0531

今月最後です。  







今日で5月お終いですね。
このブログもいろいろ整理が必要なんですけど・・。

今月になって、この10か月間でBlogを見て頂いている方の県別のアクセス数、
初めて北海道が一番になりました。
先月まではずっと他県がトップでした・・。

地元で起こっている事なんだけどなぁ・・と毎日毎月思っていましたが
ようやくです。一時的なモノかも知れませんけれどね。

道内の既に犬を飼っている方やこれから飼う方が危機感を持ってくれないかな?
と思ってはいました。
詳しい事は僕が書く事でもありませんし、そのうち何か解るのかも
知れませんけれどね。
道内のペットショップなどでは、怖くて犬猫なんて買えなくなるかも知れませんよ・・。

業界の方々にしてもそうです。
今のまま、続けていけばきっとそう遠くない時に会社なくなりますよ(-_-;)
自分達で蒔いた種ですから、自分達で何とかしないと自分で自分の首を絞めて
いるのと同じ事です・・。

道内のペットショップが仕入れている繁殖先は、ほとんどが所謂パピーミルでしようね。
オークションに犬を出すのもパピーミル・・
ブリーダーさんとは全く別のところです。

アノンの所は一時期300頭、安太郎の所だって80頭以上は居るでしょう・・。
しかも、遺伝に関しての知識も無し。
ペットショップで犬が沢山売れるから、流行の犬をどんどん生産している事でしょう。

道内の方で犬を飼っている方が、これから犬を飼いたいという方に教えて
あげないと・・。
一部の飼い主さんは詳しい方もいらっしゃるでしょう、
ドッグスポーツの大会に出ている方は血統なんかも凄く詳しいでしょうから
北海道産の犬には手を出さない方も多いのかも??
北海道の有名でしっかりしたボーダーコリーの犬舎の犬以外の犬には手を出さない方が多いのかも??



まぁ、無理な事かも知れませんが・・
業界関係の方々が心を入れ替えないと改善など難しいですよ。

であれば、飼い主レベルで当面は何とかしないといけないんですけどね・・。
道内ではそういう雰囲気でも無いのかも?
熱しやすく冷めやすい、新しい物好き、他人の事には我関せずみたい県民性も関係もあるんでしょうかね・・。



Posted on 2015/05/31 Sun. 21:57 [edit]

CM: --
TB: --

0531

今日もたくさん走りました。  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/05/31 Sun. 20:08 [edit]

CM: --
TB: --

0530

Anon、 一区切り付いたよ・・。  




ペットショップとの金銭面の交渉を終えました。
というか・・一度、返事を貰いそれでお終いにしました。

何百万・何千万・何億円を支払って頂いたとしても
Anonがまた元気になって戻って来る訳ではありません。
それを考えると、とても虚しい気持ちになります・・。

だから、ペットショップ側から返事が来たらそれで終わりにしようと思っていました。
アノンのこと、介護のことを金額にして出されるのはあまり
良い気分では無いですし、その後多い少ないを言っても頑張って生きた
アノンに対して恥ずかしい気がします。

きっと近日中にペットショップの方が来て、承諾書に僕が判を押してお終い。
一区切りの報告をアノンに出来ます。

承諾書にブログやネットで、今回のりく君やアノンの事を取り上げない等という
項目があれば判は押さないつもりです。
そういう項目を作ってくるという事自体が、今回の件に関して何の反省もしていない
という事でしょうから・・。
僕は今後、仕事をしようとしまいとこれからも色々な情報(殆ど役に立たないですけど)を
発信して行かなければ、アノンに申し訳がたちませんから。

僕はこれまでボーダーを飼っている人に自分の犬にNCL遺伝病検査を!と
呼び掛けてきました・・。
でも、それって本当は繁殖者なりペットショップがやっていて当たり前の事ですよね。
現状では法律では定められていないから、検査の義務は無いとかじゃなくて・・。

ペットショップは小売業ですが、犬猫・小動物とは言え命を扱っている仕事に自覚と
責任を持って欲しい。繁殖者となると更に上の知識も求められるでしょう、
元ペット屋の老人や、農業の片手間に出来る事じゃありません・・。
ペットショップは自社と取引している繁殖者をしっかりと育てて欲しい。

繁殖者等の無知識・無責任がごえもん君から始まり、その他沢山の犠牲と
飼い主さん達の苦しみがあり、りく君・アノンで終わらせて欲しい・・そんな気持ちです。

最後にもう一度、「金は要らんから元気なアノンを連れ来てくれ・・」

Posted on 2015/05/30 Sat. 14:54 [edit]

CM: --
TB: --

0530

朝日新聞 5月30日朝刊  



画像は本日5月30日朝刊より


6時頃にコンビニへ行き買ってきましたょ、朝日新聞。
太田記者の取材記事ということで、結構期待していましたが・・・

一般の新聞で文字数も限られているから、そうそう深い内容では無いみたいですね。
このブログや犬の遺伝病を知りたいと思う人には物足りなさを感じてしまうのは仕方がないところでしょう。

結局、繁殖者の意識向上を図る必要がある。と鹿児島大学の大和教授が仰っている通りだと
思いますけどね。
販売店側はどのように繁殖者達の意識向上させることが出来るのかを
考えていく必要があります。

やっぱ一般紙面でこの問題を語るには制約ありすぎますね。
またAERAなどで大々的な特集を組んでくれることに期待します。

表面をサラッとではなく実際にNCLやTNSの犬を飼っていた人達の事を
細かく伝える方が一般読者は関心を示すでしょう。

現状ではペットショップで生体が売られているのは事実ですから・・
今日明日にそれが変わるなど有り得ませんし、前回も書いたけどやはり売る側が作る側を
育てるしか無いのかも?
企業としては自分の所で問題のある犬を仕入れず販売しなければそれでOKなんですけど。
遺伝病検査に同意しない繁殖者を切り捨てれば良い訳ですからね。
でも、その繁殖者の犬は違う会社やオークションへ流れますよ・・。
先ずは自社だけでもからスタートでしょうけど。
自社のみでの取り組みは限界があるでしょうけど・・いろいろな所に協力を求めると
良いのでしょうね、営利目的の機関では無くて・・。

んー・・何か消化不良気味(-_-;)

飼う側はやはり十分な下調べ・予備知識が必要でしょう。
ペットショップ主催で著名な先生達にお願いして、遺伝病の現在状況を
獣医師・業界関係者・一般飼い主に伝える事を定期的に行っていくとか・・。

ペットショップ主催ってのが大切なんですけどね。
特に北海道に本社のあるペットショップがやることにより、全国的に注目は集まります。
北海道人は新しい物好きですからねぇ・・・
もっとも熱しやすく冷めやすいという特性もありますけど。

僕がペットショップ経営者とかそれに近い立場だとどうするか??
難しいとは思いますけど・・
やれることから地道にコツコツでしょうかね。性格的には一度に会社の組織やシステムを
全部更新したくなりますけど・・
まぁ、自分の事はどうでもよいですけど・・。

