か情報等があれば更新するつもりではいます。

Posted on 2016/02/04 Thu. 09:52 [edit]

CM: --
TB: --

1217

チワワ密売のTV  

2015-12-17.png


昨日夜にTBS系列で放送していた、「チワワ密売」この番組を観た方もいると思います。

細かな内容は書きませんけど・・。
いろいろな方々が、ただ単に「ペットショップでの生体販売禁止」と声を上げていますけど、
まぁ、本当にペットショップで生体販売が禁止になったとして・・(禁止にはならないと思いますけど)、
こういう裏で犬を売りさばく人達はもっと増えるのでは??

何か規制が入れば必ず、その裏でこういうことをやる人は出て来ますし、増加しますよ。
ペット以外でも〇〇禁止法とかが出来ると、必ず裏で動く人達が出て来ますから。

衛生環境も悪いだろうし、遺伝病や感染症のことなど何も考えずに
裏で売れればOKという人が出て来ます。
ペットショップで生体販売を禁止することは難しいでしょうから・・・
であれば、ペットショップで扱う犬・仕入れ先のパピーミル達の規制や監視を強めた方が現実的かも??
今回の番組も・・こういうテレビですから・・どこから何処までが本当なのかは知りませんけれど。

ただ、生体販売禁止と叫んでも犬の遺伝病は無くなりませんよ。
アノンの血統書を公開して1年以上が過ぎますけれど・・・
自分の飼っている犬の親戚さん探しも結構なことでしょう・・、ただそこから祖父母・曾祖父母を辿っていけば
簡単に気が付くこともあると思うんですけどね。ここでは具体的には書きませんけど。

まぁ、繁殖さえさせなければNCLのキャリアであったとしても、どうって事はありませんよ。
そこで、可愛いからとか素人繁殖は止しましょうね。
プロのパピーミルさん(苦笑)達ですらNCLやTNSの発症犬を作り出しちゃうんですから。

それと・・ネットでボーダーコリーの販売をしているブリーダーさん方のHP等を
見ることがありますけど・・・。
未だに「CL病検査済み」ってのが多いですね。
「検査済み」ってのは「クリア」ということじゃありませんよね。
検査はしたけどキャリア犬を繁殖に使っているとも受け取れますよね。

ボーダーコリーの繁殖犬は最低限、NCL・TNS・CEAの検査を受け、
全てクリアである証明書くらいHPに出した方が良いのでは??
NCLの検査しかしていなく、HPには遺伝病や血統には気を付けていると書いても真実味無しです。


Posted on 2015/12/17 Thu. 12:53 [edit]

CM: --
TB: --

1130

ペットショップ  







アノンとりくが居た、ペットショップで販売されていた2015-09-25生まれの
富良野某犬舎出身のボーダーコリー4頭、残り一頭になりましたね。
旭川に居たR/Wの子も無事に売れたようです。

某犬舎というか・・ここのペットショップ、アノンとりくのCL病以降は
NCLの検査しクリアだった犬の子だけを仕入れているらしいですが・・・。

今回の子犬たちに、TNSやCEA、股関節形成不全などが出なければ良いですね。
販売会社はそこまでの検査を犬舎に求めるべきだと思うんですけどね・・。

まぁ、ペットショップで買う人が相変わらず多いって事ですね。

で・・・
話は変わって・・。

犬舎全焼し20匹死ぬ 北海道・当別のペット販売業者

燃えちゃったんですね・・・。

北海道のオークション会社二社のうちの一社ですね。
お店は市内に二箇所あるみたいで、動物取扱責任者名簿をみると
ここはただの繁殖小屋がある場所かな??・・。
ここでオークションもやっていた??
NCL発症犬を出した岩見沢の繁殖者の犬をオークションに出すところですしねぇ・・。

しかし、最新の動物取扱業者名簿をみると「競り・斡旋」が一件も出て来ないのは
何故でしょうね??
全て販売で統一されたんでしょうかね?


まぁ、寒い冬ですから・・
ここに限らず暖房器具の取扱は要注意です。


Posted on 2015/11/30 Mon. 10:14 [edit]

CM: --
TB: --

1116

ペットショップでボーダーコリーを買う  







僕の場合、ペットショップを完全否定する訳では無いのですが・・
例えば、ペットショップでボーダーコリーを買うのは安心か??
と知人等に聞かれれば、「安心では無いから。絶対に止めなさい」と答えると思います。

先ず、何犬種も繁殖している所から仕入れている。
遺伝病の検査をしていても「NCL( CL病)」だけです。
NCL・TNS・CEAと最低限の検査をしている繁殖者から仕入れているペットショップは
あるんでしょうかね??
道外の事は解りませんが、道内では多分無いのでは??

で・・本日またペットショップへ行って来ました。
またまたいつもの質問。
店員さんに、「この子の親犬はCL病とか遺伝病の検査は受けている?」
「大丈夫ですよ、証明書もありますし」
「じゃ、TNSとかCEAの検査もしている??」
「・・・ちょっと待って下さいね、・・していないみたいです。
でも滅多にある病気じゃ無いですし、きちっとしたブリーダーさんですから大丈夫ですよ」

いつも通りの答えですね・・。
その「滅多にある病気じゃ無い」・「大丈夫」・「きちっとしたブリーダーさん」
というのは、一体何処からきているんでしょ??
こういう返答をするのであれば、そこの会社はボーダーコリーなど扱わない方が良いのでは??

