1015

JKCの対応  





えー、今朝一番でJKCに電話をして今回のAnon達のCL症の件
に関して聞いてみました。

アノンやりく君が発症となる為には、ペットショップが調べた
父犬クリア・母犬キャリアでは「発症」は出て来ない組み合わせで
あること。

代表番号に電話をして、この様な場合は何処の部署へ
話すのが適当なのか聞き、僕の電話は「調査課」に回されました。

以下、担当の方が話された事を書いてみると・・・。

・JKCとして出来るのは、あくまでも親子関係の事実調査に限られ
CL症などの遺伝病・その他病気に関してはタッチ出来ない。

・僕がアノンの血統書に対し事実と違うので調査して欲しいとなれば
僕自身がJKCに対し、提訴する必要がある。

JKCは繁殖者と信頼関係で成り立っているので、繁殖者がこの
調査に同意して、出して来た父犬・母犬を正しい親犬と判断して
DNA検査を行い親子関係の事実を調査する。
    ↓
・この場合、CL症云々は関係無く、繁殖者が出して来た両親犬
(親子関係の認定には必ず、父犬・母犬の遺伝子検査が必要)と
Anonの遺伝子型が一致すれば、親子と認められる。
そして、繁殖者が今回の調査に同意しない場合のペナルティは無し。
    ↓
・親子関係が正しいと認められた場合、JKCが東京から派遣した
調査員(不正防止の為に複数人、4~5人位)の交通費・宿泊費・日当などは
提訴を申し立てた僕に支払い義務が発生する(数十万単位で限りなく百万単位に
近いそうですょ)。
   
・その提訴をするにも専用書式の用紙を、僕へ発発送して良いかどうかは
上の者の承認が必要である為、簡単には送付出来ない。

・送付したとして、僕が記入しJKCへ返送後に調査対象とすべきかどうか
会議が行われ、その会議で調査が必要と決定されなければ
調査員を派遣したり、繁殖者への調査は行わない。

こういう仕組みだそうです。
まぁ、こんなモンでしょうね・・・。
あまり期待はしていなかったけど、やっぱりねというのが実感です。

例えば今回の繁殖者、ジプシーロードを提訴しても先にJKCから
繁殖者に僕がこういう内容で遺伝子検査を請求していると連絡が行きます。
JKCの遺伝子調査に同意するかしないかは、繁殖者次第です。

例え、同意したとしてもペットショップが里子に出したという所に行き検査をした
父犬クリア・母親キャリア。この父犬を出して来るとは思えません。

JKCの遺伝子調査であれば本物を出さなければ不味いという事に気付き、
父犬キャリア・母犬キャリアの正しい親犬を今回は出してくれば、
どんなに発症犬が出ていたとしても、親子関係は正しいと認定されます、
そして繁殖者には一切ペナルティ無しで100万近い請求が僕に
来るだけとの事です。

結局、キャリア×キャリア・発症×キャリア、発症×発症と繁殖者が
知っていたとしても、繁殖者は親子関係が認定されれば無罪放免。
意図的に遺伝病を出している繁殖者でも、JKCは血統書を発行するらしいです。

あのジプシーロードのやる事ですからね、上記の様に遺伝子検査だと
本物の父親犬を出せば、ウチには何のペナルティも無しだからと、
本当の父親犬を出してくる可能性は限りなく大です・・・。

結局、最初からジプシーロードの不正が無罪放免と解っているような
JKCの調査には納得出来る筈も無く、提訴書の発送要求は取り下げましたけど・・。

みなさんがこれまで散々、言われている様にJKCの存在する意義・・って
たくさん登録料を支払ってくれる繁殖者の為にあるようなもんですね。

そして担当の方が言っていたのは「ウチは血統の親子関係のみの団体で
遺伝病等、病気に関する事は一切タッチ出来ない」
そうです・・。

何の為にJKCってあるんでしょ??
そんな事を許していれば、血統書の偽造などやりたい放題ですよね。
ただの天下り団体ならば不要な存在です・・・

あ~、驚いた!




ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/15 Wed. 11:30 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top