Posted on 2015/05/30 Sat. 07:23 [edit]

CM: --
TB: --

0529

暑いですね・・  








先日より鹿児島大学の大和教授とメールのやり取りをしています。

先生には何も承諾頂いていないので、ここでこっそりと限定記事にします。
ここを見る事が出来るホンの数人の皆様、転載等されないようによろしく
お願いします。

全部書くとなると凄い文字数になるので簡単に

・ここ最近は、明らかに全国レベルではキャリア頻度は下がっており(以前の半分程度まで)、予防効果は現れていますが、北海道だけから連続して発症犬がでており(最近の7頭中6頭)、北海道は少なくとも全国の傾向に反して、キャリア頻度が上がってきている


7頭中6頭って・・りくとアノンも入って居る数字だと思うけど・・
異常な数値ですよね・・。
もしや、テンテンが隠している兄弟犬の中にアノン達の兄弟犬が他に4頭既に
亡くなっているのかも??
テンテンは否定していました。
と、なると違うラインでもキャリア×キャリア もしくは発症犬を使った繁殖を
している人が居るって事ですね。



・「犬を殺すのは誰か ペット流通の闇」 以前、グレ母さんのブログで見てこの本を買い読みました。
朝日新聞の太田匡彦記者が書いた本?
その太田さんの取材を大和先生が長時間受け、朝日新聞の明日5月30日朝刊に、動物愛護に関するシリーズ記事の一つで、今回は遺伝病に焦点を当てたものだそうですが、その記事が掲載されるらしいです。
TNSの事が中心なのかな??

僕のBlogの事も紹介したらしいですけど、朝日新聞からは何も連絡来ていないので
アノンの事は出ないでしょうね。きっとTNSで先日4歳をむかえたFIOくんの事が出るのでは??

あとはいろいろお聞きしましたが、多分明日の記事に出るでしょう。


Posted on 2015/05/29 Fri. 19:12 [edit]

CM: --
TB: --

0528

はぁ・・・  

IMG_1303.jpg
K5D_4930.jpg

K5D_4803.jpg


せっかく作ったのでこちらにもアップ。


はぁ・・安太郎は寝ているし・・
今日の夜は会社説明会とかいうイベントへお出掛け。
行っても意味無いと思うけど。

仕事募集中です(笑)
・接客販売:経験約30年、店長・スーパーバイザー約25年。転職回数多し。職種問いません!
 前職と同業界×です。
・社会保険有ると助かります。
・札幌市内および近郊、車通勤希望。
・犬好きです。
・趣味:カメラ弄り・釣り・車弄り・パソコン弄り
・体重:重いですが減量中です
・座右の銘:一石二鳥、棚からぼた餅、他人に厳しく自分に甘く。
・変なおじさんです。

と・・・
ますます、頭もおかしくなりつつあります。

Posted on 2015/05/28 Thu. 13:58 [edit]

CM: --
TB: --

0528

ゆるゆる、だるだる・・。  





アノンの写真を印刷してお骨の前にと思って印刷しようと
思ったらプリンターが壊れていた・・。
あちこち分解し清掃その他をやってみたけどなおらないし・・
こりゃ、部品交換必要だなと探してみたら既に5年前にサポートも終了。
もっともその部品を買うよりも、新品買った方が安いという(笑)
更にその新品もインクが無くなると、インクを買うよりもまた新品のプリンター買った方が
安いという・・何じゃこりゃ・・(+_+)

安太郎の散歩に行けば、時計も携帯も忘れて全然時間が解らず・・・
冬と比べると日の長さも全く変わり時間の感覚も無し。

まぁ、どうでも良いかとゆるゆるでだるだるな日を過ごす・・
家に居てもアノンの介護で正体を出した妻とは話す気も顔を合わすも気も無く
安太郎と部屋に引きこもり(笑)

自分の病院へ行きその後薬局へ・・・
「その薬は在庫切らしています」と・・じゃ何分も待たせず最初に言えよなと心で叫び
「あ、いいんですょ。違う所へ行きますから」と、にこにこして言っている自分も信用ならん!

近々、アノンが通っていた病院へ行き、頼んでおいたアノンのカルテのコピーした物を
貰って来なければいけないけど・・遠いから面倒。
高速代がガソリン代がとブツブツ念仏を唱えるかの様に言っている妻のことは
無視して行動しましょう・・。

安太郎の散歩で普段行かない所へ行って一休み。
そこの近所に住んでいると思われる、小型犬飼いのオバ(ア)サマと思われる一団に遭遇。
うわ!大きいだの、ディスクとかアジリティーの競技出ているんですよね?とか・・
何でボーダーだと競技に出なきゃいかんのか僕には理解出来ない。
しかし、ここでも珍しく大人の対応、「ウチの犬は飼い主に似て太っているし、頭も弱いから
そういう難しい競技とかって無理なんですょ~」と適当にあしらおうと思えば、
「そういえば、競技に出ているボーダーってこんなに大きくないですよね」と来たもんだ(-_-;)
いい加減にしろょと思いつつ、「あぁ、あれは競技で勝つ為に小さくて俊敏な全く別なボーダー
なんじゃないですか?」と適当に言いその場を離れる・・。

その競技に勝つ為に、NCL発症の犬まで作っているなんて言っても、オバ(ア)サマ達には
通じない話だから・・なるべく無駄なエネルギーは使わないようにしましょ(笑)

うーん・・やっぱり一般社会からは孤立しているな俺。(笑)
まぁ、どうでもいいや。




Posted on 2015/05/28 Thu. 10:58 [edit]

CM: --
TB: --

0526

アノンの病理組織学的診断書  




「これからのペットショップはどうすべきなのか??」

引き続き皆さんの考え、ご意見等を書いて下さい。
ボーダー飼い以外の方もどうぞ!遺伝病は他犬種にもあることです。
皆さんの考えをペットショップに伝えて下さい。

------------------------------------------------------



アノンの病理組織学的診断書が出来上がりました。
どの程度までの検査なのか、素人には解るはずもありません。

アノンがNCL発症と解った時点でこのブログを複数の大学の方が
見て頂いておりました。
結局、最後まで見続けて頂いたのは3校でした。
まぁ、それはどうでも良いのですけど・・。

既にこの診断書はそのうち1校の先生にお渡ししているので、今回は
敢えて文字を読めなくしています。
各研究機関の方々が見て頂いたとしても、何の参考にもならないブログですが・・。
何かの研究にでも役立てばと思ってきました・・。

さて、アノンはやはりNCL発症だった様です。
直接の死因・・になるのかな?死因とは書いていません、肺の検査項目に記入されているだけです。
書くかどうか迷いましたが・・・当初よりそのまま表に出すという事を考えてきましたので・・。

「誤嚥性肺炎」でした。
介護していて後半はアノンが上手くフードを食べられなくなったり、
水も上手く飲めなくなっていました。
首もアノン自身が保持する事が出来ずに試行錯誤の状態で食事を与え水を飲ませていた訳です。