アノンを買った時の僕の様に何も知らなければ「そうだよね、滅多に無いし大丈夫だね」と
なるのでしょうが・・。

せっかく迎えた犬が2〜3歳で死んでいくのを見たくなければ
ペットショップでボーダーコリーを買うということは「ナシ」です。

ボーダーコリーに限らず、他犬種でも同様と思いますが・・・。
もし、ペットショップや繁殖者がその犬種で検査可能な遺伝病の検査を行い、
検査結果がすべてクリアの犬の子であれば、ペットショップで買うも「あり」かも知れません・・。

犬種別検査リスト
上記の検査会社を勧めるモノではありませんので。

Posted on 2015/11/16 Mon. 21:45 [edit]

CM: --
TB: --

1109

繁殖屋さん、ペットショップさんへ  








いろいろと検索したりで、このHPを見に来て頂いている
繁殖者・ペットショップの方々へ・・。

とても見難いブログですみません・・。
全然、過去の記事もまとめていません・・新しい事への取り組み等で無い頭を使っていますので・・。

繁殖屋さん、ペットショップの経営者に伝えたいこと。
今後、もし致死性の遺伝病が自分の所から出ると
下の記事にある画像以上の見舞金・賠償金??を支払うことになりますょ。
飼っている側からすると金額が多い少ないの問題では無いのですけどね。
金の事を持ち出して、どうこう言うのは好きでは無いのですが・・・
検索してくる方にはこの金額を知りたい方も多いみたいですから。


「こうなります・・」

僕が請求したのは170万ちょっとですが・・
本来であれば、10ヶ月分の収入もそれに加えようと思っていました・・。

結果的に利益がたっぷり出ている繁殖者・ペットショップの方々には
痛くも痒くも無い金額となりましたが・・・。
その分、犬舎とペットショップはかなり有名になったと思います。
何の広告費も出さず、全国に名が知れました。良いのか悪いのかは別として。



Posted on 2015/11/09 Mon. 12:07 [edit]

CM: --
TB: --

1106

パピーミルの定義ってなんでしょう??  








パピーミルの定義って何だろうと考えていました。

以前の記事にも書いた北海道の動物取扱業の名簿
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/doubutsu/siyou/gyousha-list270930.pdf

以下は札幌市内分ですね。
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/main/documents/toriatsukaimeibo1206.pdf


犬の登録数で100頭近ければ、パピーミルに間違いないというお話も聞きましたが・・。

アノンの繁殖者96頭、安太郎の繁殖者はそろそろ廃業するとか言っていても80頭になっています。
どちらも様々な犬種を扱い病気等に対する知識も満足に内容ですし、パピーミルなんでしょう。

何種類の犬種を繁殖させているとパピーミルと呼ばれるのか??
これも人によって捉え方が違うのでしょうが・・3~4種類でパピーミルという方も居れば
5~6種類でパピーミルという方も居るみたいですけど。

言葉通りだと、仔犬工場ですよね。
プレハブやボロ小屋でケージを3~4段積み重ね、犬達を散歩にも連れて行かず
爪も切らず、洗わず・・が当たり前の所もあるでしょう。

アノンを繁殖させた所は自宅裏に小屋が何棟か見えますね。
自宅は立派だけど・・
犬達の建物はストーブすら無いのかも??
アノンの父親・母親犬はまだ居るんでしょうかね??
もう殺されているか、別のパピーミルに売られたかでしょうけれど。
まぁ・・今回のアノンの件でJKCの血統書がどれだけ信用無いかも解ってしまいましたけれど・・。


100頭近い犬の世話、人を一人程度雇い、70代の老夫婦でアレもコレも
犬達の面倒は見られないでしょうね。
余程、沢山の仔犬を売らなければ繁殖犬達の餌代すら出て来ないでしょうね・・・。
このブログで犬舎名が出て、有名になりペットショップから取引を切られて
餌代はどうしたんでしょうね??要らないお世話だと思いますが。
今はまたオークションに仔犬を出せるようになったから、餌代くらいは出るように
なったんでしょうかね??

100頭近い犬の狂犬病予防注射とか登録って全てやっているのかも疑問ですけど・・。
ましてや遺伝病の検査も金掛かるからやらないでしょ??100頭居たとして、一頭12,000円の
検査代金が掛かるとして120万。
まぁ、出せない金では無いと思いますが・・・
パピーミルの人達は出さない金ですね。

やはり犬の繁殖も遺伝病や飼育放棄や崩壊のことを考えると
資格制にするべきでしょうか??
今の様な動物取扱業みたい簡単な資格では無くて、合格率10%以下とかの難しい国家資格にでも。

現在のパピーミル達は資格とれないかも??
そうなると放棄されたりする犬も増えますねぇ・・。

遺伝病知識があっても突然変異的な事もあるから100%は無理としても
キャリアと発症犬を繁殖に使わないだけでかなりというか、殆どは出ないと
思うんですけどね。

Posted on 2015/11/06 Fri. 11:09 [edit]

CM: --
TB: --

1025

犬の繁殖回数制限へ=悪質ブリーダー排除―環境省  







犬の繁殖回数制限へ=悪質ブリーダー排除―環境省

ようやく少しだけ動き出した??

「 商業目的で子犬が劣悪な環境で育てられるのを防ぐとともに、利益のため親犬に何度も子犬を産ませる悪質業者の排除につなげる。新たな規制を議論する有識者検討会を年度内にも立ち上げる。」

悪質ブリーダーってのは「ブリーダー」と分けなければ・・。
やっている本人達は「悪質」とは思っていないから始末が悪いけど。

で、「有識者検討会」・・
どういう人選なんでしょうね??
ペットショップやフードメーカーの偉いさん達も選ばれるんでしょうか??
その段階でアウトですけど・・。

規制したところで繁殖回数は、自己申告であれば意味なしですねぇ。


「ブリーダーやペットショップをめぐっては、狭いケージでたくさんの動物を飼育するなど悪質な業者が後を絶たない。現行は「動物が自然な姿勢で立ち上がるなど十分な空間」「職員数を踏まえ必要に応じ繁殖を制限」といった規制にとどまり、自治体から「数値基準を設けるなど、より明確にした方が業者を指導しやすい」と指摘されていた。
 同省は検討会開催に併せ、過去の悪質なケースや、業者に指導する上での課題などについて、自治体にヒアリング調査を行い、業者の実態把握に乗り出す。」

自治体にヒアリング調査・・・環境省では何も実態把握していないって事でしょう。
自治体だって何処まで実態を把握しているか??

