0227

昨晩からは  







Anon、昨晩は落ち着いていました。
寝ていても音に敏感なのは相変わらず・・。
何のタイミングで発作が起きていたのか解らない・・解れば苦労なしないのですけど。

昨日の晩ご飯の後もどうかな?と思い
しばらく様子を見ていたけど、飼い主の方にすり寄ってくるのも
匂いを嗅ぐのもこれまでと一緒。

薬が効く効かないでは無く、時期的なモノ??
まぁ、どっちでも苦しまなければ良いのですけどね。

次の通院予定日は来週の中頃でしたが・・
妻との休みが合わず、次女が学校終わってから一緒に乗って行って
貰います。
車に乗り走り出すといつウンコするか解らないし、一人だと
バタバタ動き回るAnonの面倒も見られないし、水も飲ませられないので・・。


そういえば・・
Anonのお爺ちゃん犬も頑張って走っていました。

Posted on 2015/02/27 Fri. 13:26 [edit]

CM: --
TB: --

0226

また昨晩も  







また昨晩も夕食後に発作を起こしていました。
前日と同様の発作でしたが、昨晩は一度だけで時間も
短かったのですけど・・。

やはり、NCLの発症犬は3歳までは生きられないというのは
本当なのかも知れませんね。

人間と同じように発作を起こしたときは意識も無いから犬は苦しくも無いし
と書いてあるのを読んだ気がしますが・・
どんな時もそうでしょうけど、周囲で看ている者には辛いです。

体温が上がっている身体を冷やしたり、身体がビクつかないように
押さえていたり位しか出来ないのもこれまでと一緒ですし。

食事は食べようとするけど、何度か口にフードが入るだけで疲れて
しまっている様子なので、昨晩も休み休み食べさせていましたが・・
喉が詰まるといけないから出来るだけ身体を支えて食べさせた。
逆にそれが緊張状態というか興奮状態を作り出してしまったのか?と・・。

いずれにしてもAnonの状態が悪くなっていく度に
何もしてあげられない自分の無力さにがっかりします。




Posted on 2015/02/26 Thu. 08:49 [edit]

CM: --
TB: --

0225

なんとか・・  







Anonは昨晩は発作は起きず、何とか朝を迎える事が
出来ました。

何とか朝を迎える事が出来たという感覚は飼い主の感覚でしょうが・・。
発作を起こす前後、音に対してかなり敏感になっています。
目が見えなくなりあちこちぶつかる様になってからは音に敏感でしたが
それが更に敏感でビクッとしてしまうくらい。

そう言えば・・相変わらず明るさに対しても敏感かも。
明るい場所だとハァハァしてしまい、暗いところだと比較的落ち着くかも。
やはり明るさは感じているんだろうか??
動向反応は最初に何度か発作を起こした時点で反応していなかったけど。

フードを食べさせるときのスプーンって結局、シリコン製の柔らかい物と
いうのが定番なんですね・・。
何かうまく口に入れられるものは無いかと探していましたが。

今朝からはAnonに食べさせていて、疲れて来ているなと思えば一度中断して
また後で食べさせると複数回に分けて食べさせています。

今朝は飼い主の通院日・・。
薬の副作用で跳ね上がってなかなか下がらなかった血圧・血糖値・HbA1c・
肝機能障害の数値が5ヶ月近く掛かりようやくほぼ標準に戻ってきました。
これで身体の怠さも少し無くなると良いのですが・・。
取り敢えず、入院の危機は回避できたかも。

飼い主の体重も2年計画で順調に減っていますが
安太郎くんも減量が上手くいっています。
以前、足舐めが始まった時は24.9Kgでしたが昨日は22.3Kg・・
急激に落とし過ぎですが・・今後も減量の負担が掛からないようにやっていきます。

Posted on 2015/02/25 Wed. 14:43 [edit]

CM: --
TB: --

0224

流動食は失敗・・  




いろいろ固さとか変えてフードを流動食にして食べさせて
見ましたが・・
道具の問題じゃ無くてAnonの舌が上手く動いていないので、
流動食だと口から溢れてしまい上手く飲み込めず・・
結局、いつものふやかしたフードの方がいくらか上手く飲み込めるので
そちらに戻して、晩ご飯を食べさせました。
問題はいかに上手く口に入れてやれるかです・・。