結果的にそれが気管?に入ってしまい、肺炎を起こしたのでしょうね。
食事や水をとらせている時から大丈夫かな?と心配はしていました・・・。

結果的には僕の介護ミスなんでしょう・・
アノンに申し訳ないと・・
長く生きても何ら意味のある事では無いと解ってはいましたが、誤嚥性肺炎を
起こさせてしまったのかなと、申し訳ない気持ちでいっぱいです・・。

Posted on 2015/05/26 Tue. 16:47 [edit]

CM: --
TB: --

0526

一週間が経ちました・・  

459C1686.jpg


「これからのペットショップはどうすべきなのか??」

引き続き皆さんの考え、ご意見等を書いて下さい。
ボーダー飼い以外の方もどうぞ!遺伝病は他犬種にもあることです。
皆さんの考えをペットショップに伝えて下さい。

------------------------------------------------------

アノンが居なくなり、今日で一週間です。
あっという間の一週間でもあり、とても長い一週間でもあり・・。
人も安太郎も徐々に落ち着きつつあります。

この一週間でお悔やみの言葉、お花、おやつ等を沢山いただいた方々、
わざわざ自宅まで来て頂いた方々には本当に感謝致します。
ありがとうございました。

出遅れたペットショップさんからもお悔やみの言葉とお花を頂きました。
ありがとうございました。

また、未だに無視を決め込んでいる、キャリア犬を守ろうと・・発症犬を出さない事は
キャリア犬を排除することだと決め付け、ちょっと方向性がズレてしまった、アノンの
父方祖母犬の飼い主さんからは、何の連絡も無いのは残念ですけどね。
まぁ人それぞれです、ずっとキャリアであることを負い目に感じ犬と暮らすなんて
その犬も可哀想だとは思いますけどね。
余計なお世話でしょうけど、心配しています・・。

僕の知っているアノンの親戚系の方からは、とても暖かい言葉を掛けていただき
安太郎の事も心配していただき、人間と安太郎は少しずつですが前を向いて進もうと
している所です。

昨年、兄弟の「りく君」が亡くなり、今年アノンが亡くなりました。
長く生きたとか、何歳まで生きたというのは科学的には何も意味の無い事だそうです。
あちこちのHPなどに「CL発症の犬は3歳まで生きられない」とか書かれているのは
何の根拠も無い話が何処かで書かれてしまったようです。

まぁ、難しい事はお馬鹿頭の僕には理解不能ですからその辺は研究者の方々に
おまかせ致します。

3歳までアノンが生きても意味が無いことでは無いか??
それは薄々解ってはいました。
ただ、人間の勝手です。安楽死を選択しないことにより心が癒やされると勘違いしている?
僕の様な人間も居ますし、宗教上の理由で安楽死を選択しない人も居ることでしょう。
でも、今はそれで良かったのだと思うしかありません。

りく君やアノンはNCL発症で死んだ。それが事実です。
そして兄弟犬や親戚犬にも、多くのキャリア犬も居た、それも事実。

アノン・りく君の他に発症犬は居たのか?兄弟にクリア犬が居たのか?
これは何の理由なのか解りませんが、今後事実が解ることは多分無いでしょう・・

アノンの遺伝子検査の血液は民間の検査会社で判定をしていますが、
その他の兄弟犬、親戚犬、親犬と言われた犬の血液等は同じ研究機関に
集まっているのかも知れませんが・・そこで何か判明すると良いですね。
もっとも、結果を聞いても僕は理解出来る頭がありませんので(笑)
どなたか、僕にでも理解出来るように教えて頂けると助かります。

アノンが亡くなり、それでお終いでは困ります。
ごえもん君以来、何度それを繰り返してきた事か・・・
一般のレベルでは、自分の飼っている犬が発症じゃ無くて良かった。
ほとんどの方がそれでお終いになり、また次の発症犬が出る度に
血統は?犬舎は?となります。

そうならない為にも、素人飼い主レベルでも出来る事はある筈です・・
今回、アノンやりく君を作り出した繁殖者・遺伝病の事は知らずに販売し続けたペットショップは
それなりの代償は支払わなければなりません。金の問題だけでは無く・・。

それが前例となり、今後遺伝病の犬を出すとどうなるのか?
業界や一般の人達にも示すべきだと思っています。
それがあるにしろ無いにしろ遺伝病を素人飼い主のゆるゆる脱力系レベルで
続けて行きますけどね。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」・・・これでは発症犬を飼っていた飼い主も犬もたまりませんよ。
りくとアノンの死を文字通りの「犬死に」ならないように続けて行きます。


Posted on 2015/05/26 Tue. 13:08 [edit]

CM: --
TB: --

0526

安太郎くん、狂犬病予防注射。  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/05/26 Tue. 12:12 [edit]

CM: --
TB: --

0524

2歳年下の妹ちゃん  



それにしても安太郎くん、今日はよく走りました。
ドッグランも昨年はアノンの調子が悪くて行っていないし。
これからも時々連れて行きましょう!


IMG_3105.jpg

今日はタロウ・モモコのパパとママがアノンに会に来て下さいました。
モモコちゃんはアノンの母方の叔母犬。
たくさんのお花とお土産を頂きました。
お忙しいところ本当にありがとうございました。
もう、本当に花屋さん状態です(*^_^*)
部屋中に花の香りがしてとても安らぎます。


IMG_3104.jpg


安太郎はパパに甘え放しでした。
昨日、ぼくもやったミニーちゃん、せっかくのゆるゆる脱力系非科学的Blogなので
パパさんにもお願いしました(笑)

どうもありがとうございます(*^_^*)



Posted on 2015/05/24 Sun. 19:58 [edit]

CM: --
TB: --

0524

朝散歩と遊び  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/05/24 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

0523

努めて・・  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/05/23 Sat. 21:55 [edit]

CM: --
TB: --

0523

やっぱり悲しいよ(T ^ T)  



今日の朝イチ、ゆるゆる脱力系非科学的Blogの一発目。


しっかりしなきゃアノンに心配されると思い頑張ってます。
妻と今日の安太郎はどうだった?と毎日話し・・

安太郎も明らかに落ち込んでいるのが解ります・・
部屋ではアノンのお骨付近で寝ている事が多いし。
1日に何度も骨壺の匂いを嗅いでいる。
そりゃそうだわ・・まだアノンが逝き一週間も経っていないし。
家の中にまだアノンは居るし(笑)→ね、この辺りがゆるゆる脱力系で非科学的なんですょ(´∀`)

これまでアノンに掛かりきりだった分、安太郎と接する密度が高くなっています・・。
アノンの分まで楽しめるように、いっぱい遊んであげましょう!