狭いところに沢山閉じ込めてという以外でも、GIPSY ROAD JP'Sやその関係繁殖者達が
遺伝病に付いての知識も無く、アノンやりくの様な犬を出し、更に今もオークションに
犬を卸し続けている・・。

その他、いろいろと問題のある話しも絶え間なく出て来る「悪質繁殖者」ですから・・
自治体は余程、問題が大きくならなければ把握していないでしょう。


こういう、話題が出て来る時だからこそ・・・以下の講演を聴きにして欲しいものです。
これから犬をペットショップから迎えようとしている人達。
来週の土曜日、10月31日ですょ。
この講演を聴いてから、犬達を何処から迎えるか考えた方が良いです。

koukaikouza.jpg

アノンとりくが居た、ペットショップにデカデカとこのポスターでも貼ってあれば
業界のリーダーとして、ウチは取り組んでいますと宣伝にもなるんでしょうが・・・。
過去の地元雑誌のインタビュー記事などの経緯から、自らの恥部は出したくないんでしょうね。

そういう、真剣さ・真面目さが出せない業界なんですね。

何れにしても環境省の今回の取り組み、今後どうなっていくのか興味はあります。


Posted on 2015/10/25 Sun. 09:37 [edit]

CM: --
TB: --

1008

札幌市第一種動物取扱業登録簿「競り」  








何か札幌市でバイトでも募集していないかなぁ??と、札幌のHPを
見ていましたが・・・
ペット(動物管理センターの項目で、札幌市第一種動物取扱業登録簿が公開されているんですね!
こんなのあるなんて全然知りませんでしたよ(^_^;)

試しに検索してみました「競り」で・・。

---------------------------------------------------
登録番号:××××
登録年月日: H25.4.8
登録更新年月日
申請者氏名・名称(代表者名): ○○  ○
申請者住所: 石狩郡当別町
事業所名称: 北海道ペットモール
事業所所在地 : 東区北○○  ○○○-○
事業所所
在区: 東区
種別 : 競り あっせ ん
動物取扱責任者 : ○○ ○○
主に取り扱う動物
の種類及び数 : 犬猫最大300
-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------

登録番号:××××
登録年月日: H26.11.26
登録更新年月日
申請者氏名・名称(代表者名): 株式会社ペット○○○ 代表取締役 ○○ ○○○
申請者住所: 釧路市新○○○ ○○-○
事業所名称: 北海道ペットパーク
事業所所在地 : 中央区南11条○○○○○
事業所所在区: 中央区
種別 : 競り あっせ ん
動物取扱責任者 : ○○ ○○
主に取り扱う動物
の種類及び数 : 犬猫最大30
-----------------------------------------------------

へ〜・・札幌に犬猫オークション会社二つもあるとは知りませんでした(^_^;)
一つはもろに運営している会社名入ってますねぇ・・
更にオークション会社で検索すると
ペットパーク流通協会などという全国組織があるんですねぇ〜

「人と動物の豊かな共生生活を目指して」とは、これまた素晴らしい理念です・・(´Д`)


じゃ、もう一つの競り会社はHP無いのかなぁと思い検索してみましたが
出て来ないって事は後ろめたさがある??
で、動物取扱業登録名簿で今度はそこの代表者名で探してみると、あら!ちゃんとお店もあるじゃ無いですか!
ふむふむ、じゃその店名を今度はGoogleで・・。
ほら、あったぁ〜お店のHP。

「自家繁殖・直売で安心のお店」素敵です!
とてもアノンを繁殖させた所の犬を競りに出しているとは思えない
良いお店です。
ペットショップ開業コンサルタントまでやってるんだ〜
仕事も無いし相談してみましょうかね・・用意出来るお金はゼロなんですけど(笑)

更に、こんなのも見付かりました。

全国の主なペットオークション(生体市場)MAP

Googleマップでも表示出来るんですねぇ〜

いやいや、本当に便利な世の中になったんでないかい??(^_^;)
いろいろネットで調べられるんですねぇ。


あー・・パートやバイト探しが、違うモノ探しちゃいましたね(笑)
こんなことやっているから、仕事見付からないんだょなぁ・・。


伏せ字が気になる方は、ご自分で調べて下さいね。

こういう内容だと、また面白いメールやコメント届きそうですね。
届いたら、IPアドレス等も含めて、ここで公開しますね。

Posted on 2015/10/08 Thu. 17:40 [edit]

CM: --
TB: --

1005

ヘットショップ等での遺伝病検査  








何か上手いタイトルが思い付かなかったので・・

りく君やアノンのNCL発症以降、僕が知っている限りですが
ボーダーコリーその他犬種で仕入れ犬舎にいる繁殖犬の遺伝病検査を行い
仕入れているのは、2社程度だったと思います。
もしかすると、もっと沢山あるのかも?しれませんが・・。