食後から何となく様子がおかしくなり、これまでの様に
遠吠えし失禁もしてという発作では無く、身体が硬直するような状態・・
結局は発作なのでしょうが。
1時間の間に何度も繰り返し、これまでに無いくらい体温が上がって
しまったようです。
呼吸もハァハァではなく、カーッカーッという感じになり
舌も垂れ下がった来たり、よだれが垂れてきたり・・。


もう無理かなと思いつつ、抱きかかえ身体を冷やしながら
水を飲ませたりしていました。
何とか今は落ち着いているけど、こんな状態になったのはこれまでで
初めてので・・。

そろそろ危ないかなと・・
このまま落ち着いてくれると良いのですが。

Posted on 2015/02/24 Tue. 20:43 [edit]

CM: --
TB: --

0224

買ってはみたけど  



Anonの水飲みと流動食を食べさせる為に
ドレッシングボトル等を100均で買ってきました。

近所の店へ行って15分程度で選んだので・・
数店回ってベスとかな?という物を購入できると良いのですが。

水を飲ませるもの、左端のものは使ってみたけど
もう少し上の水を出す部分が柔らかければ良いなぁ・・とか
流動食用の方はまだ使っていませんが、きっと帯に短したすきに長しという
状態かも。

ふと思ったのは、現時点で流動食にした場合のデメリットは無いのかな?と・・
今でもかなり柔らかくふやかしたフードを食べさせていますから、
ガリガリ噛むという事はしていませんが、やはり水を飲むのとは違い
噛もうと口は動いている訳で・・。
固い物を噛まないデメリット??
流動食にした方が上手く口に入らずストレスが少なくなるならば
寧ろその方が良いのだろうか??


Posted on 2015/02/24 Tue. 12:47 [edit]

CM: --
TB: --

0223

Anonの食事  






Anon、現在はロイヤルカナンのミディアムアダルトを
お湯でふやかし、冷ました後に大きめのスプーン(カレースプーン?)で
食べさせています。

ここにきて更に上手く口へ入れる事が出来なくなっています・・
何とか口に入れようと以前同様バクバクと噛み付くような様な勢いで
スプーンに向かってきます。
上手く口へ入ったとしても、かなりの数が口からこぼれてしまいす。

今朝は食べるのに時間が掛かり、途中から疲れて口を開けなくなって
しまったり、呼吸も荒くなってしまいました。

あくまでもロイヤルカナンの現在のフードを食べさせないと、以前の様に
下痢が続いたりも考えられるので、どうしようかと・・。

ドッグフードをフードプロセッサーで粉状まで砕き、
多めに水を入れて流動食のようにして、シリンジで口に入れる?

現在、水を飲ませる為に使っているのは100均で買ってきた40mlのシリンジ。
水を飲ませる時もAnonが囓ってしまうと、数回で使用不能になってしまいます・・。
人間へも流動食は食べさせた事無いですし・・。

何か良い方法や道具って無いものでしょうかね・・。

こんなのがベストなんでしょうかね・・。

-- 続きを読む --

Posted on 2015/02/23 Mon. 18:46 [edit]

CM: --
TB: --

0222

安太郎もがんばる・・  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/02/22 Sun. 15:31 [edit]

CM: --
TB: --

0222

以前も書いたと  






以前も同様の事を書いたかも知れませんが・・

2年くらい前は犬の親戚さん探しのサイトはいくつか
有ったと思うんですけど・・。

■Relative Navigator
http://park7.wakwak.com/~wanchan/relative/

ここにはAnonも安太郎も登録しています。

Anonがウチに連れてきて血統書が来てから、直ぐに登録したのは

■血統データベース「^ I ^ Dog Lineage」
http://www.jbms.info/anc/index.php

ここは遺伝病系統の事が結構出て居て、とても役にたっていたのですが・・
AnonがNCLと解って、もう一度検索してみようと思った時には
既に無くなっていたんですよね・・。

管理されていたが止めてしまったんでしょうけど・・。
登録間違いは訂正しないとか書いてありましたが、ちゃんと
訂正してくれた親切な方だったんですけどね。
ただの親戚さん探しと違いとても参考になりました。

何処かに移転したのか?
何かの理由で止めてしまったのか・・?
まさか、AnonのNCLが解って何処かからクレーム付いたとか?