動画のオカリナ・・アルトなんですねぇ。
もう一度、オカリナやってみようかな?
ケーナはもう限界(´Д`) いま以上は上手く吹けないし。

さて、今日も


Posted on 2015/05/23 Sat. 08:25 [edit]

CM: --
TB: --

0522

改めて、安楽死か自然死か。  




本日のゆるゆる脱力系非科学的Blogです。
いつもの通り、結局「何が言いたいの?」となりますけど・・。

Anonが旅立ち数日でこんな話をするのは早いかと思いますが・・
そこは「ゆるゆる」なので・・。

Anonは結果的に安楽死はせずに自然死という選択をしました。
一般の飼い主レベルで考えると、どちらが良いとか正しいなど簡単には言えないでしょうね。

欧米諸国では安楽死が当たり前かもしれませんが・・(海外の事情詳しくありません、ネットやテレビからの
感じたことです)。
その欧米では当たり前を、そのまま日本の飼い主さんへ当てはめたり、場合によっては
押しつけるのはどうかな?と思います。

獣医さんとなると長期に渡る動物の苦痛を軽減するという意味で
安楽死を説明するのかな??

僕は宗教だとか倫理とか難しいこと苦手です。
宗教ですら否定派ですから・・。
幼稚園はカトリック系でしたが、マリア像によじ登り腕を折り
神父さんから怒られた経験もあります・・・。

今回のAnonはNCL発症、殆どが2歳数ヶ月で亡くなっている、それならば・・
人間も動物も自然になすがままにという考えがありました。
他には人が果たして、いくら動物だから犬だからと言っていくら飼い主でも
その命を勝手に決めて良いものだろうか?という疑問もありました。

だけど、豚・牛の肉は食べていますし、死刑制度反対など言うつもりも
ありません。また、それは別問題です。

実際に10ヶ月間の介護中も、いつも迷っていました。
それはAnonの苦しみということだけでは無く、僕や家族の精神状態、
金銭面など、人間の都合に合わせた考え方ですね。

でもAnonの苦しむ姿を見ているのは辛い、
だけど、僕が殺して良いのか?と毎日考えていました。
でも、毎日Anonと接してAnonの目を見て話していると、どうしても
安楽死という選択は出来ませんでした。

もう治らない、いつかは死ぬと解っていても。
それに対してのメールも何通か国内や海外からもいただきました。
「何故、自分の愛犬を毎日苦しめ続けるのか」とかです。

過去に癌やNCLなどで犬を看ていた方がみなさん直面する問題だと思います。
どちらを選択しても、必ず後から悩むだろうなと・・。
現在、僕もAnonに頑張らせたことが良かったかどうかなど結論は出せません。
そして、やはり僕自身が死ぬまで考えていくと思います。

どちらを選択したから良い悪いは無いと思いますけど・・。
例え医学的にはそれが常識だとか、海外ではそれが当たり前と言われても。

日本人、独特の悩みなのかも知れませんね。
特別な宗教観など持たない僕ですらそう思います。
でも、他人は他人なりの考え、僕は僕の考え方があって当たり前でしょう。

ただ、僕の経験からだけ書くと・・。
精々、数ヶ月と思っていた介護は10ヶ月続きました。
期間の長短の問題でも無いのですが、本人・家族の精神面や
金銭面も考えないとならないとは思います。

僕のように仕事しなくても良い(正しくは前職を精神的に参り辞め、そろそろ新しい
仕事を探さなければ)とか、金ならいくらでもあるぞ!とか、
家族も精神的に強いからであれば平気かもしれませんが。

実際に24時間アノンの面倒を看て、寝られないのは何度もありました。
体調崩し救急搬送されたこともありました。
そういう事も自然死を選択するとあり得るかも?という事です。

その方、その方で事情も違います。
どんな選択をしたからと言って、どんな立場の人でもそれについて
良い悪いを言ったりは、ちょっと違うんじゃ無いの??と思いますよ。

で、やっぱり何が言いたいのか解らなくなりましたが・・・
正解なんて無いし、医者だから坊主だからと、そうそう簡単に
決められるもんじゃありませんょ的な感覚です・・。


ゆるゆる脱力系非科学的Blogなので、こういう結果になります・・

Posted on 2015/05/22 Fri. 11:28 [edit]

CM: --
TB: --

0521

See you Anon !  



※また、最後の方にAnonの写真をアップしています。
苦手な方は見ないようにお願い致します。※

先ず、今日のタイトル「See you Anon」
以前も書きましたが、Anonの名付け親である長女がここから何気なく名前を付けた
と言う話です・・

通常は See you later とか againじゃないのかな?と思いましたが
アチラの若者が「じゃ、またすぐにね」とか「じゃ、後で」と言う意味で
言っているらしいです・・英語嫌いな父にはよくわからない話です・・。

今日は正に「See you Anon」の気持ちというか・・
「じゃ、アノン。またあとでな!」的な感覚です



『虹の橋』
本日5月21日午前10:00より自宅前でAnonの火葬を行いました。

朝に降り出した雨・・またAnonが移動する時は雨なのか・・と思っていましたが
約束の時間少し前になると青空が出て来ました。
そして、今日もまた虹が出ていました。

りく君が亡くなった時は、心も荒れて虹の橋なんて何処にあるんだょと
乱暴な言葉で否定をしていました。不快に思われた方々、本当に申し訳ありませんでした。
しかし、昨日の病院からAnonを連れて帰る時に、自宅付近に掛かっていた虹。
今朝、Anonが旅立つ直前の虹・・とても偶然とは思えなくて・・。
やっぱりAnonはそこに行くんだなぁと空を見上げていました。

『安太郎の変化』

安太郎が我が家にやって来た時は4ヶ月位先に来た
Anonが既に居ました。それからはご飯も散歩も常に一緒です。
安太郎へトイレ等を教えたのもAnonでした。
いつもロープやボールを引っ張ったりして遊んでいました。

昨日も書いた様にずっとAnonの側に安太郎は居たかった様です。
今朝、驚いたたのはAnonを抱いて火葬台へ乗せる為に部屋から出ようとした
途端にこれまで聞いた事の無い様な吠えというか鳴き声でAnonを連れて行こうとする
僕の前に立ちふさがり、Anonを外に連れて行くのに時間が掛かってしまいました。
外に出てからも激しくガラスに体当たりして、これまでこんな安太郎は見た事が
ありませんでした・・。

火葬が始まると安太郎も静かになったようで、心配で様子を見に家に入ると
ソファーに伏せたままで、一切僕の方を見ようとせず・・
大丈夫かな?と顔をのぞき込んで見ると、目は充血して真っ赤・・
興奮しただけでは無いはずです。
そして目にいっぱい涙をためて僕の顔をペロッと舐めて静かにねていました。

お骨を骨壺に入れて、「安太郎、Anonが帰って来たよ」というと
キョロキョロして探していましたが、骨壺を指さして「Anonはここだよ」というと
何度も匂いを嗅ぎ、納得したように落ち着きまたソファーに戻って行きました。

その後は僕がちょっと安太郎から離れると寂しいのか不安なのか鼻を鳴らし
呼び続けていました・・
夕方に散歩に連れて行っても、いつもの安太郎と違うのはすぐに解りました。
とにかく落ち着かない・・引っ張る・・。
明らかに気持ちが不安定になっている様子です。

皆さんからのコメントやメール等でも安太郎の事をみてやって!と書いて
頂きましたが本当にその通りです。しばらくは安太郎から目が離せないというか
しっかり一緒にいてあげようと思っています。

