1029

食事風景  




Anonの食事風景です・・・。
フードを水に浸し、倍くらいの大きさにしています。
この程度にしないと飲み込む時に喉に詰まったりがあり危険なので。

目も見えませんから、匂いで大体の見当を付けて口を開けて来ます。
動画はまだ食べ始めなので、舌をペロペロと出したりしていますが
段々と激しくなってきます。
ステロイドはかなり少ない服用量になっていますが、新しく加えた
抗てんかん薬の副作用に食欲が増すとありますから、その為かも?

動画で見てフードを食べようと食いついても、殆どが口からこぼれて
下に落ちています。うまく舌を使えない様な状態だと思います。
でも、何とか食べようと必死です・・。

全て食べ終えても、下に落ちているフードを探し自分の前脚を
思い切り噛んでいることもあります。

下に落ちたフードを拾う時に、良く噛まれてしまいます。
指・手・腕としばらく傷跡は消えそうにありません。



Posted on 2014/10/29 Wed. 20:11 [edit]

CM: --
TB: --

1029

CL病を無くす為に。  



これまで何度も書いてきた事ですが定期的に書きます。

「先ずCL病って何?」というところからスタートでしょうね。
残念ながらペット業界関係者でも、某団体でもCL病って何ですか?という
返事が返ってきます。
狂犬病とかと同程度、知られる様にならないと・・。

これから犬を買う(飼う)側が、ペットショップやブリーダーに
親犬のCL遺伝子検査結果証明の提示を求める、もちろんCLだけではなく
TNS・コリーアイ等の遺伝子検査結果証明の提示も求める。
検査していないとか、CLの検査のみの場合は犬を買わないこと。

と、なると通常のペットショップでは永遠にボーダーコリーを買うことは
出来ないかもしれませんね??
でも、それで正解です・・。
ボーダーコリーや自分の犬を愛し勉強しているブリーダーさんから求める
べきでしょうね。ペットショップよりは敷居が高いかもしれませんが。

繁殖する側はここで書かなくても当然のことと思いますが、
繁殖犬の遺伝子検査の実施。
それが出来ない時点で、犬を商売の道具に使うべきでは無いと思います。
遺伝子検査の他、自分が飼っている犬の血統はどうなのか?とかも
いろいろと研究すると良いと思いますけど・・。

そして・・既にブリーダーさんの中でも、CL症やTNS・コリーアイ等の
遺伝病を無くそうと、ご自身のHPやBlogで活動して下さっている方々も
実際に出て来てくれました。

その様な輪が拡がる事により、CL病や他の遺伝病の事をより多くの方に
知っていただけると思います。
ボーダーコリーの飼い主さんも他犬種の飼い主さんも、たまーにご自身の
BlogやHPで取り上げていただくと、より多くの方の目に触れることになります。

先ずはそういう小さな所から始めないといけないような気がします。


Posted on 2014/10/29 Wed. 19:47 [edit]

CM: --
TB: --

1029

遺伝病  



面倒な話とかはもう終わりにして、僕も普通のブログ記事を書いてみたいモノです・・。
本来であればペットショップへの連絡なども極力避けたいですしね。
でも、Anonがいるし仕方の無いことだと諦めています・・。

さて・・
このブログではNCL/CLに付いて取り上げています。
以前の記事にでも書いたと思いますが・・ボーダーコリーの遺伝病で
死んでしまうってのはNCLだけではないと言う事はご存じだと思います。

ここのページにあるようにTNS(遺伝性好中球減少症)とかの遺伝病もある訳です。
繁殖される方々はNCL・TNS・コリーアイとかの検査は最低限受けてから繁殖させる
必要があると思いますよ・・。
股関節形成不全だとかグレーコリー症候群とかもありますけどね

Posted on 2014/10/29 Wed. 14:39 [edit]

CM: --
TB: --

1029

ペット保険は入るべきか??  



ペット購入時にペット保険に入るべきか入らないか悩む方もいるかと思います。

いま現在、アノンが2週に1度の診察と投薬、7月にはCL病検査結果が出る前に
他の病気の疑いもありと、MRIやCT等をした事を考えるとペット保険に入るべきです。

何処かの社内獣医さんは、「症状を聞いただけ、見ただけでCL病に間違いないから
身体の負担になるMRIやCTは不要」と言ったそうですが・・・。
果たしてその獣医さんは、NCLの犬をこれまで何件診察してきたのか??
その言葉が鹿児島大学の先生から直接、言われるならまだしも。
僕はAnonの脳の画像を見て説明を受け、「あぁやはりNCLの発症なんだな」と納得出来ました。