Anonの兄弟犬の飼い主さんでも、兄弟を見付けようとする僕の
行為に迷惑に感じ否定されている方も居ると、ペットショップでは言っていましたから。

AnonがNCLであると公表して親戚さん探しとか
したのは間違いだったのかも?

「自分の飼っている犬の兄弟・親戚に遺伝病の犬が居ると解ると
ボーダーの世界は狭いので仲間から白い目で見られるのが嫌だ。」
だから僕の親戚探しが迷惑だと言っていたらしいですけど・・。

あらら・・また話がそれちゃった・・。

■血統データベース「^ I ^ Dog Lineage」このサイトが何処へ行っちゃったのか
どなたかしりませんか??って話なんですけど。

Posted on 2015/02/22 Sun. 10:46 [edit]

CM: --
TB: --

0218

通院。  






高速道路や大きな道路等は雪も融けて
走りやすくはなっていますが、今日は高速道路が結構混んでいました・・。

結局、この二週間1度も発作を起こしませんでした。
多分、前回処方して貰った薬が効いていたんでしょうね。

脚が冷たいのは脳の萎縮とかでは無く、多分脚の麻痺からきているもの
らしいです。
何となく疑問に感じた本当にNCL?というのは
何処の検査機関で検査しても同じ結果だろうと。
犬の体重や大きさ、体力や薬が効くか否かにより
亡くなるまでの時間は当然違うし、本当にNCLなのかどうなのかは
死亡後に脳の組織?細胞?の検査をしないと断定は出来ないとは
思うがMRIの画像やこれまでの症状を考えるとNCLで間違い無いだろう。
って事ですかね。

まぁ、大学病院の先生でも無い限り、一人の医師が生涯何頭ものNCLで亡くなった犬を看ている訳でも
無いでしょうしね。
そう考えるといつもAnonを連れて行くと、院長先生以外の他の先生が
Anonが気になりチラチラと見ているのも理解できますね。
いろいろと難しい事もあるんでしょうね。

NCLの発症犬は増えては欲しくないけれど、某親戚犬の掛かり付け
病院の医師みたいにNCLのキャリアは、その後何歳になっても発症するとか
言っちゃう先生が居なくなると良いですね。
どんな業界や世界でもそうだろうけど、不確かな事は知っている人に聞くとか
相談してから患者側に伝えて欲しいです。
ネットで犬猫の病気の質問サイトに返答など書き込んでいるならば尚更に。

やはり、最初に発作を起こし寝たきりになってからの期間が
長いと、飼い主にはもしかしたら?という願いみたいなモノが出て来るんでしょうね。

NCLと判明して僅か1〜2週間で亡くなる犬もいれば
Anonの様に長期間生き続ける犬もいるのでしょう、どちらにしても
飼い主にも犬にとっても残酷というか何というか・・。

さて、少し休んでから久々に安太郎と兄弟のケン君と対面です!

Posted on 2015/02/18 Wed. 12:34 [edit]

CM: --
TB: --

0217

数日前に・・  






数日前のBlogにも書いたのですが・・

そもそもAnonは本当にNCLなのだろうか??と。
発症と検査結果が出てから、介護の期間も長くなっているので
そう思ってしまいたいという気持ちがあるのかもしれません。

ごえもんママさんのBlogでは、ごえママさんが発症犬飼い主さんのサポートを
やっていて関わった中ではNCLの自然死で最長記録は確か生後31ヶ月になっていたと思うんです。
Anonは先日で生後34ヶ月となっています。

数多くのNCL発症犬がどんな状態だったのかは、ごえもん君のHPで
ごえもん君とホープ君の状態を読み、りく君の事を聞いていただけですから
詳しいことは解らないのですけど。