やはり、下手な人間より犬の方が何倍も何百倍も気持ちは純粋だと
感じました。

『Anonの骨』

火葬が終わり、葬儀店の方から亡くなったのは癌か何かですか?と聞かれ
何で?と思いましたが・・・
みて納得しました。
ほとんどの骨が骨の形をしていなく、崩れた山の様になっていました。
本来であれば太い脚の骨や肩・腰なども、時間を掛けて探してようやく
見付けました。
歯は犬歯が2本だけ・・爪も小さいのが2つだけ見付かった・・。
薬の影響なのか・・そこまでなってしまうだけ無理に頑張らせてしまったのか。
涙が止まりませんでした。

以下、写真です・・・・
苦手な方はスルーして下さい。
Anonの姿・火葬後、不快に感じる方も多いと思います、
載せるかどうか迷いましたが、現実ですのでそのままBlogにも載せました。

























最後に抱き上げて連れて行く直前です。
病院の先生方や看護師さんのおかげでとても綺麗にして貰えて
僕も家族も驚く位でした・・。
お腹や頭も縫合した跡なども全然解らない位です。
これほど嬉しく感じた事が無いくらいに、こんなに綺麗にしてもらい
嬉しかったですね。

IMG_2963.jpg


手前のバットには大きめで簡単に取り出せる骨をいれてあります。
最初に扉を開けた時は、骨の山が崩れている様になっていました。

IMG_2966.jpg


奥が頭蓋骨と下顎の骨・・です。
頭蓋骨は脳を取り出す為に切断されているので、頭頂部が離れて置いてあります。

IMG_2969.jpg



手前左側が脚、右が肩や腰です・・
奥が背骨ですね・・。
大きな骨でも中はスカスカです、どの骨も手で持つと
砂の様に簡単に崩れ落ちていきます。

薬の影響だと葬儀屋さんでは言っていましたが・・
逆に言えば、僕がそこまでAnonに無理をさせてしまったのかもしれません。

葬儀屋さんが言うには、若い犬でここまで崩れたのはそうそう見た事が
無いそうです・・。

IMG_2970.jpg


崩れ落ち、山になっていた残りの骨・・
肋骨とかが多いみたいですが、この中から喉仏や犬歯、爪などホンの少しの数だけ
何とか見付ける事が出来ました。

IMG_2971.jpg


ここに飾り切れない位の沢山のお花やオヤツを皆さんから沢山いただき
家族皆が驚いております。
皆さん本当にありがとうございます。

Anonの新しいクレートは・・中央の白い布にくるまれています。
随分と狭くて寝心地が悪そうです・・・。

IMG_2972.jpg

Posted on 2015/05/21 Thu. 13:28 [edit]

CM: --
TB: --

0521

もう少しでお別れの時間・・・  



Anonとのお別れの時間がもう少しに迫っています・・。
何気なくギターを出して数十年振りに弾き録音してみたこの曲・・。
Anonが調子を崩した頃で、なんでこんな曲を弾いてしまったんだろうと
無意味に後悔したり・・。

妻は仕事、子供は学校に行き、Anonの手を握っていると
これまで我慢していた涙が止まらなくなってしまった・・。
この2年間、仕事で苦しみ追い込まれ何の感情も無くなったかと思ったら
まだ泣けたんだ・・。
Anonが思い出させてくれた??

昨晩は夜、Anonが寝ているところの蓋を閉めようとすると、
安太郎が来て閉めるなと言わんばかりに邪魔をする・・。
安太郎をどけて蓋をすると、今度は自分で開けようと鼻で押し上げています。
それならばとまた蓋を開けてあげると、安太郎は安心したかのように自分の寝床で
眠りにつく・・・。

亡くなった直後もそうでした。
一番にAnonの所に駆けつけ、耳や鼻・肉球を舐めていた。
Anonを病院へ連れて行くときも、いつもは置いていかれると吠えるけど
その時は玄関でお座りして鼻を何度か鳴らしていた・・。

やはり、人間よりも犬の方が正直で素直です。

Anonをペットショップから連れて来た時も僕一人、そして旅立たせる
時も一人です・・。

Anon・・一緒に居てくれてありがとうね。

Posted on 2015/05/21 Thu. 08:48 [edit]

CM: --
TB: --

0520

Anon、帰宅しました。  








※下の方にAnonの写真があります。そういう関連が
苦手な方は見ないでスルーして頂ければと思います※


病院からAnonを連れて帰って来ました。
それまで晴れていたのに、何故かまた雨が降り出してしまいました。
病院でAnonと対面、亡くなった後に汚れたままで連れて行きましたが
驚くほど綺麗にしてもらい帰って来ました。

頭もお腹も綺麗に縫い合わせて貰い、Anonは寝ているだけの様な
感じがします・・。

皆さんから沢山のお花やオヤツを頂いたり、そしてお悔やみの言葉も
本当に沢山の方から頂きました。
皆さんの応援に支えられAnonも僕も何とか10ヶ月間頑張って来られたと
思います。本当にありがとうございます。

病院からの帰り、安太郎の兄弟犬ケンのお家へ寄らせてもらい
みんなとお別れも出来ました。

帰り道もずっと雨でしたが・・
高速から見えた虹、何故か丁度自宅の辺りから伸びていました。
運転しながらずっとAnonに話し掛けて・・
明日の午前中には、いよいよAnonとお別れです。
Anonの顔が見られなくなるのは寂しいけど・・



自宅に帰って来て・・
Anonの写真を撮りました。あんなに苦しんでいたのが
嘘の様な顔をしています・・。

前脚を握ったら冷たかった・・
麻痺していて、これまでも冷たかったり暖かだったりしていました。
いつもと同じように手で握り暖めてあげました・・。






IMG_2942.jpg

IMG_2951.jpg

Posted on 2015/05/20 Wed. 21:06 [edit]

CM: --
TB: --

0519

通院、アノン最後の仕事だよ。  



閉院まぎわに病院へ連れて行きました。
アノン最後の通院と最後の仕事です・・。

また、明日の夜に迎えに行ってきます。
明日はアノン、最後の仕事です。
アノンの脳や脊椎、内臓を調べ何が解るかのか・・
もう十分、NCLで亡くなった犬のデータは集まっている
筈ですけど、ほんの少しでもアノンの身体や脳が
NCLで苦しむ犬や飼い主さんの為になればと思います。

これまで10ヶ月も苦しんできたけど、アノン最後の仕事だから・・。

という事で・・
アノン、今日の17時過ぎに亡くなりました。

3歳1ヶ月と5日でした。
昨年、7月19日に最初のてんかん発作を起こしてから
丁度今日で10ヶ月でした。
本当によく頑張ってくれたと思います。

朝もいつもよりたくさん食べて、しっかり飲み込めていました。
おしっこもンコもお昼にはちゃんと出来ていました。
夕方、アノンの隣で横になっていました・・
アノンは動きも鳴きもせず、眠ったまま呼吸が止まった様です。
発作で苦しまなくて済んだと思います。

