0526

【まとめ】これからのペットショップはどうすべきなのか? コメント。  







皆さんからのコメントを沢山頂きました。
少々、読みにくくなったので一カ所にこれまでの意見としてまとめました。

------------------------------------------------------------------------------------------
うーん、そうですねぇ。。。
ペット業界のことは詳しくは知りませんが、やはりペットショップの業務形態は見直すべきでしょうね。
10年20年かかるかもしれないですが、いずれショップでの生体販売にはなんらかの規制がかかるようになることは間違いないと思います。
ネットで色々見ていましても、このひぃさんにおかれましてもですが、ペットショップで購入したペットになんらかの問題があったときに、ネット上でそのことについて質問している人に対して「そんなのペットショップで買うからだよ!!」という声はかなりあるようなので、ペットショップにいいイメージを持ってない人はだいぶ増えてきているのではないでしょうか?
今はまだかわいいぃ〜というだけでアクセサリーを買う感覚で購入する人も多いのかもしれませんが、その方達がそのペットが亡る約10年後にまたそのお店でペットを購入するでしょうか?
消費者だってバカではありません。
それに、日本人はブランドが好きな傾向にありますので、これからは質の良いものをペットにも求めてくる時代になるでしょう。
これからはいい顧客と末長くおつきあいできる店舗展開されて行かれた方が良いかと思います。
まぁそんなこと私が言う事でもないんでしょうけど、人間と同じでこれからはペット業界もシニアに対するケア商品やサービスなどが伸びてくる時代でしょうし。
ブリーダーさんとのおつきあいもしっかりした方に限って行かなければ、そのうちどこかで訴えられたり、メディアに取り上げられたりされることでしょう。
今は民法ではペットは動産扱いなので、訴訟が起こしにくい仕組みになっていますけど、これもそう遠くはないうちに見直される事になると思います。
フランスでも去年見直されましたし。
そうなると、ちょっと面倒なお客さんに、今のひぃさんのような事が起こりでもしたら。。。ご想像くださいませ。
日本のペット業界が「From札幌」で新しい形で出発されることに期待しております。
北海道はやはり日本の中でも注目の土地ですからね。
楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------------------

改めて読むと長いコメントで申し訳ありません。笑
今度も長いです。

具体的にみなさんはどういうことをペットショップに求められているのかというのは私も気になります。
私は、日本にいる頃は自分でペットを飼った事はないのでペットショップに入ったこともありませんので、どんなところがよく知らないのです。笑
ペットショップとは現在どのようなところなんですか?笑
ペットを購入するだけの為にあるんですか?それともペット関係の商品も充実しているのでしょうか?
もしそうならば、そのお店でペットを購入した時からお客様とのおつきあいが始まるのですよね?
その後、そのペットが10数年生きるとすれば、フードなどそのお店でずーっと買い続けていけるような関係が欲しくないんでしょうかね?
みなさんそうされているんでしょうか?
もしそうなら、これからはそうですねー北海道ですし、第6次産業も絡めて(これ好きなんです。笑)北海道産のオリジナルブランドの安全おいしいおやつやおもちゃの開発とかもおもしろそうですけどねー。
フードの開発は欧米にかなり劣ってますからね。
そしてやっぱり国産がみんないいでしょうしね〜。
フードは重いので自宅無料配送とかしてくれると、車に乗らない私などは重宝しますね。
ペット業界はこれからもまだ発展していく分野でしょうから、アイディア次第でももっともっと素敵に面白くなっていけるはずなんですよね〜。しかも北海道。笑
まだあまり広まってないだけで、もう誰かが動き出してるんでしょうかね?
それともこれから誰かが動き出してくれるんでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------------------

簡単に・・
僕の考えとか思いを書くと、この項目が完結してしまうような気もしますがとりあえず簡単に。と言っても、きっと長文になります。

今後のペットショップはどうなるんでしょう??
アノンや安太郎が居たペットショップは道内では大手とされていますよね。
もっと多い店舗数のショップはありますが、そこはどこのお店も評判はよろしくないようで・・。
アノン・安太郎のペットショップの各店店長さんやスタッフの方は、これまで違う業界で接客販売に20数年携わって来た、僕から見てもそれは素晴らしいものでした。このスタッフさんならばウチの店舗に欲しいとか思うくらい。それ故になのか、このショップの固定客はかなり多いだろうと簡単に想像出来ます。店舗も何処のお店へ行っても綺麗ですし。用品の品揃えも豊富です。