ただ、細部まで詳しいことは知りませんが・・

例えばボーダーコリーに関しては「NCL」のみの検査だけで、「TNS」や「CEA」の
検査は行われていない
のが現状だったと思います。

これに対しては皆さん、それぞれに思うことは違うと思いますけど・・。
これまで何の対策もしていなく、繁殖者が産ませた犬をそのまま仕入れ
キャリア犬や発症犬を多数、販売していたペットショップが取り敢えず「NCL」クリアの
繁殖犬だけから産まれた仔犬を仕入れるに変わりました。

ただ・・ここまでやるならば、何故ペットショップ側が検査料を出したり又は
専門的に研究している大学研究機関に依頼し、更に一歩踏み込みTNS・CEAの検査も行わないのか??
という疑問はあります。

NCLだけ検査しているから十分だ!はボーダーコリーをこれから飼う人にとって
安心感は中途半端です。
生体販売が禁止されるまで、同業他社よりも有利な状態にしたいならば
当然、繁殖犬のTNS・CEAの検査は最低限行うべきかと・・・
その他、まだまだボーダーコリーでも遺伝病はありますし。

その他の犬種でもありますよね・・。
「ウチは和犬だから何の心配も無くて良かったわ」と仰っていた、柴の子犬を
ペットショップから購入してきたという飼い主さんも居ましたけど・・(-_-;)
柴犬にも「GM1 ガングリオシドーシス」という遺伝病ありますが・・。
ね・・和犬だから遺伝病にかからないという根拠は??
そういう噂話が何処から出て来るか不思議です。

そして、ペットショップで現在繁殖犬の遺伝病検査をしているのも
一部犬種だけです・・。
販売されている全犬種の繁殖犬が検査されてクリアという訳じゃありませんので・・・。

やはり、買う側の衝動買いはいけません・・。
何をもって衝動買いとするかは別として・・、買おうとする犬種についての
遺伝病や掛かりやすい病気等は最低限の知識を付けて、ペットショップの店員さんに
どんどん質問するべきです。
曖昧な返答であれば購入を諦めるも良いでしょうし、更に調べて貰い親犬の検査証明を
見せて貰ったりも必要でしょう。

中には海外から連れて来た犬だから、検査証明など無いのという返答があるかも??
そんなの通用しませんよ・・(-_-;)

まぁ、今後は買う側が余程しっかりしないと「検査済み」という言葉に
騙されます。あとでTNS'やCEAを発症したとしても、販売契約書にはNCLの
検査はクリアとか書かれているかもしれませんし。

そういう姑息な手段で犬を売り続けようとする側がおかしいんですけどね・・
どうせやるならば、多少金は掛かっても何故キチッとしたプロの仕事が出来ないのか疑問です。
命のある犬を売っているならば、何故そこまで出来ない・やろうとしないんでしょう・・。
そこまでやると仕入れ可能な犬が、居なくなるというのは考えられますけど・・。

現在の日本ではこれ位が精一杯ですから、あとは買う側が僕の様に
妥協しないで、しっかりと知識を付けて行くしか方法は無いでしょう・・。




Posted on 2015/10/05 Mon. 20:47 [edit]

CM: --
TB: --

0929

犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明  








犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明

朝日新聞デジタルより。


詳細は記事を読むと解りますけど・・
実際はもっと多く死んでいるんじゃないかと思いますよ。
この繁殖業者やペットショップなどに提出が義務付けられた「犬猫等販売業者定期報告届出書」って
繁殖者やペットショップが自分で記入して出すと思いますが・・。
あまり死んだ数が多いと、「こりゃ不味い」となって実際より少なく記入されているでしょう。
正直に書いて、調査とか入られるの困りますから。

この2万匹という数字が多いのか少ないのかは、それぞれ考える所もあるでしょうけど・・。
やっぱり、ペットショップで生体販売しちゃダメなんですよ、ペットショップで犬猫を
買うのもダメです。
繁殖者も免許制にして、しっかり取り締まらないと・・。
ペットショップやオークション、ネット販売している繁殖者は特に厳しくですね。




Posted on 2015/09/29 Tue. 20:04 [edit]

CM: --
TB: --

0926

結局・・・  








数日前からずっとモヤモヤして考え続けていました。
怒りが収まらないというか・・

NCLの発症犬を繁殖させた所と、発症犬を飼い看取った側とでは
何をどう伝えようともお互いに理解したり納得したりは出来ない。

そんな彼等にどう何を叫び訴えても無駄だったのかもとれません。
犬が売れてなんぼの世界ですから・・沢山生産して沢山売るのが一番です。
病気の子がたまたま出て来ても、彼等の中ではたまたまなんでしょうし、売れる犬の数
から比べれば大した事では無いのでしょう。

アノンがキャリアであったなら、僕自身の考え方も全く変わったと思いますが・・

アノンの繁殖者やここ十数年で発症犬を出した人達こそ、
遺伝病を無くす為の動きなり、情報を発信していくべきだと思いますけどね・・
まぁ老人にHPやブログを作れというのも無理でしょうけど・・
でも、これが何年経ってもNCLを出したのは事実ですし。

どこの犬舎のHPを見ても大丈夫なのかなぁ??とか
何か書いてあっても疑ってしまい、何か隠していないか?(笑)と思う癖が付いてしまいました。
ペットショップで仔犬を見ても確かに可愛いけど・・
その裏側や生産の場、親はどうなっているんだろ??と見てしまう癖も付きました。

やはり繁殖や販売する側は、かなり厳しい法律でがんじがらめにされないと
まともな事は出来ないでしょう。更に登録管理者もそうそう簡単には取れないようにして
数年に一度の更新で試験を受けさせるとか・・。

他の様々なメーカー、病院、業者等々、裏で金やモノが動くのは
ペット業界に限った事では無いですし・・何かあってもいくらでも言い逃れ出来る様になっていますし。
大体、ペットショップが動物病院経営しているというのが、どうも理解出来ない・・。
やはり、坊さんが裏で葬儀屋経営しているのと似たようなモノなのか??(笑)

