1023

思うこと・・  

りく君が逝ってしまいました。
ようやく見つかった同胎・兄弟犬・・

兄弟に拘る必要は無いのかもしれないけど、
NCLでまた亡くなったボーダーコリーが出ました。
そして、もう間もなくウチのAnonがりく君に続くでしょう・・。

あと半年も経てばNCLって何??
キャリアでも時間が経てば発症に変わるとか、
発症の犬の側へ行くと病気がうつるとか、またそういう風に戻ります。

そして繁殖屋はまたNCL遺伝子検査など関係無し、TNS等の遺伝病など
ペットショップに犬を卸す繁殖屋にはまったく関係無し・・。
そしてまた発症犬が必ず出るでしょうね。

「変化無し」これも繰り返されるだけです・・。

僕が今更、言うことでは無いのでしょうが・・・
これまでも数十頭のボーダーコリーがNCLで亡くなり、
今日、一頭の犬が遺伝病で亡くなり、間もなくもう一頭が亡くなる。
その意味をしっかりと考えて行かなければ、遺伝病などなくなりません。



ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/23 Thu. 21:55 [edit]

CM: --
TB: --

1023

お知らせ 「りく君」  

riku.jpg
securedownload (1)

image1.jpg

お知らせです・・。
ようやく見付かったAnonの同胎・兄弟犬のりく君。

Anonと一緒にこれからも頑張ってくれると信じていました・・
3歳までは大丈夫そうだね!と言っていたのに・・

「りく君」 2014年10月23日AM4:00過ぎに旅立ちました。2歳6ヶ月9日でした。

最後は大きな発作・小さな発作を10回程度繰り返し、
力尽きたそうです・・・。

りく君があまり苦しまないで旅立った事を願うばかりです。
一番下の写真が本来のりく君だそうです。
ママと喧嘩してソファの陰からジッとママを睨んでいる写真だそうです・・

「りく!もう頑張らなくていいよ、お疲れ様。Anonが行くまでもう少し待っていて!」

りくママさん、ご家族の事を思うと残念でなりません・・・。


Posted on 2014/10/23 Thu. 08:16 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top