話がそれましたが・・
自分の犬を出来るだけしっかりとした医療を受けさせてあげようと
思う飼い主さんであれば、ペット保険はいつ必要になるか解らないモノですが
入っていて損にはならないでしょう。
特にボーダーコリーの様に活発な犬種では、病気は無くても怪我はあるかも?
更に年齢を重ねるに従い、アチコチが問題出て来ると思います。

保険の条件は各社で違うと思いますけど・・・
Anonの保険は人間の健康保険制度と似ていて、3割負担です。
ただし、1日あたり最高14,000円まで。
手術は1回当たり140,000円までとかいろいろな制限はあります。
保険料は年間37,000~39,000円程度支払っています。

7月から現在までAnonの病院代は250,000近くになっています。
ただ、癌とかの病気では無いから治療と言っても投薬位ですから・・
何をやっても治らないから、放射線治療も抗ガン剤治療とかも
無く安く済んでいる方ですよ。

ただ、掛かり付け動物病院から「この辺で脳神経系を診察出来るのは、北大・酪農大・Anonの行っている
病院の3カ所だけだから、それ以外は行ってはダメ」と言われ、片道30kmの遠くまで行ってます。
早く病院へ到着しないとAnonの発作が始まるので、往復高速使用は必至ですけどね。
よって、交通費も結構な額が掛かります。

兄弟犬りく君は保険に入って居らず、ペットショップが指定?した
病院にほんの数回通院しただけ。
だからAnonも保険適用されていない金額でペットショップへ請求しますよ?
それがダメであれば、2年半続けて支払ったペット保険の代金全額と
保険適用の金額を合計しますけど、ほとんど変わりは無いですよ?
と、この部分はペットショップの本部に居る方々向けです。

すごいお金持ちは別として、一般家庭では保険加入を考えた方が
万が一の時は良いかもしれませんよ。
特にペットショップから犬を買った方はね。

ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/29 Wed. 13:06 [edit]

CM: --
TB: --

1029

またやってしまった・・  




またやってしまった・・・
排泄の話ばかりになりますが・・
Anonに快適に過ごしてもらうにはとても大切な事なんです。

朝ご飯を食べさせてちょっと洗い物をして5分程目を離しているウチに
またンコをしてしまい、臭い場所から離れたくまたほふく前進をしたんでしょうね・・。
毛布や床、Anonと全てンコまみれ・・。

そんなに柔らかくはなかったので、以前の様にグチャグチャでは
無いけど、Anonはしきりに自分の身体に着いた臭いを気にしているし。
シャンプーすれば逃げようと体力を消耗するし・・。
後脚とお腹だけ洗ってドライヤー。
やはりこれまでよりドライヤーの音が怖いみたい・・。
終わった後はやはりハァハァが強く出ています。

寝不足でボッーとした頭で洗ったりしていると
何かとても虚しくなってきます。
どうして洗い物の時に目を離してしまったかな?とか
とても情けなくなってくるのはいつもの事ですけど。
-----------------------------------------------

09:50 
シャンプーした疲れなのかグッスリと眠っていましたが、また突然発作を起こしてしまいました。
時間にして1分程、全身硬直しこれまでに聞いた事が無いような長い遠吠え。
硬直が少し緩み、しばらくはガクガクと震えるような痙攣。

シャンプーして身体に負担が掛かったのか?
これまでの発作を起こす状態を考えると、病院へ行った後
3日後以内くらいに大発作を起こすことが多いような気がします・・・。

当初はそれ程問題は無かったけど、やはりこれだけ音に敏感で
往復60Kmの移動はAnonの身体に負担が掛かるのは事実だと思う。

昨日の診察ではこの後、発作がどんどん増えてくることは無いと言っていたけど
やはり、あの苦しそうな顔と吠え声を聞きどうすることも出来なく居るのは厳しいかな。
みんな辛いですけど何とか乗り越えなければ・・・。
-------------------------------------------------

何となく精神的に限界??
金の話とかどうしてもしなければ行けないことなんですけどね。
もう、それが疲れの原因になってきます。
誰しも他人のことや自分に関わった人のことを悪く書きたいと思い
書く人など少ないでしょう?

安太郎をどこそこに連れて行き走らせたとか、僕も他の人達の様な
楽しい内容のブログでも書きたい訳ですよ。
ただ、このブログは僕一人のモノでは無くなっているような感じも
以前からします。
他の方々のご意見等を僕が聞き代筆しているような感じもずっと以前から
あります。
特に金のことなど詳しく説明があれば書きたくないんですけどね・・。





ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/29 Wed. 09:23 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top