AnonのNCL遺伝子検査をしたのは、掛かり付け動物病院が出した
民間の検査機関。
それがどれだけ正しいのか??
NCL遺伝子検査が可能となってから時間も経過していますから
当初より精度は上がっているのだろうと思いますが・・。

いくら薬を飲んでいるからと言っても、生後34ヶ月を過ぎたこの時期に
二週間も発作が1度も起きていないとか・・。
どうにも不思議な感じがします。

ここにきて、NCLだと認めたくない気持ちが
大きいんでしょうね。
兄弟犬のりく君は大学での検査で発症と結果が出ていますし・・。

Posted on 2015/02/17 Tue. 19:47 [edit]

CM: --
TB: --

0217

ここ最近気になる・・  







Anonは発作も起こさず安定はしています。
発作を起こさないだけで安定と言えるのかどうかは疑問ですが・・。

ここ10日間前頃から気になること・・

前脚の肘関節?から下と後ろ脚の膝関節?から下が
体温から比べるとかなり冷たくなっています・・。
歩けなくなり脚を使っていない為なのか、神経に異常が出て冷えているのか?
肉球を触っても冷たいと感じるほどです・・。

脚の一本一本をそれぞれマッサージしてみたり、
少し温めのタオルで暖めてみたりしたけど、その時だけで
その後継続して脚が温かくなっている事はありません。

明日は通院日ですから聞いてみようとは思いますが、
「仕方が無い」という答えは予測できますし・・・。

あと気になっているのは昨日あたりから、オムツに
なんて言うんでしょうね・・?妻はオリモノだと言うのですが
粘液がべったり付いています。
僕は男なので詳しいことは解りませんが・・・

ただ、元気な時はそういう事が無かったですし・・。
避妊手術しているからオリモノ無しという事では無いと思いますが。
何か菌でも入って炎症を起こしているのでなければ良いのですけど・・。

Anonを見ていれば見ているほど気になる部分が多くなってきます。


Posted on 2015/02/17 Tue. 08:19 [edit]

CM: --
TB: --

0216

いろいろな考えはあると思うけど。  






Anonと安太郎を迎えたペットショップ、ボーダーコリーは
その後繁殖者に繁殖犬のCL病遺伝子検査を義務付けていましたが、
最近は一部の他犬種においても繁殖者に遺伝病の検査を義務付けているそうです。
更に今後はそれを他の犬種にも広げていくと。

遺伝病は何百種類もありますから、NCLだけを検査すれば大丈夫という
モノではありませんが・・。
また、人によってはそんな事を言ってもダメなモノはダメ。
生体を扱う限り悪、全犬種において全ての遺伝病検査をしなければ
意味が無い、という方もいらっしゃるのは承知しています。

これまではそういう取り組みをしていたペットショップがあるかどうかは
解りませんが、現状でかなりの方がペットショップで犬を買うという事が
やはり多い筈です。
それを考えると少しでも遺伝子検査を受けた親からの仔を仕入れるという
流れが同業他社にも広がって行くのは良いことなのでは?と思っています。

ペットショップで生体販売はダメ。という考え方も勿論理解できますし、
一つの犬種につき一つだけの遺伝病検査では足りないという考え方も理解できます。
しかし、代表的な遺伝病だけでも遺伝子検査をしていない親からの仔犬を
何の疑いも無く販売されて来たこれまでよりは大きな進歩なのでは?と
考えています。

店頭での生体販売禁止という法律でも出来れば、それにこした事は無いのかも
しれませんがそうなればなったで、また新たな抜け道が出来る様な気もします。
数年のうちにそういう法律が日本で出来るとも思えませんが・・。
現状の日本ではペットショップで犬を飼うという事は多くの方々がされています。

Anonやりくの事が無駄にならない為にも、遺伝子検査をした親からの
犬のみを販売するという流れが当たり前になってくれれば良いなと思っています。

僕自身、両手をあげてペットショップの存在を良しと考えられる訳ではありませんが
そういう取り組みを進めてきている所もあるという事です。

伝えたい事を上手く書けませんが、何となくでも皆さんにご理解頂ければと・・。





Posted on 2015/02/16 Mon. 08:09 [edit]