ペットショップで遺伝病の生体が売られていた、これまでも有った筈です。
ただNCLの様に2〜3歳の早い時期に死亡までと言った事例はあったのか無かったのかわかりません。
生き物を売るという事は大なり小なりそういうリスクは必ずあると思います。
しかし、今回のアノンとりく君のNCL発症。もしかするとここで販売された多の兄弟犬も発症で亡くなっているかもしれません。

先ず繁殖者が一番の問題です。ここで住所氏名・電話番号等を全て出してあげたいくらいに僕は憎い。
この繁殖者だけではなく、安太郎の繁殖者もNCLなんて遺伝病があるんだというレベルだったとか??
法律で彼等を縛るのが一番でしょうが、法律の事や病気の事はそれぞれの専門家にやって頂くのが一番です。

飼い主レベルから見ると、HPにここには獣医さんも居るから安心とか思ってしまいます。
生体を売り続けるならば犬種ごとの病気、遺伝病等、考えられる事は全て
やっておくべきでしょう。
もし、今後ここのペットショップにおいて「当社は遺伝病検査をした親からの子を販売しています」等の告知を出したとすれば、今後一切の言い訳は出来なくなります。遺伝病の検査をしていると言ってコレか!となるでしょう。やるならば中途半端は止めてとことんやってほしい・・。
それで在庫の子犬が少なくなったり、価格が上がるのは仕方がありません。
場合によっては1年程度待てるのならば、予約販売という形にした方が
いま問題になっている飼育放棄とやらも減少するでしょう。

ペットショップがオークションで犬を仕入れたりは論外です。
遺伝病の検査や飼育環境整備に応じない繁殖者は切るべきです、ただ切っただけではその適当な繁殖者の犬は余所に流れるだけですが・・。
場合によってはショップ側が金を出してでも検査や飼育環境を整備して
何の知識も無く繁殖しているパピーミルを教育し育てる責任もあると思います。これまでこういうパピーミルを太らせてきたのはペットショップなのですから、まともにしていくのもペットショップの責任です。

犬猫何%引きとか、何とかセールなどというものは生体に関してはやるべきではないと思っています。ホームセンター等に入っているペットショップのチラシなどで時々見掛けますけど・・。

もし、アノンと安太郎のいたショップが今後真面目に取り組もうとするのであれば、ここに書かれた皆さんの考えを検討する筈かと思います。
多分、それが最後のチャンスなんだろうと思っています。

まだまだ書きたいけど・・例によって全然まとまりません(´Д`)
----------------------------------------------------------------------------------

すみません。
今までちゃんと見たことなかったのですが、ショップのHP見ました。
なんかできること全てやってます!!と、いう感じでここの他にこれ以上の所はないような設備なんですね〜。
そして、オリジナルの道産のおやつなんかもありましたね〜。笑
健康診断もちゃんと受けてるのに遺伝病が出てしまったんですね。。。
やっぱり見直すべき点はそれなりにあるんでしょう。
これでひぃさんが仰るような点が見直されたらそれは素晴らしい店舗になるんでしょうかね?

------------------------------------------------------------------------------------

私の思ったこと、お伝えします。
アノンちゃんの出身のペットショップは、すでにアノンちゃんを亡くしました。売ったからもう関係ないではありません。もう二度と同じような不幸な子を創ってはいけない、二度と同じような不幸な飼い主さんを生んではいけないと思うべきだと思います。無知な、楽してお金を得ようとするパピーミルからは、命を買ってはいけないと思うべきだと思います。ペットショップは幸せを売る場所なはずです。わんちゃんと飼い主との幸せに繋がるべきです。
不幸にするところではないはずです。初心を忘れてはいけないと思います。少々きついでしょうか。でも本当のことです。

