1031

今日のAnon   


今日のAnon。
えーと・・Anon、このBlogではAnonと表記しています。
以前はAnon・アノン・あのんと適当でした・・。
NCLの発症犬ということでこのBlogは勧めてきましたが、ある時ふとどなたかの
Blogを見たときに、同じ市内?道内?
偶然にもボーダーコリーで「アノン」ちゃんという名前を見ました。

きっとウチのAnonと間違えられて迷惑しているだろうなと思い
せめてブログ内の表記だけでもAnonとしておこうと思いそれ以来は、カタカナ・平仮名では
出来るだけ書かないようにしています・・。

で・・今日の我が家のAnonです。
昨日・今日と目立った発作等は起きていません。
ここ数日、気にはなっていたのが水の飲み方でして・・

喉が渇き水が飲みたくなるとジタバタとほふく前進を始めることが多いです。
薬を服用している事もあり、多飲多尿です。
以前も書きましたが、水の飲み方を忘れつつあります。
食後などはフードを食べた直後であれば、ペロペロと水は飲めたんですけど・・。

徐々に口を水に入れたまま、どうして良いのか解らない状態で
「水だよペロペロして!」とか、水の中で口を開いてあげるとハッと我に返ったように舌を動かしていました。

数日前より日中に飲ませようと、すると基本寝ている事が多いので
寝ぼけているのか?脳の萎縮の問題なのか。
一応、水の匂いを嗅ぎ寄っては来ます、ただ容器にずっと口を
入れたままです・・。何分経ってもそのまま。
今日から時間をある程度決めて、シリンジで口の中に水を
流し込んでやっています・・・。入れてあげるとゴクゴクとたくさん飲むですよね。

段々といろいろな事を忘れていくのは仕方が無いのですが・・・
振り返ってみると7月末からたった3ヶ月で、Anonの状態は
かなり変わってしまいましたね・・。

Posted on 2014/10/31 Fri. 16:33 [edit]

CM: --
TB: --

1031

当たり前の事を書くと・・の続き  



昨日の話の続き。
やはり、発症犬飼い主の僕が記事にするよりもブリーダーさん自身が
記事にした方が反響は大きいのですね・・・。

そうなると解っていても記事を書いて頂いたのはCLやその他遺伝病で苦しむ
犬・飼い主を増やしたくないという気持ちからでしょう。
BlogよりもFacebookでのシェア、シェアのシェアを入れると100件近いでしょうか?
シェアされている中には???という感じなのものもありますけど。

遺伝病はボーダーコリーだけじゃない!なんてのも・・
当然そうですよ・・遺伝病をなくしたい無くさなければというのであれば
自ら声をあげなければ何もスタートしません。
黙っていれば遺伝病はどんどん受け継がれ、中には若くして亡くなってしまう犬も
出て来ます。

誰かが言っているから、自分は病気には詳しくないから黙っていようは
上記と同じなんです・・。
知らないことがあれば調べると良いでしょうしね。
何か声を上げるのは確かに勇気が必要かもしれません。
僕のBlogにも沢山のネガティブ系のコメントや脅し系のメールも来ています・・。
遺伝病が必要な人達や自分の方が知識有るということを叫びたい方もいるんでしょうね。

Facebookで「いいね」だけでは無く是非シェアをして頂きたいと思います。
今はスタートしたばかりの状態、まだ議論が出来る様な広まりでも無いかも知れません。

CL病はボーダーコリーだけの病気ではありませんので・・・。
国内ではボーダーコリーとチワワだけでしょうか??
海外ではもっと沢山の犬種で報告があるようです。

ブリーダーさん、繁殖関係の方はCL病・TNS・コリーアイの3種類は最低
遺伝子検査を受けましょう・・・
飼い主やこれから飼う人は、「CL病?遺伝病?ってなんなの?」と興味を
持って頂くのが先では無いかと思います・・・。

何だかうまくまとまりません。
いつもの事ですが文章力ありません・・。



Posted on 2014/10/31 Fri. 14:06 [edit]

CM: --
TB: --

1031

当たり前の事を書くと・・  




あるブリーダーさんが他のボーダーブリーダーさんへ
向けCL病やTNS・コリーアイだけは遺伝子検査を受けましょうという
内容の記事をご自分のBlogに書いて下さいました。

勿論、ほとんどのブリーダーの方は賛成してくれます。
中には残念な人も居るようですけど・・
何故、当たり前の事を書くとそういう内容のコメントが付いたり
メールが届くか?

アンチ?同業者の嫌がらせ?嫉妬心?
誰かが正しいことをしようとすると、必ず出て来ますよね・・。
とても残念なことです。

CL病や他の遺伝子検査をしましょう。
これをされると困る人達も中には居るのでしょう。
商業的な面が絡むと特にそういう傾向にある?
何処も今は厳しいのでしょうから・・・。

ただ、今回遺伝子検査を受けましょうと書いたブリーダーさんは
もちろん、何一つ間違った事もやましいことをした訳でもありません。
勇気を持ってご自分のブログに書いていただいた、それだけでも
素晴らしい事です!

おかしなコメントやメールが来たとしても、僕は応援しています!

Posted on 2014/10/31 Fri. 07:14 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top