CM: --
TB: --

0215

都合の悪い事は・・  






テンテンの仕入れ担当者に、ボーダーコリー以外の犬種に関して
遺伝病検査をしている親を交配させている犬舎から仕入れているのか
どうなのか聞いてみた。

都合の悪い事になると返信は来ないんだよなぁ・・。
まぁ、自信があるのであれば直ぐに返事は来ると思うけど。
電話じゃなくてわざわざメールで言い訳できる猶予を与えてあげているのに・・。

結局、ペットショップはそんなもんですょ。
ボーダーコリーに関してもAnon達の問題起きた直後の仕入れは
CL病検査した証明書を店頭に備え付け、客から質問があった時は
それをみせていたらしいけど。

近所の人がまたテンテンから買ったミニチュアダックスも
多分、PRA(進行性網膜萎縮症)の検査も受けないで繁殖させた仔犬でしょうね。

「ミニチュアダックスフンドの45.2%がPRAのキャリア」

ワタシさんの さっぽろワンlife!、同じテンテンから遺伝病の
犬と言う事で、AnonのNCLが解った当初から拝見していますが・・
「ダックスのPRAについて」

ここにもいろいろと書いています。
以前も書いたけど・・・
ぺっとしょっぷから犬を買い、問題の無い犬に当たる確率ってどの程度なんでしょうね・・。

いろいろと調べればペットショップや仔犬が清潔でも
その犬は何処で繁殖させられたのか解らないって・・・。

Posted on 2015/02/15 Sun. 10:29 [edit]

CM: --
TB: --

0214

現実ですね・・  






ウチのご近所さん、飼っていた犬が突然死して数ヶ月・・。
結局、死因も何も解らぬままでした。
多分、早々に次の犬を飼うだろうなと思っていましたが・・。

結局、また同じペットショップから迎え入れたと聞きました。
誰が何処の犬を何処から迎え入れようが僕が口を出す事でもありませんし・・。

ただ、Anonの一部始終を見たり話したりしていた方が、また同じペットショップから
迎え入れるとは思わなかっただけに正直驚いたというか、ショックでした。

どうしてそこから?と聞いてみると、やはり他店と比べて店舗が綺麗だったとか
犬の管理がしっかりしている。と・・

店舗が綺麗だから、仔犬をしっかり管理していてもその親は何処でどう
管理されているか解らないと何度も伝えてきましたけど、余計なお世話だったんでしょうね。
何も伝わっていなかったみたいです。

次の犬を飼うならば、自称ブリーダーでは無くその犬種だけを
家族同然で生活させて、毎ヒートごと交配させていないところから
迎えるべきだと伝えていたのですが・・。

結局は犬はペットショップで買ってくるという人が大半なのでしょう。
ペットショップで犬を買ってくるのは「ダメ!」とか言うつもりはありません。
その仔犬がどんな状態になってもしっかりと面倒を見られるならば。
面倒を見ないで放棄ってのも人によるでしょうから・・・。

ブログを見て違う地方に住んでいる方がペットショップで買う予定だったのを
変更した方も居れば、実際にAnonが段々と歩けなくなって来るのを見ていた
方でも、ペットショップでまた買ってしまう。
それが現実でしょうね。

遺伝病を無くしましょうなんてBlogで書いていても何か意味が
あるんだろうか??と考え込んでしまいます・・・



Posted on 2015/02/14 Sat. 18:51 [edit]

CM: --
TB: --

0214

今日で2歳10ヶ月です。  




Anonは今日で2歳10ヶ月、生後34ヶ月となりました。

来週はまた通院日ですが、前回処方されたイーケプラ錠が効いているのか?
たまたま偶然なのか?てんかん発作はこの2週間近く一度も起きていません。
7月に発作を最初に起こしてから、通院後に一度も発作を起こさなかったのは
初めてですね。
いずれは更に脳の萎縮が進み? 薬とかも効かなくなるんでしょうね・・・。