うーん・・
それにしても先行き暗いです・・。






Posted on 2015/09/26 Sat. 19:02 [edit]

CM: --
TB: --

0926

こんな所にまで・・・  




昨日、日中ピンポン鳴らし「○○に住んでいる、○○です。チラシを入れても良いですか?」と
尋ね人あり・・。
インターフォン越しに、良いですょと。
まぁ、だいたいどんなチラシか予想は付いていました。

この手のチラシ、いつもは即ゴミ箱行きですが・・
ゴールデン?ラブのパピー写真付き。
一応、読んでみました・・・

「犬は神様が人間の事を想い作った」
ふむふむ・・
何だかよく解らんけど(^_^;)
でその下段の文章は犬とは無関係じゃん・・(笑)

近所、全ての家庭にチラシを入れていた訳では無いから、犬飼へピンポイント??
しかしねぇ・・この手の宗教チラシにまで犬を使い出したか・・という感じです。
犬の写真が出て入れば、犬好きなら一応読むかも知れませんよね??

いろんな所に犬は利用されてしまうんですねぇ。
この手の宗教の善し悪しは、まぁ人によるでしょうから・・
僕の立場だと、信じてやりたい人はやっていれば良いんじゃない??というものですが。
僕には勧めなくて良いですょって感じ。

以上、自分の勝手な判断です。
どこの神様を否定したり愚弄したりしている訳ではありません。

Posted on 2015/09/26 Sat. 06:56 [edit]

CM: --
TB: --

0924

これで最後です。  


画像、約2年半前にアノンの避妊手術後です。
こんなことになるならば、手術なんて無理にしなければ良かったなと思っています・・。
でも、避妊しないで居たら仔犬が欲しいとか思って素人繁殖させてしまったかも?と考えますが・・
それでもやりきれない思いは残ります。


で・・タイトルの「これで最後です」なんですけどね・・・。

アノンやりくを繁殖させたGIPSY ROAD JP'S等、もうこれ以上追い込まないことにしました。
本来であれば、追い込めるだけ追い込み廃業させてやろうと思っていましたけど・・・
ネットでの情報拡散だけでは無くて、どんな方法を使っても。

僕のせいで犬舎が崩壊し、大量の飼育放棄犬が出ても困りますし・・。
それ以上にこの繁殖者達の事を考える度に、僕の脳味噌が沸騰してしまい
精神的にかなり疲れます。
無駄な怒りのエネルギーを違う所に向けた方が健全ですから。

僕が何もしなくても、70過ぎの高齢爺様ですから・・
いつポックリ逝ってもおかしくないし、逝かなくても今後数年しか犬の世話も出来ないでしょう。
GIPSY ROAD JP'Sの犬舎名でオークションに犬など出している場合では無いですよ・・。
ボーダーコリーの繁殖は止めたとしても他の犬種にも遺伝病はたくさんありますから・・
オークションに出し続けて自爆するかもしれませんね・・。

でも、血統書の画像や犬舎名・繁殖者名は一切消すつもりはありませんので。
関係している犬屋さんたちは、勉強し直して真っ当な繁殖者に生まれ変わるか、自称ブリーダーとして
犬舎名を変えるでもした方が良いですよ。

今後、繁殖者関連の情報が出て来ても非公開にしかしません・・。
この記事を書くのですら、相当のパワーが必要ですから。

ペットショップに犬を卸したり、これまで散々子を産ませ使ってきた犬をもう使えないからと
ポンと里子に出せるような人達に何を言っても無駄でしょうね。
何の知識も無く、「優良ブリーダー」として繁殖を続けるのは地雷原の上を歩く様なもんですよ。


で・・・やはりパピーミル達を崩壊させても、アノンやりくが元気になって帰って来る訳が無いのも
事実ですから・・。
こういう阿呆な老人やパピーミル達を廃業させるには、しっかりした所から犬を迎えなければいけません。


今後はやはり素人レベルで遺伝病を無くしましょうという内容に絞っていきましょう・・。
今回のアノン・りくの件で、ボーダーコリーをペットショップから買うのはいかに危険なことか
全国的にある程度伝わったとは思います。
何の検査もしていない繁殖犬を使った犬舎から犬を仕入れて売るペットショップも同様です。
今後、同様の事があればもっと賠償金額も大きなモノになりますょ・・・

犬を飼う側がペットショップや繁殖者以上の知識を付けて行かなければ、また僕の様に
ペットショップで衝動買いしちゃう人が出ます・・。

それを少しでも減らすことが出来ればと思います。
細々とブログを書いているだけでは何の役にも立ちませんけど・・。








Posted on 2015/09/24 Thu. 16:28 [edit]

CM: --
TB: --

0924

ペットショップへ行ってみた。  



画像は3年前の今日、アノンのトリミング後に避妊手術の血液検査で
病院に寄ったときの写真。


買い物の序でに某ペットショップ数店舗へ寄ってみました。
平日だから何処のお店も活気が無いですねぇ・・
昨日までの連休で店員さんもお疲れモードですね(笑)
表情見るとハッキリと解ってしまいますねぇ。
接客時に良い表情を出すのは当たり前、接客以外の他の仕事をしている時に
どんな顔をしているかがポイントでしょう(笑)
生き物を売っているんだから、店員さんが魚の腐ったような目をしてりゃダメですね(´Д`)

で・・某ペットショップさん、かなりの犬がK県出身の犬なんですけどね・・
やたらと他犬種に渡ってK県の犬が入っているようですけど。
まぁ、大丈夫と聞いては居ますが・・これだけ多いのも何か気になるわ(笑)
まさか仕入れる度に飛行機乗り継いで、K県には行かないと思うけど。

