0731

【血管肉腫】  








お友達のそのお友達のワンの事なんですけど・・
血管肉腫という病気だそうです。

以下、その飼い主さんのBlogより一部を拝借しました。
-----------------------------------------------------------------
血管肉腫と診断されて、長生きしたわんちゃん知りませんか?
抗がん剤治療はどんな感じですか?
食事は?
サプリは?
薬は?

何でもいいので希望が欲しいです。
---------------------------------------------------------------

最後の「何でもいいので希望が欲しい」
本当にそうなんですょ・・・。

僕も治療方法は無いよ、いつ死んでしまうか解らないと説明され
10ヶ月間介護していた時はいつも何か希望が、良い話しは無いかな??と
探していましたし。

何か知っている方がいらっしゃいましたらよろしく御願い致します

Posted on 2016/07/31 Sun. 22:03 [edit]

CM: --
TB: --

0225

アッシュ、ありがとう・・。  




ここに書くのが適当かどうか考えてしまったけど・・

Dog.2.Be 大阪の
アッシュ」が旅立ちました・・。

アノンが来てからブログを見て、色々と参考にしたり相談したりさせてももらっていました。
アッシュには結局会えなかったけど、毎日の様にブログでアッシュの様子を見ていましたから
今朝、起きてブログの記事を見た時は驚きました・・。
え??ちょっと前まで元気でまだまだ大丈夫と思っていましたが。

会ったことが無くても悲しいものです。
仕方が無いこととは言っても愛犬が歩けなくなり、いつまたてんかんの発作が
起きるかとビクビクし、介護を続けるアッシュママとアッシュの大変さに
自分とアノンを重ねて見ていましたから、余計に切なくて悲しいです。

アノンを介護した経験でも役に立てばと思っていましたが、何も出来ませんでしたね・・。

アッシュ、お疲れ様・・頑張って生きてきたね。





Posted on 2016/02/25 Thu. 20:50 [edit]

CM: --
TB: --

1029

札幌市動物の愛護及び管理に関する条例(案)について意見を募集します  






昨日の記事、札幌市に意見を出す手順等の案内が出ました。


札幌市動物の愛護及び管理に関する条例(案)について意見を募集します

ここは是非・・札幌市民以外も意見を出して欲しいところです。
ウチの市ではこうやっているとか・・札幌市の考えている事は甘いとか、
飼い主等ばかりへの規制で、愛護団体等に関する規制は無いのか?などなど・・。

いろいろと自分の考えや意見を出せる良い機会と思います。

Posted on 2015/10/29 Thu. 12:57 [edit]

CM: --
TB: --

1028

札幌市動物保護条例素案 北海道新聞 2015年10月28日朝刊より  


北海道新聞 2015年10月28日朝刊より


※ 僕は動物愛護の人でも何でもありません。
  ただボーダーコリーを飼っているオヤジです。
  そのオヤジの考え方を書いているだけですので・・・


「札幌市動物保護条例」の素案が出来たようです。
素案は市のHPで閲覧出来、11月25日まで素案に対する市市民の意見を募集している様です。

今朝確認したところでは、それらしきモノはHPには出ていませんでしたが・・
きっとこれからなんでしょうね、役所ですから・・。

新聞に出ているのは主に飼い主側の事ですが・・

・排泄を事前に済ませてから、敷地外へ連れ出すと・・

まぁねぇ・・今でも犬が多く散歩するところではンコが彼方此方にありますし、
ンコさせて拾わないで行く、飼い主さんに「持っていかないの??」と言えば、
逆ギレして「そんなに欲しいならお前が持っていけ!」と言ったオヤジも居ましたし(笑)

これから札幌は雪が降ると特に目立ちますね・・フリーズ・ンコ・・。
反則金の対象にした方が良いんじゃ無いですかね?
街中でタバコ吸ったら、1,000円の反則金取られるんだし。