---------------------------------------------------------------------------------------

会社のHP、コンセプトの内容と実際が合致していませんからねぇ・・
遺伝病で苦しんだのは、りくやアノンだけじゃ無い筈ですよ・・。
それが原因で死ぬか死ななかったかの違いですけど。

仕入れ・・まともなブリーダーさんになればなるほど、ペットショップには
自分の犬など預けませんよ・・
そこをどうするかも問題だと思いますけど。
何かあった場合の対応も遅過ぎですし・・

僕ならばそういう点も含めて会社を立て直そうとしますけどね。

--------------------------------------------------------------------------------

そうですね。ちゃんとしたブリーダーさんが、大切な子ども達をペットショップには預けないですね。
生体販売は諦めた方が良さそうです。どうしても販売したいならば、ちゃんとしたブリーダーさんに頼み込むしかないですね〜。そうして飼い主さん、お客さんとの信頼関係を築いていく事が重要ですね。今は信頼無くしてますからね。
ブリーダーさんと契約して、全て予約販売にしたらどうでしょう。そんなペットショップないですよ。

----------------------------------------------------------------------------------

まぁ結局そこなんでしょうね。
ちゃんとしたブリーダーさんがショップに卸すわけない。
と、なるとやはり直接販売ではなく、中間業者?じゃないですけど、優良ブリーダーさんを紹介するような形になるんでしょうかね〜?

すぐに生体販売を中止なんできないとすれば、ひぃさんが仰るように衝動買いやおかしな客に売らないこだわり。でしょうかね?
いろんなサービスを設けている所なら、その犬種が欲しい人対象に簡単な事前講習会などを開いて、その犬種について(性格や適した飼育方法、病気やシニアに成ってからのことなど)せっかくいらっしゃる獣医さんやトレーナーさんに説明していただく。
その講習を受けないと購入できないとか?

----------------------------------------------------------------------------------------

うちの子が居たペットショップもお店の店員さんや店長さんは対応が良かったのですが、本社の人は今一でしたね。
遺伝病の事など質問しても「今は遺伝病なんてほとんど無いですよ?」位な返事でした。

ペットショップやブリーダーに義務付ける法律も必要ですが、飼い主になる私たちにも講習を受けて資格を取らなければならない法律があってもいいような気がします。

日本は動物を提供する側も迎える側も考えが甘すぎるかと思います。

でも現実的にはそんな法律を作るのは無理なのでしょうかね?10年20年掛かってでも海外のような環境になるようにしたいですね。

-----------------------------------------------------------------------------------

予約販売とか紹介となると、会社の売上げ目標という名のノルマを
これまでとは違う視点で考える必要が出て来ますね。

小売りは何処もこの「ノルマ」がある為に、会社や人によっては
無理な販売・接客になりがちです。HPや表では社会貢献だ、お客様と犬との楽しい暮らしなどと謳っていますが、現場は毎日冷や汗ですよ。
各ショッピングモールのテナントとして入ると賃貸料等は一般の飼い主さんが聞くと、驚くような金額です・・。
勿論、企業なので利益を追求するのは当たり前でしょうね、社員の生活も掛かっています。

いきなり生体販売中止とはならないでしょうね・・
在庫として店舗に犬をおくのであれば、その犬達すべてが様々な遺伝病検査を受けた犬でなければいけないでしょう。
飼い主への講習義務なんて面白いですよね。
それを受けたくない様な人は犬を飼ったとしても、簡単に手放そうとするでしょうし。

道南ボーダーさんは別の会社でしたもんね。
本部・・やはりそんなもんですね(笑)
面倒な事は適当に終わらせようとする業界なのでしょうかね?
そして、最後は気に入らなければ交換します・・。

自分が購入したボーダーがアノンのCL発症が解り、兄妹を探している真っ最中に心配になりお店に行って店員さんに聞いたら、嫌なら交換します。と
言われ憤慨していましたけど・・・。

これまでは何かあった場合、購入後一ヶ月以内に死亡したとかは同等の犬と交換しますと明記しているのが当たり前でしたけど・・
仕方の無い事ですが犬はやはり「商品」です。

