1102

10月23日  






先月23日、10月23日はアノンの同胎兄弟犬「りく」君が亡くなり
丁度、1年でした・・。

あっという間の1年間でした。
今でも当日のことを思い出します・・

りくママから朝5時か6時頃にメールが入りました。
「りく、早朝に亡くなりました」

りく君はNCL発症と解ってから、1ヶ月しか生きられませんでした。
兄弟探しをしても、なかなか連絡が付かなかったりく君・・
りくママがこのブログに非公開コメントをくれて、それでようやく
居場所が解りました。

顧客リストを持っている、ペットショップ社長が
兄弟・親戚犬の飼い主さんには責任を持って連絡すると言った
言葉をすっかり信じてしまった僕が悪かったかも知れませんね。

購入時の住所から転居していて郵便物が戻って来て連絡が付かない・・ペットショップが
言っていた事です。
りくママは転居後にも、同じペットショップの違う支店でボーダーを迎えています。
その時は新しい住所で登録していたのに・・。何故、新しい住所に連絡を
しなかったのか・・。

りく君は連絡が付く数ヶ月前から、色々な症状が出ていました・・
せめて少しでも早く、NCL発症と解っていればご家族も心の準備期間は出来たのかもしれません。
血液採取してDNA検査をして、やはり発症ですと言われ、どんな気持ちだったか・・。

亡くなった後のペットショップの対応は昨年に書いた通りです。
りく君を火葬した帰り、車の中からりくパパ・りくママが僕に電話をしてくれました。
その日の夜も翌日も電話で話し・・・
腹が立ってたまりませんでしたょ。
飼い主では無い僕が立腹するくらいですから、ご家族の怒りはそれを遙かに超えていたでしょう。

現在、りく君のブログは更新が止まっています。
子育てに追われる中、りく君と子供の面倒を見ながらりくママが携帯から少しずつ更新していました。
現在も忙しくブログ更新は出来ない状態です。

りく君とアノンの死が無駄にならない様に、これ以上CL病やTNSで苦しむボーダーと
飼い主さんが出ないよう、ブログを使い少しずつでも情報を発信することしか出来ません。


僕が毎日アノンの事を思い出しているように、りく君のご家族も「りく君」の事を
思わなかった日は無い1年間だったと思います。

りく君はどうしているでしょうね・・
アノンと会い目も見えて、てんかんの発作で苦しむことも無く走り回り
また、りくママの元に戻ってきて欲しいものです。

Posted on 2015/11/02 Mon. 23:45 [edit]

CM: --
TB: --

1126

1ヶ月が過ぎました。  





Anonの同胎犬、りく君が逝ってから23日で1ヶ月が経ちました。
とても時間が経ったような気もするし、つい最近だった気もします・・。
一緒に頑張っている兄弟が見付かり、1ヶ月もしないうちに亡くなってしまった
ショックは今でもとても大きいです。

CL病で亡くなった犬達の名前を何頭知っていますか??
僕はごえもん君とりく君だけです・・
飼い主の方がどれだけ情報発信をしていたかにもよるでしょうが・・
数ヶ月もしないうちにCL病で亡くなった犬達の名前もCL病の事すらも
忘れられてしまうでしょう・・。そして、また発症犬が出て来ての繰り返しです。

CL病を無くすことは今の法制度やペット業界ではかなり難しいでしょう・・
せめて亡くなって行った犬達の事はしっかり覚えていて欲しいものです・・。

Posted on 2014/11/26 Wed. 12:40 [edit]

CM: --
TB: --

1027

お知らせ  




りくのママがブログを作りました(まだ記事はありませんけど)

 りくが生きた証

僕のブログからもリンクしています。
これから記事もたくさん書いていくと思います。

りくママがBlogを作り、NCL発症のりく君がどの様に生きようとしたかを
Blogで発信していただけるのは、本当に大きな事だと思っています。
実際に発症犬の世話をし看取った方の目で見た事を文章に書き出すことは
思っている以上に大変ですし、辛い作業だと思います。

りくママのBlogを応援してあげて下さい。

Posted on 2014/10/27 Mon. 12:38 [edit]

CM: --
TB: --

1023

お知らせ 「りく君」  

riku.jpg
securedownload (1)

image1.jpg

お知らせです・・。
ようやく見付かったAnonの同胎・兄弟犬のりく君。

Anonと一緒にこれからも頑張ってくれると信じていました・・
3歳までは大丈夫そうだね!と言っていたのに・・

「りく君」 2014年10月23日AM4:00過ぎに旅立ちました。2歳6ヶ月9日でした。

最後は大きな発作・小さな発作を10回程度繰り返し、
力尽きたそうです・・・。

りく君があまり苦しまないで旅立った事を願うばかりです。
一番下の写真が本来のりく君だそうです。
ママと喧嘩してソファの陰からジッとママを睨んでいる写真だそうです・・