じゃ、人間が急に腹が痛くなりトイレまで間に合わず、
橋の下とか、藪の中に隠れてしている人も居るみたいですが・・
こういうときはどうするんだろ???
動物関連では無いけど、持ち帰る人なんて居ないだろうなぁ(笑)

あとは・・・

・土佐犬、ドーベルマン等の市指定特定犬の事。



・動物の種類、性質に応じた給餌、給水、運動〜〜努める
・生後8週間は親子を共に飼育するように努める

繁殖者・販売側はコレだけですか??(-_-;)
それに、「努める」じゃ弱過ぎるでしょう・・。
犬猫、繁殖犬の健康に付いても何も触れられていないし。

まだ、正式な素案を見ていないので何とも言えませんけど・・・
繁殖する側・売る側に甘いのは、
札幌市動物愛護管理のあり方検討委員会」の委員に
アノンやりくを販売したペットショップの社長が居たから、遠慮してこうなったんじゃ無いの???

先ず、健康な仔犬・子猫を産ませてというのが僕にとっては第一です。
飼い主にも厳しくする必要は当然ありますが、それ以上に業者側には全て
ペナルティーを科し反則金を取るくらいではないと、ここの業界の人達は何も変わりませんよ。

飼い主の努力規定に「ペットショップからは、犬猫の生体は買わないよう努めること」
コレで良いんじゃ無いですか??

販売した犬・猫にマイクロチップ入れるだけで満足しちゃダメだね・・。
某大手ショップのようにHP等で、遺伝病や感染症に対する取り組みと経過でも
発表すると良いんですよ・・。

と・・また話しが脱線しましたが・・
メールでもOKみたいですから、皆さんご自分の意見を札幌市に出しましょうね。
他人事では無いですから・・。


Posted on 2015/10/28 Wed. 09:39 [edit]

CM: --
TB: --

1009

太田記者、公開講座があります。  




sippoのサイトやAERAで、ペット流通や環境について取材されている
朝日新聞の太田記者が来札され、「しっぽの会公開講座」が今月31日に開催されます。

常に精力的な取材を続けている太田記者ですから、最近の新しい情報なども
聞くことが出来るかと期待しています。


517+x8XV1DL.jpg

このブログでも度々、この本を紹介させていただきましたが・・
この本の著者が太田記者です。

犬を飼っている方は勿論ですが、これからペットショップから犬を飼いたいと考えている方、獣医さん、
ペットショップの幹部さん達にも、是非会場に来て話を聞いて欲しいモノです。

可能であれば、いわゆるパピーミルの人が来ていただき、太田記者や会場と討論会みたいモノを
やってくれると良いのですけどね・・・。

この手の講座、本当に聞いて欲しい人は絶対に来ませんね(笑)
来る人はある程度、問題点を理解している人達がほとんどでしょう。
と・・いう事で、アノンを迎えたペットショップの方々にも出席するように勧めてみますが・・・
仕事がある、時間の都合が付かないという返答は解りきっていますがね(笑)
真剣に自分の会社や業界を牽引して、改善すべき所は改善するという考えをお持ちならば
出席してくれる筈ですが・・・。

しっぽの会では殺処分ゼロ・保健所からの収容犬を引き取ったりと大変な活動をして
下さっています。
僕は遺伝病の犬を作り出させない、市場に出させないとスタンスの違いはありますが・・
結局のところ、目指しているモノは似たようなモノではと勝手に考えています。

・動物取扱業全体に規制をかけて、そういったずさんな管理を無くしていく。

・悪質な業者を淘汰し、優良な業者を残していくために例えば現在動愛法に附則のついている8週齢規制の推進

・飼養施設の数値規制(1頭につき、どのぐらいの広さが必要か等数字で明確に規制すること)

・繁殖回数規制などがありますので、そういったことを法律に対して求めていき
 利益のみを追求する業者は生き残れないようにしていくのが現実的。

以上のような、しっぽの会が発信している事は、結局は悪質な業者を淘汰させる為には必要と
僕も考えています。

Posted on 2015/10/09 Fri. 08:19 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top