0510

会社による違い  








コメント、メールでAnonや安太郎が居た以外のペットショップでの
遺伝病等に対する取り組みをお聞きすることが出来ました。

私達、一般の飼い主にはペットショップ側の取り組みなどを聞く機会も
そうそう、滅多にありませんし。
ましてやペットショップや繁殖屋はどうなってるんだ??という事を
書いているBlogにコメントやメールをいただく勇気にもとても感謝しております。

先ず、感じた事。
同じペットショップでも会社が違えば、取り組みや考え方も随分違う
もんだなぁと・・。

遺伝病や感染症等の病気の犬が出て、どうする?どうする?ではなくて
しっかりとしたところは、いかにそういう生体を出さない様にしているか。
その為にはどの様にやっているのか?
詳しい内容までは書けませんが、なるほどねぇ・・です。

生体・命を扱う企業としてどう考え、どう取り組むのか。
企業としての危機管理がどの程度まで考えられているのか。
やはりまったく違うもんですね・・。

やはり店舗の清潔さとか接客の良さは当たり前なんですょ・・。
何処からどんな生体をどのように仕入れ管理しているのか?
そこがしっかりしていないと、Anonの様な犬はこれからも出て来るのでしょうね。

ペットショップを一括りにして生体販売はダメという方も多いとは
思いますが、しっかりやっている会社もあるんだなぁと感心しました。

やはり見掛だけでは無く、飼う(買う)側がいろいろとお店についても
調べないとダメですね。

今回のコメント、メールとても勉強になりました。
ありがとうございます。

Posted on 2015/05/10 Sun. 15:04 [edit]

CM: --
TB: --

0510

通院日 5月10日  




二週間ぷりにAnonの通院でした。

体重は想像通り9.6kgまで減っていました。
とうとう10kg切った・・昨年の7月以降、
元気な時のほぼ半分まで体重が減りました・・。

この二週間の様子を先生に話し、肛門周辺に固い便が
溜まっている時は指で出してあげて良いと、その時に多少
出血はするが全く気にする必要無しと。
先生、その場でわざわざ出してくれました・・。

目はそのまま人工涙液を点眼しておいて良いらしい・・
右角膜に少し傷が付いている様でした・・。
特にこれに対しての治療は現在はしないと。

肛門周辺の固い便を出して貰った為か、帰宅すると
大量に出ました。下痢もしていなくて一安心かも。

あとは亡くなった後の検体のこと・・
脳や臓器を取り出すのに必要な時間。
検査後の結果は教えて頂けるそうで何となく安心。
安心というのも変な話ですけどね・・。

Posted on 2015/05/10 Sun. 14:24 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top