0927

ペットショップを考える・・生体管理センター?  

ペットショップを考えるなんて大層なタイトル
ですが、中身はありません・・。
なんで??って疑問だけです。

ここのペットショップには
「生体管理センター」なる部署がありペット会社に就職した
獣医がいろいろとやっているみたいです。

入荷(笑)してきた犬猫の健康診断を行い
健康診断等をして各店へ出荷(笑)しているらしい・・。
まぁねぇ、素人はこういうのに弱いモンね、獣医が健康診断して
出荷している犬猫なら安心だ!って思うからね。

せっかく獣医が居るならば入荷した犬猫の血液を採取して
遺伝病の検査くらい出来るでしょう??
金が掛かるからやらないか。

犬猫の見た目だけで健康かどうか判断してる獣医?
会社の方針だから?
そこの獣医にAnonのCL症を治して、戻して欲しいもんですわ・・・。

ん?こんなのもあった・・・
なになに?
「お客さまの目線に立ち、お客さまの立場に立って考える。
「テン・テン」では、ワンちゃんを購入された方、飼っている方の、「心」を何よりも大切にしたいと考えています。
お客さまとふれあい、対話し、笑顔を交わすことによって、お客さまの求めていることを知り、望むものをお届けするために。みなさまの想いを、どうぞ教えてください。
私たち「テン・テン」はその声に、いつでも応えていきたいと考えています。」

全然、こっちの「心」解っていないじゃん!
その声にいつでも応えて行きたい??(笑)

Posted on 2014/09/27 Sat. 10:19 [edit]

CM: --
TB: --

0927

発症犬を飼うということ  

CL症の発症犬を飼い残された時間を
どう過ごしていくか、その上でいろいろな悩みや
迷いが出て来ます。
プラスの感情もマイナスの感情も含めて。

そして、今回りく君の発症が解り飼い主様とメールで
連絡させて頂きました。
Anonと多少、症状の違いこそあれ発症犬と診断された飼い主
が誰もが同じ悩みを持つことも感じました。

この悩みに対して、ごえもん君の飼い主である、ごえママさんは
いろいろと発症犬飼い主さんの悩みを聞いたり、メール等で
サポートしたりをしてくれていました。
いま、自分が他の発症犬飼い主さんと接する事になり
ごえママさんって凄いね、と改めて思っています。
なかなか個人レベルでは難しいことですね。

周囲と発症犬飼い主ならではの考え方の差を感じれば
感じるほど、そうそう簡単に出来る事では無いのです・・。

北海道はまだまだCL症の「発症」が出て来るでしょう。
今はAnonやりく君の事があるから、繁殖者もペットショップも
多少は気を付けますが、数年経てば元通りです。

これまでの経過をみれば明らかですよね。

Posted on 2014/09/27 Sat. 09:21 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top