僕に何か一言くらい挨拶したりしてから逝っても良かったのに・・。

思いの外、僕のダメージ大きいです・・。
いろいろ書きたい事はありますが、また後にでも。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

8478326728_63e1e91480_b.jpg


11205761_448814291948157_595823734_n.jpg

Posted on 2015/05/19 Tue. 21:03 [edit]

CM: --
TB: --

0519

氷山の一角  








たまたま聞いた話ですが・・
これまで飼っていたボーダーが「てんかん」という診断で亡くなった。
具体的には何も了解を得ていないので書きませんけど・・。

確かに「てんかん」の発作は起きますから間違いでは無いでしょうね、
でもその獣医師がNCLという遺伝病の可能性を考えていたかはどうかは解りません。

これまでNCLと検査結果が出て亡くなった犬の他に
相当数、NCLで亡くなって行ったボーダーも多いことでしょう。
現在、NCLで亡くなったボーダーの頭数って氷山の一角みたいものかもしれませんね。

獣医師さんも滅多に出ないような遺伝病の判断をするのは難しいと思いますけど、
今は多くの検査機関でNCL遺伝子検査が可能ですから・・。
ボーダー=遺伝病と思われるのも嫌ですけど・・。

1歳前後のボーダーコリーを飼っている方は、NCL(CL病)について
最低限の知識は持っていた方が良いかと思います。

海外の取り組みが全て良い訳では無いのでしょうけど・・
日本の行政が直ぐに取り組むのが難しいのなら、他国の様にケネルクラブ等が
何とかしようと動かないものですかね??

僕はその手の団体等については詳しくはありませんけど・・
他国のケネルクラブの様に繁殖の制限を付けたりとか出来そうに思いますけど、
以前も問い合わせた感じでは、それほど深刻にも考えていないし興味も無さそうでしたからね。

新たにボーダーだけの血統書を発行したり管理したりという団体でも出来ないものですかね・・。

Posted on 2015/05/19 Tue. 08:56 [edit]

CM: --
TB: --

0518

ペット保険更新  








今朝、今晩とAnonの食欲は少し戻ってきたようです。
最初に下痢する前の量を一度にしっかり食べてくれています。
これまでは以前の量の1/10とか、1/2を食べるのが精一杯だったんですけど。
舌や口の動き方も、これまでに比べると滑らかで上手く飲み込んでいます。

まぁ、日によって全く違うので明日にはまた元に戻っているかも知れませんが・・。
食事後に毛の手入れをしましたが・・
以前よりもまた毛量が少なくなりました。特に脇腹?あたりは、その辺の禿げ頭オヤジの
スダレ髪みたい感じになって来ています。

地肌が赤くなってくるのはステロイドの影響と聞いていますが、
皮膚が乾燥しているのか、カサカサしてフケ状になってしまっています・・。
まさか水分が不足?? 熱が高いからですかね??
やっぱり薬の影響でしょうか・・まぁ、何が原因でも別に驚きもしませんが・・。

さて、Anonのペット保険。
7月から更新されて新しい保険料になります・・。
これまでが月払いで3,440円を毎月支払っていましたけど、
7月からは月に4,050円に上がります。
まぁ、この10ヶ月間で268,053円も負担して貰っていますからね。
それでもまた月4,000円程度で保険が使えるのは有り難いのですけど。

なんと言っても代理店はAnonが居たペットショップですから・・
保険料の値上がりも当然把握していることでしょう。手数料も入りますしね・・。

しかし、兄弟犬のりく君同様にペットショップが支払ってくれるという
医療費はペット保険無しの金額で出して頂きたいものです。
いくら、過去3年間の保険料も出すと言われてもねぇ・・・
兄弟犬によって対応が違うのはおかしいですょ。
ペットショップがその分、繁殖者に請求すれば良い話だと思いますけど。
まぁ、領収書通りの金額を払うというのは常識で知っていますけど・・・。
その分を別な項目に付け足すとか出来るでしょうに。

で、何度も繰り返すけど・・・
医療費の支払いも慰謝料も要らんから、AnonのNCLを治して
元の元気な状態に戻してくれれば解決ですよ。



Posted on 2015/05/18 Mon. 20:05 [edit]

CM: --
TB: --

0518

驚いたというか、笑ったというか・・  



珍しく目を閉じてAnonが寝ていました。


そのAnon、24時間以上オシッコが出なく、いよいよ無尿症?
と思っていたけど、朝食後にちょっとだけ膀胱を圧迫して出ました。
ンコもまたいつも通りに出してあげる。

その後、落ち着いたのかぐっすり眠っています。
ここ数日、結構な量を食べられるようになってきているので
少しでも体重が減らないと良いのですけど。


で、違う話ですけど・・
Anonがいなくなった後に仕事を始めなければいけないので、
今のうちからネットの転職サイトいくつかに履歴書や職務経歴書をアップしておきました。

ウチへ来ませんか?とか面接に来て下さいとか、たまにメールが来ています。
どこの会社も履歴書や職務経歴書をしっかり見ているの?という感じもしますけどね・・。
前職の同業他社に行けば一番手っ取り早いのですが・・
あの腐りきった業界はどこの会社も同じですからねぇ(-_-;)

今朝になってまた企業側からメールが来ていました・・
なんと「ペットショップ」(笑)
僕がこんなBlog書いているとは知らないだろうなぁ・・
驚いたというか、笑ってしまった・・。

「お客様に夢を売る仕事」とか勘弁して下さいって感じです。
札幌にも確か一店舗あった筈ですけどね、犬や猫が好きな人は入らないでしょうに。
入ったとしても幻滅して直ぐ辞めるとか・・。
これからは生体の販売止めますよとかであればまだしも。

僕には命を扱う事を仕事にするなんて、とてもとても・・責任が大き過ぎて無理ですょ・・
自分の手で犬猫を冷蔵庫に入れるのも、持ち帰るのもごめんですよ。

Posted on 2015/05/18 Mon. 11:40 [edit]

CM: --
TB: --

0517

なぜ伝わらないんだろう??  