-------------------------------------------------------------------------------------------

・第一にガラスに並べての生体販売を完全にやめて欲しい

・ほとんどのブリーダーはCLという遺伝病の名前すら知らないのだと思います。知らないようだったら検査も絶対実施されない筈… まずはちゃんとした知識を身に着けてから繁殖するべき。

・ショップがきちんとしたシリアスブリーダーから子犬子猫を仕入れたほうがいいと書かれる方もいますが、パピーミルは非常に低価格でショップに子犬を販売していて、シリアスブリーダーだと10倍くらいの値段になってしまって、ショップが儲かりが無くなる事なので現実的ではありません。

・ショップに子犬を販売するブリーダーは一頭1万円~高くても5万円くらいの値段です。
シリアスブリーダーさんが仔犬達や親犬に掛けている時間・軽費を考えれば
その10倍くらいの値段になる。結果的にショップの仕入れ先がパピーミル等の大量繁殖・安売りをしているブリーダーになってしまう。

・ショップに子犬を販売するブリーダー。 自分の繁殖した子犬を、一度も会ったことが無い人に平気で譲ることは、ブリーダーとして最低である。
自分の子達を愛していれば、絶対にその子が生涯過ごす家庭を自分の目で確かめてから譲るのは当たり前のことです。お金さえもらえれば誰でも良いという想いで繁殖をしているのなら、ブリーダーを辞めるべきである。

・ショップの店員さんがまったくボーダーコリーを理解していないと。このような人が新しいオーナーさんにきちんとボーダーの飼い方・接し方を説明できるはずがありません。遺伝病の説明・血統の説明・ショータイプやフィールドタイプの説明をできるスタッフは果たして居るのだろうか? こんなことも説明できなければ、販売する資格があるのか?と考えてしまう。

・最終的な意見はショップが改善するということはありえない事で、ウィンドウに並べての生体販売を完全にやめるべきだと思います。 
命ある子犬をただの「商品」扱いにするブリーダーも全て消えて欲しい。

--------------------------------------------------------------------------------------------

はじめて書き込みします。
色々な意見が出るといいですね。
ただ、議論の中で「生体販売」と「生体展示販売」は使い分けたほうがよろしいかと思います。
一部のご意見としては「命の売買はするな」と言うこともあるようですが
私は、良い繁殖をされた良い犬だけが高値で直接取引されることを望んでいます。
それは、本当に犬に対して愛情のある個人でなくてはできない気がしますが・・・
営利企業ができるかは疑問がありますが、頑張ってくれるといいですね。

------------------------------------------------------------------------------------------------

コメントありがとうございます。
ペットショップに求める事も人それぞれですし、感じ方もまたそれぞれですし。いろいろな意見や希望が書かれ、それをアノンが居たペットショップの幹部達がどの様に活かしていくのか・・または、一切無視するのか・・。
非常に興味を持っています。
いずれにしろ、一部の犬種で一部だけ遺伝病検査済みですという事は、やらないよりもやった方がマシだという考え方ですが・・
万が一、検査していない遺伝病が出た時はそこの会社の将来は消えるでしょうね・・。そこまで真剣に取り組む時が来ているのだと自覚して欲しいモノです。

良い犬が高値で・・これは僕も考えていました。
誰もが気軽に買える価格では、飽きたから・病気になったからと
飼育放棄が出て来ます。

この場合、問題はペットショップに大切な犬を卸してくれる所があるのか?
となりますけど・・。

----------------------------------------------------------------------------------------------

生体販売のイヤな所と言えばこうこうと電気のついたガラス張りのケースの中に何時間も子犬を閉じ込めていることに尽きます。
まだ親犬や兄弟犬と一緒に過ごし母犬からの免疫移行や兄弟犬との遊びの中で噛み加減を学んだりやりすぎたらそれを親犬が注意したりと言う大事な時期を無機質なガラスケースの異常な環境に置かれた子犬になんのメリットがあるのでしょう。

