0410

一日、一日が長い  

Border Collie Harusame&Anon 3
画像は左Anon、右が弟犬のはるさめ。


あと4日でAnonは3歳になります。
昨年7月から一日一日がとても長くて・・3歳まで頑張れないのかも知れないけど。
半年位前の事がもう何年も経った様な感じがします。

僕はNCLに付いても、難しい事や専門的な事は何も解らないので
ただAnonの状態を記録して来ただけです。
延々と続く日本でのNCLを何とか終わらせる事は出来ないかな?とも
思っていますが、一般の飼い主が出来る事はBlogに書く程度しか出来ません。
しかも毎回毎回、同じ内容の事を繰り返し書いているだけ・・。

いくら何を書いても、やってもAnonがまた元の様に元気になることも無いのですけど・・。
過ぎた事でも過去の事でもありませんが、それをずっと思っていても
僕自身の負担になるだけでしょう・・。
これから先の事を考えて行く方が精神的には良いのでしょう。

何故、キャリア×キャリア・発症犬を繁殖に使わないだけでNCLの
発症は出て来ないのに繰り返されているんだろう??
何とか出来そうなのに出来ないのはどうしてなのか??
皆さん、それぞれいろいろな考えがあると思います。

現在の犬猫ペット流通のシステムではNCLも他の遺伝病も無くならないでしょう・・
血統を管理すべき所も日本には無いみたいですし・・
繁殖する側が検査可能なものは検査する、販売する側も検査可能なものは検査する、
買う側もその検査結果証明を求めて行くしか無いのかな??

ネット上でNCLで亡くなったと報告された犬達以外に
これまで何頭がNCLで亡くなっているんでしようね??
相当な頭数がいるのではないのかな?と思っています。
1歳〜3歳程度の若さで亡くなって行った犬達の死が無駄にならないよう願うばかりです。

と、いつもと同じ事を定期的に書いています・・
自分で何を伝えたいのか書きたいのか上手く表現できずに
毎回同じ内容になってしまいます・・。


Posted on 2015/04/10 Fri. 17:33 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top