このブログを見てくれている方の中にもK県の方はいらっしゃいますけど・・
まさかねぇ、繁殖屋さんがこんなブログ見ませんし。

で・・
数店回って疑問に思ったんですけどね・・・
何で同じ犬舎・同じ誕生日の犬で値段にバラツキあるんでしょ??
例えば、ビーグル

ビーグル ハウンド メス 2015-07-26 162,000 円
ビーグル ハウンド メス 2015-06-16 129,600 円
ビーグル ハウンド オス 2015-07-26 156,600 円
ビーグル ハウンド メス 2015-07-26 159,840 円
ビーグル ハウンド オス 2015-06-16 167,400 円

上のように同じ誕生日でも微妙な違いがありますよね。
例えば、上から2段目と一番下、4万以上も価格が違います・・。
兄弟ですよね?通常は牝の方が高い筈ですけど。
他の7月26日生まれの犬もそうですよね・・まぁ、数千円の差ですけど。
どうして価格違うのか聞いてみりゃ良かったかも(^_^;)
どうせ買わないのにとか、アノンの飼い主だから冷やかしだろぅと思われるかも知れないけど、
僕は○○○○ファンですからね・・いつまた衝動買いするか解りませんし(笑)
欲しいと言っても、お断りされると思うけど(@_@;)

ビーグルの他にもHPで検索してみたけど・・

ウェストハイランド・ホワイトテリア ホワイト オス 2015-08-04 203,440 円
ウェストハイランド・ホワイトテリア ホワイト メス 2015-08-04 205,200 円
ウェストハイランド・ホワイトテリア ホワイト オス 2015-08-04 208,440 円

ほら、全部同じ誕生日ですけど微妙な価格の違い・・
どーして・・??
健康そうだと値段が高い?? 小さい身体のままだと高いのかな??
まさか・・その店舗によりテナントの賃貸料が違うから、それで価格設定が違う??
僕ならば全頭を210,000円とかにしちゃいますけどね。

でも、本州資本の某大手から比べると安いですねぇ・・
何であそこはあんなに高い価格設定??
「ブリーダーさん紹介」とかで顔写真まで公開してるから??

そんな人間の顔よりも、親犬の普段の状態とかを撮影しHPに掲載してくれた方が良いかも。
写真撮るときだけ爪切って、綺麗にシャンプーするんだろうけどねぇ・・。

ペットショップによっては親犬の体重なんかを書いているところもあったけど
あまり参考にならないですね・・。
「ブリーダーさん紹介」なんかやるならば、繁殖犬種の数と頭数、掛かり付け病院の名前、
各種病気の遺伝子検査証明書などを客が見られる様にした方が良いですよね・・。
だから安心って事は無いけど。

まぁ・・今後のペットショップでの生体展示販売は段々と厳しくなるでしょうね。
これまで生体販売で得ていた利益をどの部門から出すのか??
会社によって違いは出そうですけど。
生体販売で突き進むのもありかと・・(´Д`)
如何に衝動買いをして貰うかがポイントでしょうけどね。


Posted on 2015/09/24 Thu. 13:31 [edit]

CM: --
TB: --

0923

血統書について知っている方、教えて下さい。  







血統書について知っている方、お教え下さい。

例えばペットショップ等で購入した犬の「血統書」ですが・・
最初に発行されたモノの血統書名、例えば
「GIPSY ROAD JP'S BROCHE」となっているモノを
JKC等に申請して、全く違う血統書名に変えてしまう事って簡単に出来るんでしょうか??

流石に親犬や祖父母犬の名前を書き換えるのは難しいとは思いますが・・。

簡単に言うと、何か問題があり名前が全国的に知られてしまった犬舎名や
血統書名を全く違うモノに変更して、以前の犬舎名を隠すことは出来るのだろうか??という
事なのですが・・。

Posted on 2015/09/23 Wed. 09:34 [edit]

CM: --
TB: --

0921

もう一度、血統書  




最近、初めてこのBlogを見られた方もいらっしゃると思います。
Blogが大変解りにくくなっています。

アノンの血統書をもう一度載せておきます。


ただ、ここ最近ですが・・
あまり宜しくない情報も入って来ていますので、犬を迎えられるときは
犬舎名等、十分に確認を・・・

と言っても・・この血統書自体が全く意味をなさないモノである可能性も
考えられます。
あくまでも推測ですが・・合計5回の繁殖で発症犬が出て尚且つNCLクリアが
居ないのは、アノンの繁殖時のみです。他の繁殖時の兄弟犬にはクリアも居るようですし。

と、いうことは・・どんな状態なのか何となく想像が付くかも知れませんが
繁殖者が本当の事を言わない限りは、
あくまでもこの血統書が有効となりますよね。

まぁ、血統書など書き換えたりとか名義変更してしまえば
何が何なのか解らなくなりますからねぇ・・。

血統書に出ている犬舎で、ウチは全く無実だと言える方は
JKCに報告し調査して貰ってみて下さい・・
一般飼い主の訴えは聞く耳を持たなくても、お得意様である
大量に犬を登録してくれる犬舎の言う事はしっかりと聞き、
GIPSY ROAD JP'Sの登録取り消しでもしてくれるかも知れませんし・・。

該当犬の検査証明書等見せて頂き、第三者を交え話をし確認出来れば
該当犬には「クリア」と入れさせて頂きますよ。
僕と協力し、自分の犬舎の無実を証明しGIPSY ROADに繁殖を止めて貰いませんか?