それとどれだけの人があの環境を異常だと思っているのでしょう?
親が子を連れ「わんちゃんかわいいね~」とやっているのがほとんどではないでしょうか。
テレビもそうですまだ何週間という幼犬をスタジオに連れて来て見世物にしているのを異常とは感じない人がほとんどではないでしょうか。
犬の命のあつかいが余りにも軽いと思います。
子犬時代なんてあっという間です。
そこからの先の長い犬生についてどれだけの覚悟を持っているのでしょう。
飼う人間が色々な理由をつけて捨てるのです。
生体販売するのなら捨てる人間に売らないでほしいと思います。

犬を売りたいのならスーパーやホームセンターの中では狭すぎます。
郊外に犬舎兼グッツショップをやってはいかがでしょう。
各犬種ごとに専門のスタッフを置き(24時間制夜は自宅連れ帰る)。
純血種エリアと保護犬エリアが半々くらいで見れる時間は午前1時間午後1時間のみ。
1頭につき10帖程のスペースが与えられていて親犬や兄弟犬とも過ごす時間もあり見に来た人が気に入った犬がいれば裏のドッグランで一緒にお散歩できるくらいの規模です。
勿論即日お持ち帰りはお断りですよ飼い主との面談も綿密にやりますし犬飼い初心者にはトライアルして適切な飼い方の出来る飼い主にしか売りません私たちのかわいい犬ですから!
くらいのショップがあっても良いのではないでしょうか。

命に値段をつけて売るのならこれぐらい犬にサービスしても罰はあたらないと思いますけどコストかかりすぎですね(笑)

というわけで生体販売より。
世界中日本中の優れたドッグフードや犬と楽しめるグッツに力を入れてくれたら本当に嬉しいですね。
生体販売やってる店では何も買わない人の数は思っているより多いですからね~
その層をも取り込めるようなグッツショップに移行していってくれたら見る目変わりますよ。
やるなら早い方がいいですよね全国に先駆けてなんていい謳い文句がつきますからね。

-------------------------------------------------------------------------------------------

以上、5月26日。まとめ

Posted on 2015/05/26 Tue. 23:29 [edit]

CM: --
TB: --

0526

アノンの病理組織学的診断書  




「これからのペットショップはどうすべきなのか??」

引き続き皆さんの考え、ご意見等を書いて下さい。
ボーダー飼い以外の方もどうぞ!遺伝病は他犬種にもあることです。
皆さんの考えをペットショップに伝えて下さい。

------------------------------------------------------



アノンの病理組織学的診断書が出来上がりました。
どの程度までの検査なのか、素人には解るはずもありません。

アノンがNCL発症と解った時点でこのブログを複数の大学の方が
見て頂いておりました。
結局、最後まで見続けて頂いたのは3校でした。
まぁ、それはどうでも良いのですけど・・。

既にこの診断書はそのうち1校の先生にお渡ししているので、今回は
敢えて文字を読めなくしています。
各研究機関の方々が見て頂いたとしても、何の参考にもならないブログですが・・。
何かの研究にでも役立てばと思ってきました・・。

さて、アノンはやはりNCL発症だった様です。
直接の死因・・になるのかな?死因とは書いていません、肺の検査項目に記入されているだけです。
書くかどうか迷いましたが・・・当初よりそのまま表に出すという事を考えてきましたので・・。

「誤嚥性肺炎」でした。
介護していて後半はアノンが上手くフードを食べられなくなったり、
水も上手く飲めなくなっていました。
首もアノン自身が保持する事が出来ずに試行錯誤の状態で食事を与え水を飲ませていた訳です。

結果的にそれが気管?に入ってしまい、肺炎を起こしたのでしょうね。
食事や水をとらせている時から大丈夫かな?と心配はしていました・・・。

結果的には僕の介護ミスなんでしょう・・
アノンに申し訳ないと・・
長く生きても何ら意味のある事では無いと解ってはいましたが、誤嚥性肺炎を
起こさせてしまったのかなと、申し訳ない気持ちでいっぱいです・・。

Posted on 2015/05/26 Tue. 16:47 [edit]