「りく!もう頑張らなくていいよ、お疲れ様。Anonが行くまでもう少し待っていて!」

りくママさん、ご家族の事を思うと残念でなりません・・・。


Posted on 2014/10/23 Thu. 08:16 [edit]

CM: --
TB: --

1014

りく君 10月14日  

今日で2歳6ヶ月、生後30ヶ月になりました。

これまでずっと発作も起こさず、歩行もしっかりしていた
りく君ですが、夕方過ぎに初めて大きな発作が起きてしまったようです。

一番最初に発作を起こしたときAnonは翌日まで歩く事も
立ち上がる事も出来ませんでした。
現在もりく君は立ち上がる事は出来ないみたいです。

全身硬直を伴う発作を最初に見たりくママさんは
かなり驚かれたと思います。
僕もいくら慣れたとはいえ、Anonが発作を起こした時は
ドキドキです・・・。

でも、明日になれば起き上がれます。
歩行に少し不完全麻痺みたいな状態は残るかもしれませんが・・。
まだまだ、これからですょ!
大丈夫ですょ。


ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/14 Tue. 19:24 [edit]

CM: --
TB: --

1012

最近の  




りくの最近の様子ですが、
後ろに後退りする時に尻もちつくようになってきました。
ですが、まだまだ自力では歩けてます。
ご飯も溢しながらですが
まだドライフード食べてます。
水は前に比べたら更に飲めなくなって来てるかなーと思いました。
発作とかはまだ見られません。




ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/12 Sun. 18:39 [edit]

CM: --
TB: --

1001

りく君 10月1日  



今日のりく君・・ですが。
写真は昨日のりく君です。

トリミングして貰いました。
元々水が好きなのでジャンプーされると落ち着いて居ました。

りくママさんから写真を頂きました。

Posted on 2014/10/01 Wed. 21:54 [edit]

CM: --
TB: --

1001

「りく君」検査結果  

Anonの兄弟、りく君の検査結果が
出たそうです。
「発症」とのことでした。

もしかすると違う病気?という思いは飼い主さんも僕も
思っていましたけど・・。

りく君に関しては、現在飼い主さんがブログを持っていませんし
これからブログを作成する余裕など無いかもしれませんので、
事実の報告のみです。
Anonの様に晒し者にはしませんので。






Posted on 2014/10/01 Wed. 17:56 [edit]

CM: --
TB: --

0926

Anonの兄弟です!  

ようやくAnonの兄弟が見付かりました!

名前は「りく」君です。誕生日は勿論、Anonと一緒です!

ようやく見つけたAnonの兄弟、病気までAnonと一緒でした。
まだ、正式に確定した訳では無いのに・・そういう事になっちゃいました・・。

riku.jpg
securedownload (1)

やはりAnonや弟の「はるさめ」とそっくりです!

りく君もやはりAnonと同じ時期から、これまでにない行動が
出て来たり、トイレを忘れたりが出て来た様です。
目も現在は大分、見えにくくなってきているようです。
時々、足が痙攣するけど、まだ自分で立って散歩も自分で行けるみたいですから
Anonよりはまだ症状は軽いみたいです。

今日の夜にペットショップの偉い人とペットショップの生体管理室の
獣医さんが来てりくの血を採り検査へ出したそうです。
そして、獣医さんから「りくは、もう症状が出ているから殆ど発症で間違いないと
そして、CL症の中期から後期の間くらい」と言われてしまったようです・・。


何だかとても寂しい話ですね。
僕も最初の頃は、安楽死・安楽死と毎回言われて凹んでいました。

せっかく居場所がわかった兄弟、病気も同じ、症状も似ている
顔もそっくり・・。

Anonもりく君も残された時間は限られているかも知れないけど・・・
二頭で一緒に頑張って生きて行きます!


Posted on 2014/09/26 Fri. 23:26 [edit]

CM: --
TB: --

0926

とても残念なお知らせです。  

とても残念なお知らせです。

飼い主様の了承を頂きましたので、ご連絡致します。

Anonの同胎犬の中で、Anonとほぼ同様の症状が出ている
兄弟が居る事が昨日、判明しました。
CL症遺伝子検査はまだですが、既に発作・口を上手く使えない・つまづく・目が見えにくい様子
等の症状は出ていますので、検査と同時に通院はお勧めしましたが・・・。

本当に全てが残念でなりません・・・
同時にこれだけ自分なりには、ブログで告知をと思っていたのに
それも飼い主様が検索してくれたのは昨日です。
自分の無力さを、また感じてしまいました。

同胎犬に発症が2頭。
アノンの後に、生まれた子達にも何頭発症が居るのか・・・。



Anonと同様の症状が出ていると言うだけで、まだ
CL症遺伝子検査の結果も出ておりませんし、違う病気の可能性も
あります・・・。


飼い主様より、兄弟の名前や写真等も承諾頂きましたが
現時点では控えさせて頂きます。
もし、検査を受けてクリアであれば笑い事ではすみませんから。





Posted on 2014/09/26 Fri. 07:35 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top