あと59日で3歳。
3歳になったところで何の意味も無いのかも知れないけど、
まだ身体が暖かいAnonと一緒にいられる・・。

遺伝病で亡くなった犬の事や遺伝病自体は直ぐに忘れられてしまうのでしょうが・・
ボーダーコリーだけでも遺伝病で苦しむ犬と飼い主さんが居なくなると良いですね。

ペットショップで売られているボーダーコリーでも各種遺伝病の検査を受けた親犬
からの仔犬だと良いですね・・。
まぁ、繁殖者は遺伝病検査の証明書があったとしてもごまかして出す事もある?
パピーミルや犬猫オークションで仕入れている自体でアウトだと僕は思いますけど。

Posted on 2015/02/14 Sat. 09:46 [edit]

CM: --
TB: --

0209

Anonと安太郎の様子  




今日のAnonです。
ここ最近は大きな変化も無い様子で比較的落ち着いていると思います。

動画を観ると解るかもしれませんが、おきている時は小刻みに身体が
揺れています。
通常の位置で姿勢を保持するのが難しいみたいです。

薬が変わってからは寝ている時も熟睡出来ている様です、それが
薬によるものか病気の進行なのかは解りませんけど・・。
このまま少しでも穏やかにいて欲しいなと。

IMG_2311.jpg

散歩中にまた脚を気にして舐めている安太郎・・・。
出来るだけ長く、回数も多く散歩へ行ったり部屋の中で遊んだりは
していますが、まだまだ時間が掛かるのでしょうね。

IMG_2315.jpg

今日は家の前に排雪が入っています。
いろいろな除雪機械が通り作業をしていますが・・
現場監督中の安太郎くん(´Д`) 
トラックは大好きですが普段、見慣れない除雪車は怖いみたいです。

ひとまずは下痢が治まり良かった。


Posted on 2015/02/09 Mon. 14:38 [edit]

CM: --
TB: --

0204

ブリーダーを見極めるために(2)  








dog actuallyの記事です。

ブリーダーを見極めるために(2)

ブリーダーを見極めるために(1)」こちらは昨年12月の記事です。
文中にもありますが、「パピー・ミルとブリーダーが一緒にされている」、日本では犬を繁殖させていれば
「ブリーダー」でしょうからねぇ・・。

まぁ、ペットショップで犬を売っている状態ではいろいろと難しい事があるでしょうね。

Posted on 2015/02/04 Wed. 18:46 [edit]

CM: --
TB: --

0202

Anon通院日。  






先月通院してから約1ヶ月振りに通院でした。
一部のところで吹雪いていたものの高速道路も使え何とか無事に行ってこられました。

先ずは一種類だけ薬の変更。
これまで朝晩に服用させていた「ガバペン200mg」一錠に変えて、
「イーケプラ錠250mg」を一錠。
適応は、「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法」となっていて、薬物相互作用がないことが特徴らしいです・・。
IMG_2293.jpg



薬価がこれまでの倍はするので、医師よりどうしますか?と聞かれても・・
ペットショップから連絡来たのは昨年11月26日が最後、
「出来るだけ納得出来るように上司と相談する」と返信があってからは
何の連絡も無いですしねぇ・・。

あとは血液検査をしてステロイドをどうするかという事でした。
IMG_2291.jpg
IMG_2292.jpg

ALTとALKPの数値はこれまでと大きな変化無し。
これまでずっと薬を使っているからこれくらいの数値は出るんでしょうね。
結局ステロイドは続ける事になりました。

それにしてもALTとか高いのは飼い主と同じ・・
未だに薬剤性の肝機能低下が残っています(-_-;)
安太郎のストレス、Anonの血液検査数値といい犬はやはり飼い主に似るのかな?と。

薬を新しく変えたので次回は二週間後にまた通院です・・。
冬道の通院はやはり大変です・・いつ吹雪いて高速道路が通行止めになるか解らないし、
一般道だと道幅狭く渋滞し何時間掛かるかわからないし。

次回もまた通院できると良いのですけどね。


Posted on 2015/02/02 Mon. 13:22 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top