動画は先日と同じ様子ですけど、今晩の食事後です。
前回程では無いけど、また発作?痙攣?が起きました。
最近は毎回、この程度の発作で済んでいて以前様な全身硬直・遠吠え・失禁
というものは出ていないけど、きっと発作は発作で同じ様なものでなんでしょうね。

いつもBlog、その他でAnonの遺伝病やパピーミル、ペットショップの
事を書いたりしてますけど、なかなか上手く伝わりませんね。


誰が良い悪い、何を書いたら悪いとかでは無くて・・
まぁ、伝わらない人には伝わらないと思っていますし、僕が口を挟む事でも
ありませんし、それを非難する訳でもありません・・。


結局は自分がペットショップで購入した犬が遺伝病で死んでしまわないと
解らないんでしょうね。
僕のように人間は痛い目に逢わないと理解できないのかもしれません。

どういう犬がどんな場所で繁殖されて店頭に並んでいるかなんて
想像もしないんでしょうね・・。
それだけ、ペットショップの広告や戦略が上手いって事か・・(-_-;)

Posted on 2015/05/17 Sun. 20:53 [edit]

CM: --
TB: --

0517

NCL(CL病)、最初に出た症状  








皆さんのご協力でこのBlogのことをInstagramやFacebook、またご自分のBlogで
ご紹介いただき、毎日沢山の方々に見ていただいています。
ありがとうございます。

メールで問い合わせを頂きました。
ご自分が飼っているボーダーの様子が最近おかしい、NCLの最初の症状は
どうだったのか?という内容でした。

僕は獣医でも何でも無いただの飼い主なので以下記入することには
正しくないことも含まれているかもしれません。
僕が見てきて覚えているAnonの状態です。

以前のBlogは全て消してしまったので・・その時の記録があれば
詳しい日時まで解るのですが。

・1歳6ヶ月頃より、散歩時に毎日会う犬で毎回挨拶も出来た他の犬に
対して怖がるようになった。
・フードを何故か一粒ずつ口に入れたり出したりをやり出す。
・安太郎に対して突然吠える(食事の時)
・いつも寝る場所と違う所で寝る。
・音に対してビクついたり異常に敏感になる
・安太郎が寝た後とかに自分の足元に来て顎を載せたり、それまでより甘えが酷くなった。

Anonの場合は上記の様な状態ですが、同じNCLの発症犬でも
最初の症状とかは一頭一頭違いはある様です。

心配な事があれば病院へ行くか・・
きっと初期の状態を診て、NCLかも?と判断が付く獣医さんって少ないのだと思いますが。
あとは検査キットを取り寄せたり、病院で血液採取してNCL遺伝子検査をするか・・。

どんなペットショップやブリーダーさんでも過去に利用した所は
信用出来ると思い込んでしまうかも知れませんが、NCLやTNS・CEAに付いて
説明して貰うと良いと思います。
しっかりと勉強した人であれば、症状から脳の中で何が起きているか?
その他、統計上の数値まで言えると思いますよ。

逆ギレしたり、ただ大丈夫ですょとか、混合ワクチン打っているから平気
とか言うお店とかもありましたけど論外です(-_-;)

飼い犬の様子がおかしければ、まず病院でしょう・・。
試しに購入したお店や、ブリーダーさんに質問してみて彼等の
知識を問うというのも有りでしょうけど・・。
性格の悪い僕であればそれをやるでしょうね・・。Anonの件、以降はペットショップの
言うことなどは信用出来ないとよく解りましたけど・・。


以下に発症と解るまでのAnonの状態をまとめた記事や
てんかん発作を起こしてから段々、歩けなくなるまでの動画を
まとめた記事もあります。

・NCLと判明するまでの「まとめ」

・動画のまとめ・・かなり長いです。

Posted on 2015/05/17 Sun. 00:12 [edit]

CM: --
TB: --

0516

5月16日 今日のAnon  








前回、下痢をしたのが12日でそれ以降は出て居なかったので
前と同様に病院の先生からもOK貰っているので・・・
また指で出してあげました。
いつも汚い話で申し訳ないのですけど・・。
こういう時にゴム手袋等をつけてやるのが当たり前なんでしょうけど、
どうも感覚が解らなくて苦手です。

爪で腸壁を傷付けないようにヤスリで爪を丸め、手指を消毒して
ゴム手袋無しでやりました。
この方が体温がどの程度かも感じられるし、僕はやり易いです。

以前、病院で歯茎がかなり白くなっているから貧血気味なんだろうと
言われましたが、今日はその時にも増して真っ白・・
安太郎の歯茎と比べると違いが明らかでした。

脳に老廃物が蓄積されると貧血や下痢になる??
その仕組みがただの飼い主の僕にはよく理解できませんが、
まぁ脳が萎縮?すれば身体のあちこちの機能は落ちるんでしょうね。

舌や口の麻痺はまた進んだ感じがします。
フードを食べさせる時も、ふやかしたものを手で半分程度に
小さくしないと飲み込めません。
やはり舌や口の右側の方が動きが悪い様子、その為なのか噛み合わせが
悪くまた上の口から出血してしまったり・・。
出来るだけ歯が当たらないように、顎を押さえながら食べさせているんですけど。


Posted on 2015/05/16 Sat. 20:54 [edit]

CM: --
TB: --

0514

3歳1ヶ月になりました!  








忘れていた訳ではありませんが・・・(^_^;

今日でAnon、3歳1ヶ月になりました!
まさか3歳の誕生日は無理だろうと思っていて3歳を迎える事が出来て、
3歳1ヶ月は無理だろうと思いながら今日を迎える事が出来ました。
沢山の皆さんが応援してくれたおかげと思っています。

ここ1ヶ月の状態は、もう今日でダメか・・の繰り返しでした。
現在は下痢も止まり、発作や痙攣も少なく比較的落ち着いているのですが
周期的に少し良い・悪いを繰り返している様な気もします。

いろいろ複雑な気持ちにもなりますが・・・

無くせる筈の遺伝病はもう出さないで欲しいものです。
繁殖者やペットショップの方々は、犬猫がお金に見えてしまう
人も居るとは思いますが・・。
飼い主にとっては大切な家族の様な命を扱っていると自覚してほしいものです。

繁殖者、ペットショップともNCLやその他遺伝病の犬猫を
作り出したり、販売すれば大きなリスクやペナルティーが
あると言う事もしっかり考えて下さい。
国内だけでは無く、海外でも違う意味で有名になってしまいますよ・・。

現在の様な犬猫等の流通や販売システムは近い将来は不可能と
なると思います・・。
自社が生き残りたければ真面目な商売をして下さい・・。
生体の仕入れ先は現在のままで大丈夫ですか??
僕が心配する事では無いのでしょうけど。
大丈夫であれば、Anonやりく君の様な犬達は売られていませんよね・・。

何度も書きますが・・Anonが亡くなり金を払って終わりではありません。
今後に向けてどの様に取り組むかが大切でしよう

これから犬を飼おうと考えられている方々・・
どんなに綺麗で接客が良いお店で売られている、綺麗で可愛い犬や猫。
その親犬が育てられている状態は想像出来ていますか?
パピーミルと言われる繁殖者の小屋は見た事はありますか?
しっかりと調べ、勉強しないと僕やAnonの様になります。

遺伝病なんて滅多にあるもんじゃないから大丈夫と思っているのでは??
遺伝病はCL病(NCL)だけじゃありませんし、ボーダーコリーだけの
ものでもありません。
繁殖者やお店で親犬の各種遺伝病検査結果の証明書を見せてくれなければ
考え直して下さい・・。

本当に信用出来るブリーダーさんを探して下さい、自称ブリーダーさんも沢山
居るでしょうし遺伝病検査結果の証明書、血統書が本物かどうかもじっくり
確認しましょう。

これ以上、苦しむ犬や飼い主さんを出さない為に可愛いだけで
お店から犬を連れ帰ってはいけません・・。


Posted on 2015/05/14 Thu. 23:55 [edit]

CM: --
TB: --

0514

安太郎の散歩  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/05/14 Thu. 13:39 [edit]