繁殖時に各種遺伝病の検査をせずに交配させているから、絶対的な無実ではありませんが・・
そこを謝罪して頂き、該当犬がクリアと確認出来れば私も謝罪します。
ただ、飼い主さんが該当犬の検査結果を、このBlogで公開することに同意して頂ければ
問題は無いのですが・・。
現在の飼い主さんは、検査結果証明を書き換えてとまで考えていた方ですから・・難しいかも??
あとは、ご自分の犬舎での繁殖犬達の遺伝病検査証明や取り組みもお伺いした上でですけど。


でも、登録が取り消しになっても、悪い奴はまた上手いことやっちゃうんですけどね。



「アノン」

血統書名: GIPSY ROAD JP'S BROCHE
生年月日: 2012年4月14日
北海道岩見沢市生まれ。
-- 続きを読む --

Posted on 2015/09/21 Mon. 19:22 [edit]

CM: --
TB: --

0921

薄々は解っていましたが・・悪質ですね、GYPSY ROAD JP'S  










また、きっと何を書きたいのか解らなくなるので・・
最初に結果というか、内容を・・
アノンを繁殖した岩見沢の犬舎では、アノンの兄弟犬として繁殖させた犬達の
父親が血統書のモノとは違う、母親も違う可能性有り。
ペットショップも損害賠償を起こす気が無いならば、僕がペナルティーを出してやろうか!
という内容です。



昨年の今頃はアノンの兄弟探しを優先させていました。
同時に岩見沢の繁殖者「GIPSY ROAD JP'S」やその取り巻き繁殖者達が何を
やっていたのかも同時に調べていました。
もう1年も経つんですね・・。

その間、匿名のメールやコメント・実際にお会いしお話をお伺いして来て
いろいろな情報が集まりました。
で・・1年間で繁殖者が何をやっていたのか??という疑問に、様々な立場の方から
同様の情報を3〜4件程度を提供して頂きました。

今となっては岩見沢市の繁殖者も絶対に本当の事は言いませんから・・
証拠のあるモノではありませんが、まったく違う所から同様の情報が出て来るのは
それなりに真実味があるのかな??と・・。
現在は証拠の出しようがありませんから、こうして限定記事で書いています。
そんな馬鹿なと思われる方は、ご自分でいろいろ情報を探るなり、調べるなりしてみて下さいね。
ネットに書かれている内容は適当なモノが多いです、このBlogも含め。

さて・・
僕が見聞きした話しの中で岩見沢の繁殖者、血統書上のアノンの両親犬組み合わせで
5回の繁殖を行い、アノンを迎えたペットショップへ全て仔犬達を卸しています。

しかし、その5回の繁殖に使われた父犬は毎回違うだろうという話しが昨年より
耳に入っていました。
実際の所、父犬だけが違うのか母犬も違うのかは解りませんが・・
毎回同じ親との子ということで、血統書は発行されていますが。

中には他の繁殖屋で全く違う親犬の組み合わせで産まれた犬を
岩見沢の繁殖者が、自分の所の犬舎名でペットショップに卸していたという
話しも入って来ています。
コレも当然可能性はあるでしょうね・・。
GIPSY ROADの犬舎名が付いていないならば、パピーミル仲間の犬舎名でオークションでも
出しているんでしょうね・・。

そのような適当な繁殖者から長年に渡り様々な犬種を何の疑いも無く
仕入れ販売してきたペットショップも・・やはり如何なものか??とは思います。
その様な事実を知っていて仕入れていたとすると、お店もパピーミルも同レベルですね。

腐り切っているというか・・これが現実なのでしょうね。仕入れて販売する側よりも
パピーミル側の方が立場が上という、おかしな関係のありかたを改善してこなかったのも問題です。

アノンのNCLが発覚後に、CL病の遺伝子検査とは別に親子や兄弟関係のある犬かどうかの
遺伝子検査もやるべきだったんですよ・・
その結果が出ていたとしても、何処からも本当の話は僕に入ってこないと思います。

この岩見沢の繁殖者には法律的にも何のペナルティーも付いていません・・
ただ、アノンが居たペットショップが取り引きをしなくなっただけ。
そして、アノンの兄弟としてペットショップに自犬舎とは関係の無い犬を卸し
血統書を出した様に、現在は他のパピーミル仲間が、自分の犬舎名でGIPSY ROAD JP'Sの犬を
オークションなり、何処かのペットショップなりに卸していることでしょう・・。

そして・・ペットショップは岩見沢の繁殖者に対し損害賠償を起こす予定とは
話していましたが、アノンやりくの賠償が格安で済み、兄弟犬等の遺伝子検査も
無料でやって貰えたので痛くも痒くも無いでしょう。
結局、繁殖者相手に弁護士費用まで掛けて訴訟など起こさないでしょ?
アノンの兄妹犬や、親犬と言われた犬達の血液も採取したのだから、親子関係が
あるのかどうかは解ると思うんですけどね・・・。

アノンの死に対して治療費・賠償金を受け取り、今後はその金額の過多や
他の金品を請求しないという書類には判を押しましたが、その時に僕自身が
ペットショップや繁殖者が何をやっていたのか調べ、Blogやその他メディアへ
公開することは構わないという内容にも、ペット会社の弁護士は同意していますし・・。

何もペナルティーが無いのならば・・
僕が色々な方法使ってペナルティーを出してあげるしか方法はないのでしょうかね・・。
こちら側からすれば、はらわたが煮えくり返る様な内容です。

-- 続きを読む --

Posted on 2015/09/21 Mon. 15:23 [edit]

CM: --
TB: --

0918

ボーダーコリーを迎えるにあたり・・  

0306-2.jpg



ボーダーコリーに限らず、どの犬種を新たに迎えるということ。
とある、方々といろいろとお話をさせていただき、改めて考えていました。

数回ペットショップに通いアノンと安太郎を連れて来た自分の行動はどうだったか・・
いま考えると、とても危険で愚かな行動だったでしょう。
アノンと安太郎に出会えたという事は自分にとっては大きな喜びですが。

どこのブリーダーさんからボーダーを迎える時でも、そのブリーダーさんが
ボーダーの繁殖についてどの様に考えているのか? これはとても重要ですね。
直接会い、しつこい位に聞いても熱い気持ちを持って繁殖させている方は、納得出来るまで
説明してくれることでしょう・・。

親犬の遺伝病検査はもちろん必須で当たり前ですが・・。
その他にどんな点に気を付けた繁殖をしているか?続けてきたか?
ここをじっくりと説明受けて、同意出来るかどうか??