CM: --
TB: --

0526

一週間が経ちました・・  

459C1686.jpg


「これからのペットショップはどうすべきなのか??」

引き続き皆さんの考え、ご意見等を書いて下さい。
ボーダー飼い以外の方もどうぞ!遺伝病は他犬種にもあることです。
皆さんの考えをペットショップに伝えて下さい。

------------------------------------------------------

アノンが居なくなり、今日で一週間です。
あっという間の一週間でもあり、とても長い一週間でもあり・・。
人も安太郎も徐々に落ち着きつつあります。

この一週間でお悔やみの言葉、お花、おやつ等を沢山いただいた方々、
わざわざ自宅まで来て頂いた方々には本当に感謝致します。
ありがとうございました。

出遅れたペットショップさんからもお悔やみの言葉とお花を頂きました。
ありがとうございました。

また、未だに無視を決め込んでいる、キャリア犬を守ろうと・・発症犬を出さない事は
キャリア犬を排除することだと決め付け、ちょっと方向性がズレてしまった、アノンの
父方祖母犬の飼い主さんからは、何の連絡も無いのは残念ですけどね。
まぁ人それぞれです、ずっとキャリアであることを負い目に感じ犬と暮らすなんて
その犬も可哀想だとは思いますけどね。
余計なお世話でしょうけど、心配しています・・。

僕の知っているアノンの親戚系の方からは、とても暖かい言葉を掛けていただき
安太郎の事も心配していただき、人間と安太郎は少しずつですが前を向いて進もうと
している所です。

昨年、兄弟の「りく君」が亡くなり、今年アノンが亡くなりました。
長く生きたとか、何歳まで生きたというのは科学的には何も意味の無い事だそうです。
あちこちのHPなどに「CL発症の犬は3歳まで生きられない」とか書かれているのは
何の根拠も無い話が何処かで書かれてしまったようです。

まぁ、難しい事はお馬鹿頭の僕には理解不能ですからその辺は研究者の方々に
おまかせ致します。

3歳までアノンが生きても意味が無いことでは無いか??
それは薄々解ってはいました。
ただ、人間の勝手です。安楽死を選択しないことにより心が癒やされると勘違いしている?
僕の様な人間も居ますし、宗教上の理由で安楽死を選択しない人も居ることでしょう。
でも、今はそれで良かったのだと思うしかありません。

りく君やアノンはNCL発症で死んだ。それが事実です。
そして兄弟犬や親戚犬にも、多くのキャリア犬も居た、それも事実。

アノン・りく君の他に発症犬は居たのか?兄弟にクリア犬が居たのか?
これは何の理由なのか解りませんが、今後事実が解ることは多分無いでしょう・・

アノンの遺伝子検査の血液は民間の検査会社で判定をしていますが、
その他の兄弟犬、親戚犬、親犬と言われた犬の血液等は同じ研究機関に
集まっているのかも知れませんが・・そこで何か判明すると良いですね。
もっとも、結果を聞いても僕は理解出来る頭がありませんので(笑)
どなたか、僕にでも理解出来るように教えて頂けると助かります。

アノンが亡くなり、それでお終いでは困ります。
ごえもん君以来、何度それを繰り返してきた事か・・・
一般のレベルでは、自分の飼っている犬が発症じゃ無くて良かった。
ほとんどの方がそれでお終いになり、また次の発症犬が出る度に
血統は?犬舎は?となります。

そうならない為にも、素人飼い主レベルでも出来る事はある筈です・・
今回、アノンやりく君を作り出した繁殖者・遺伝病の事は知らずに販売し続けたペットショップは
それなりの代償は支払わなければなりません。金の問題だけでは無く・・。

それが前例となり、今後遺伝病の犬を出すとどうなるのか?
業界や一般の人達にも示すべきだと思っています。
それがあるにしろ無いにしろ遺伝病を素人飼い主のゆるゆる脱力系レベルで
続けて行きますけどね。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」・・・これでは発症犬を飼っていた飼い主も犬もたまりませんよ。
りくとアノンの死を文字通りの「犬死に」ならないように続けて行きます。


Posted on 2015/05/26 Tue. 13:08 [edit]

CM: --
TB: --

0526

安太郎くん、狂犬病予防注射。  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2015/05/26 Tue. 12:12 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top