CM: --
TB: --

0513

いろいろな問題・・。  







これまでは何も書いてきませんでしたが、今後NCLに限らず
長期間の介護が予想される場合に安楽死か自然死かと悩む方が
何かの参考になればと、我が家の問題を書いてみます・・。
他人に話したりするような内容では無く恥ずかしい事なんですけどね・・。


AnonがNCL発症と解ったのが昨年7月末でした。
その時の僕は無職、一昨年の7月それまで勤めた会社で所謂、パワハラ等で
同僚や部下が自殺したり・・そんな中で矛先は僕に向かってきた中で
精神的にすっかり参ってしまい退職しました。
会社辞めても生きてりゃ何か良い事もあるかも知れないって感じです。

退職してから1年過ぎて、そろそろ新しい仕事を見付けなければと思っていた
矢先にAnonがNCLの発症犬と解り、その時は既に2歳3ヶ月。
安楽死の説明、掛かり付けの病院でも今の病院でもありました。
NCLだと多くの犬が2歳数ヶ月で無くなっているし、いま安楽死を選択しても
しなくても後1〜2ヶ月の命だろう。
それならば、あと少し一緒にいてあげようと自然死を選びました。
妻も当初はそれに賛成していたのですけどね。

NCLの平均的な死亡月齢を過ぎても頑張って生きているAnonですが、
いろいろな家庭の問題も出て来ます。
長期に渡る介護疲れ、妻も僕もピリピリしています・・
連日の寝不足、体調不良など、妻は更にパートにも行っていますから
疲れは僕以上なのでしょう。

仕事を辞めて1年以上も経てば収入面の不安も出て来ます。
それが原因でいつも大喧嘩・・
妻にすればAnonの事は大事だけど、いつまで仕事もしないで家に居るつもり??
というところでしょうかね・・。
今は元気な頃の半分まで体重も減り、下痢したり食事も満足に
取れないし近いうちにAnonは死んでしまう。
今更、職を探すにしても50過ぎてバイトすら雇ってくれる
所も少ないから、焦らずにと言っても納得する筈もありません・・。
口にこそ出さないけど、もうAnonは何をやっても死んでしまうから仕事に行けと
いつも目や態度が訴えています・・。

今回のAnonの介護が長引いているのは稀な事だと思いますけど、
NCLにしても癌にしても、自然死を選択するのは簡単ですが介護を続けていくのは
当然ながら大変です・・。

金銭面ももちろん大変です、貧乏人は犬猫を飼うなとよく耳にしますが
我が家の様に経済的な余裕が無いところでは大変なのかも。
精神的な面でも本当に大変です・・・
仕事で精神的に参り辞めているだけに、病院へ通っていても退職後の1年間は
出歩きも殆ど出来ず寝ている事が多かったです。
それに輪を掛けて、Anonが死んでしまうという精神的な負担、介護が長引き
寝不足が続いたりという精神的な負担がプラスされます。

最近は寝ているAnonが脚をバタバタと動かして何か苦しそうだと・・
喉が渇いたのかもしれないから水を飲まそう、体温は上がっていないか、室温は?
寝ている向きを変えてやろう・・それでもまだ脚をバタバタさせて
苦しそうにしているのを見ると、本当は何がして欲しいんだろう?
それが解らなくて気が滅入ります。
脳の病気ですから発作か何かでAnonは無意識に脚を動かしているだけかも
しれませんが、やはり見ているだけなのは辛いし精神的にも追い詰められてきます。

これまで何度も言われたり書かれたりしていますが、飼う時に勉強しなかった
安楽死か自然死かと選択する時も現実を考え無かった僕の責任ですけど・・。

だからと言って、ここまで来てAnonを安楽死させるという事は無いです。
最後まで一緒にいて、その後バイトでもパートでも働ける所があれば
働きましょう。

Posted on 2015/05/13 Wed. 16:10 [edit]

CM: --
TB: --

0512

キャリア犬について。  







NCLの事を書くと必ず出てくるのがキャリア犬の話です。
キャリア犬は健康上何も問題はありませんが、繁殖には向いていないと言われている
事が多いのですけど。

以前も書きましたが、クリア×キャリアでは発症犬は生まれません。
ただキャリア犬は生まれてくる可能性はありますよね。
現在の日本でキャリアを繁殖に使うなとかという法律も何もありませんから、
繁殖する方の自由ですし、これまでクリア×キャリアの繁殖をしている犬舎もありました。

欧米ではクリア×キャリアの繁殖は通常通り行われているのでしょうが、
今の日本ではそのキャリアの犬が死ぬまで、作り出した繁殖者の方が
チェック可能なの?という疑問も僕はあります。
「この子はキャリアですから繁殖は禁止です、一筆書いて下さい」と言っても
繁殖させる人は出て来ますよ、クリア×キャリアであれば問題ないんだろう?と。

それであれば必ず避妊・去勢手術を作り出した繁殖者側が責任を持って
行うとかしないと、また何処かで偶然にキャリア×キャリアが出ないとも限りません。

現在の日本の動物関連法案やJKC等の遺伝病に対する取り組みだと
とても欧米諸国と同様のクリア×キャリアの繁殖には無理があると僕は思います。
その繁殖者が自分が作り出したキャリア犬を何処まで責任を持ち追跡管理できるのかという
事にもよるのでしょうけど・・。

真剣にボーダーコリーに向き合い勉強している繁殖者ばかりではありません。
所謂、パピーミルとか自称ブリーダーさんがそうですよね・・。
遺伝病の知識も毛色の知識も何も無く、ただ交配させ生まれた子犬をペットショップへ卸すだけ。
仮にそんな繁殖者達がもし、繁殖犬の遺伝子検査をしていたとしても
クリア×キャリアだから発症は出ないから繁殖させるのは容易に想像できます。
そして買う側も知らないうちにキャリア犬を買ってくる、可愛い!大会で良い成績出したから
子供を産ませよう!と素人繁殖が始まらないとも言えません。

日本のような犬猫に対して未成熟・発展途上?みたい所では他国とは同様の
繁殖者のモラルなど持っていない人も居ますし・・。

NCLの発症犬を飼っている僕からすると、どんなに繁殖者が問題ない・管理もしっかりしていると
言ったとしても、クリア×キャリアはどうにも怖いというか、悲しいというか・・。
そういう感情が先に出てしまいます。


Posted on 2015/05/12 Tue. 11:12 [edit]

CM: --
TB: --

0512

また下痢だ・・・  







安太郎を1時間程度、散歩に連れて行き帰宅すると・・・
またAnonが下痢をしていました。

不快でかなり動き回ったのか、身体も部屋もンコだらけ・・・
すくにAnonの身体を洗い、乾燥させて。
下痢止めの薬を飲ませ・・。

床なども拭きながら、ちょっとの時間だからと思って
目を離してしまったのがAnonに申し訳なかった。

きっとこれからも下痢が続いたり、止まったりを繰り返して
いくんでしょうね。

Posted on 2015/05/12 Tue. 10:39 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top