その他に、親犬の年齢・・
10歳近いまたは10歳過ぎの高齢犬を交配させ、生まれてきた子は果たして健康なのか??
何かリスクは無いのか??
両親犬の血統も何代も前まで調べ、例えば毛色を見ているか??健康状態や性格はどうだったか??
そこまでの拘りを持たないと、健康なボーダーは生まれて来ないのでは?と僕は思います。

たまたまペットショップや流行の犬舎からボーダーを迎え、病気は無くて健康だという
飼い主さんも居ることでしょう。ラッキーでしたね。

犬のブリーダーさんを「ここは有名だから」だけで選んでしまう・・
まぁ、それで納得出来る方は良いと思います。
そこの犬舎名が入っているというだけの血統書にしても、「えっ!」と思うこともあったり。

アノンの出身犬舎、現在はここの犬舎名で市場に犬は流通していないようですけどね・・
きっと違う犬舎名で市場に出ているかも知れませんよね・・。

どんな犬種でも、犬を迎える側は慎重になる必要もあるでしょうね・・。
以前も書きましたが、僕はいろいろと疑って考える人ですから(笑)
あぁ、ここの犬舎は有名だし評判も良いと飛び付く事はきっとしないと思いますけど。





Posted on 2015/09/18 Fri. 08:56 [edit]

CM: --
TB: --

0915

紀州犬に13発  







既にあちこちで話題になっていますが・・・

紀州犬に拳銃を発砲し13発目で倒れた・・と。

警察官が人襲った体長120センチ「紀州犬」に13発発砲し射殺 千葉県警「拳銃使用は適正」

犬を撃ったのが悪いとか良いとかと何も言うつもりは無いですけどね。
拳銃使用が適正か不適正かも書きません。


日本の警察官が持っている銃は、殆どが36口径のニューナンブM60ですよね?
新しいモノだとすれば、S&Wの36口径だと思うけど・・

3人の警官が13発・・
一人4発か5発撃った??
ただ、言いたいのは・・・、日本の警官ってどんだけ射撃が下手なの??って。

22口径の拳銃じゃないんだから、そこそこの所にあたれば犬は動けなくなりますよ・・。
きっとほとんどが当たらず外れたのかな??

これがヒグマだったら手負い状態になり、警官3人とも殺されたんだろうなぁと・・。
射撃訓練場の吊してある紙の標的じゃ無いですからね、犬にでも熊でも凶悪犯でも、逃げようと
動きますよ・・・。

きっと紀州犬も急所以外に何発か当たったとは思いますけど・・
どうせ射殺するならば、一発で楽にしてやれなかったの??と・・。

動くモノを拳銃で撃つのはそうそう簡単では無いですからね・・
ましてや飛びかかり噛もうとする様な犬を見て、ビビっていれば余計に。

こんな警察官ばかりじゃ無いと思いますけど・・
万が一の時は警官が銃を持っていてもあまり役に立たないのかも??
アメリカみたいにショットガン持たせた方が確実かもね。

それか・・・北海道の増えすぎた鹿の駆除に警察官を射撃研修という
名目で行かせる。ただし、ショットガンやライフルは使わずに仕事用の拳銃で鹿を撃つと・・。
難しいですよ・・。

ライフルで撃っても急所に当たらなければ、鹿はしばらくの間走り回っているし、
拳銃となると至近距離で撃たにゃならんし・・。
数ヶ月に1度、射撃訓練じゃ命中しないでしょうね。

人里に熊や猪が出ても猟友会に依頼する訳だわ・・妙に納得。
警察じゃ無理だから、自衛隊に出動して貰う??

まぁ、遺伝病とは関係ないので・・・



Posted on 2015/09/15 Tue. 15:48 [edit]

CM: --
TB: --

0915

昨日まで・・  








昨日までの一週間、親戚の通夜・葬儀等で振り回されていまして・・
Blogもほとんど放置状態でした。

しかし・・動物も人間も葬儀関係は疲れます。
犬・猫だと火葬許可とか埋葬許可などは要りませんけどね。

人間の火葬場は・・ちょっと火の勢いが強すぎるんじゃ無いの??とは
思いましたけど・・一箇所の火葬場に炉が33個程度あり、次から次に焼く為には
高温でガッーと次々に焼かなければ、並んでしまいますからね・・。
犬の火葬よりは絶対に丁寧では無かったのは確か。

人間の火葬場へ行ったのは20数年ぶり・・。
明るい待合室、暗い待合室がはっきりしているのは相変わらずですね。


まぁ、人間の葬儀関連はアホな親戚が集まってきてトラブルを起こしてくれますが・・
アノンの時はそんなのも無くて良かったなと・・。

葬儀関連はどうでも良いのですがね・・
この一週間で、犬の遺伝病関連等で何か新しい動きは無かったのかな??と。
たった一週間で何がどう変わる訳でも無いのですが・・・








Posted on 2015/09/15 Tue. 14:34 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top