0930

TNS(遺伝性好中球減少症 ) という遺伝病知って下さい!  







遺伝性好中球減少症(TNS)という遺伝病をご存知でしょうか??
勿論、知っている方は知っている。ボーダーコリーを飼っている方でも知らない方は知らない方も
当然いらっしゃると思います。
知らない方は是非、この機会に少しでも病気の事を知って下さい・・。

dog actuallyでは、
犬のゲノム研究が明らかにしてきたこと (12) - 白血球の遺伝病、遺伝性好中球減少症 (TNS)
で、2013年に記事になっています。

JBCHNにも、 TNS(捕捉好中球症候群)にも症状等が書かれています。

病期に付いての説明は最近では、ブリーダー紹介サイトにも書かれていますが・・
NCL同様に、やはり現実の声や状態を見て頂いた方が、他の飼い主さんもより身近なものとして
実感出来るだろうと思います・・。

既にご存知の方も多いとは思いますが、TNS発症犬のFIOちゃんを飼っている
FIOパパさんのブログがあります。
その中で、雑誌の取材を受けられた時の原文が書かれています
雑誌Wanの原文

FIOパパさんには、アノンのブログでTNSのこと・FIOちゃんの事を紹介して
リンクを貼らせて頂いても良いかとお願いし、快諾して頂きました。

FIOちゃんは今年5月に4歳になりました。
何度も調子を崩しながらも、しっかりと頑張り生き続けてくれています。
FIOパパさんも表にこそ出しませんが、致死性遺伝病の発症犬を看るという事が
どれだけ辛く、負担に感じるかは容易に想像出来ます。

しかし、NCLに限らず致死性遺伝病の発症犬を飼っている飼い主さん、
飼っていた飼い主さん達の思いは同じかも知れません・・。
「TNS、NCLなどの遺伝病で苦しむ犬をもう見たくない」
実際にアノンの面倒を見ている時、僕自身もよく思っていました。

是非皆さんにTNSの事、FIOちゃんの事も知って頂きたくブログに書かせて頂きました。






Posted on 2015/09/30 Wed. 19:47 [edit]

CM: --
TB: --

0929

犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明  








犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明

朝日新聞デジタルより。


詳細は記事を読むと解りますけど・・
実際はもっと多く死んでいるんじゃないかと思いますよ。
この繁殖業者やペットショップなどに提出が義務付けられた「犬猫等販売業者定期報告届出書」って
繁殖者やペットショップが自分で記入して出すと思いますが・・。
あまり死んだ数が多いと、「こりゃ不味い」となって実際より少なく記入されているでしょう。
正直に書いて、調査とか入られるの困りますから。

この2万匹という数字が多いのか少ないのかは、それぞれ考える所もあるでしょうけど・・。
やっぱり、ペットショップで生体販売しちゃダメなんですよ、ペットショップで犬猫を
買うのもダメです。
繁殖者も免許制にして、しっかり取り締まらないと・・。
ペットショップやオークション、ネット販売している繁殖者は特に厳しくですね。




Posted on 2015/09/29 Tue. 20:04 [edit]

CM: --
TB: --

0926

結局・・・  








数日前からずっとモヤモヤして考え続けていました。
怒りが収まらないというか・・

NCLの発症犬を繁殖させた所と、発症犬を飼い看取った側とでは
何をどう伝えようともお互いに理解したり納得したりは出来ない。

そんな彼等にどう何を叫び訴えても無駄だったのかもとれません。
犬が売れてなんぼの世界ですから・・沢山生産して沢山売るのが一番です。
病気の子がたまたま出て来ても、彼等の中ではたまたまなんでしょうし、売れる犬の数
から比べれば大した事では無いのでしょう。

アノンがキャリアであったなら、僕自身の考え方も全く変わったと思いますが・・

アノンの繁殖者やここ十数年で発症犬を出した人達こそ、
遺伝病を無くす為の動きなり、情報を発信していくべきだと思いますけどね・・
まぁ老人にHPやブログを作れというのも無理でしょうけど・・
でも、これが何年経ってもNCLを出したのは事実ですし。

どこの犬舎のHPを見ても大丈夫なのかなぁ??とか
何か書いてあっても疑ってしまい、何か隠していないか?(笑)と思う癖が付いてしまいました。
ペットショップで仔犬を見ても確かに可愛いけど・・
その裏側や生産の場、親はどうなっているんだろ??と見てしまう癖も付きました。

やはり繁殖や販売する側は、かなり厳しい法律でがんじがらめにされないと
まともな事は出来ないでしょう。更に登録管理者もそうそう簡単には取れないようにして
数年に一度の更新で試験を受けさせるとか・・。

他の様々なメーカー、病院、業者等々、裏で金やモノが動くのは
ペット業界に限った事では無いですし・・何かあってもいくらでも言い逃れ出来る様になっていますし。
大体、ペットショップが動物病院経営しているというのが、どうも理解出来ない・・。
やはり、坊さんが裏で葬儀屋経営しているのと似たようなモノなのか??(笑)

うーん・・
それにしても先行き暗いです・・。






Posted on 2015/09/26 Sat. 19:02 [edit]

CM: --
TB: --

0926

こんな所にまで・・・  




昨日、日中ピンポン鳴らし「○○に住んでいる、○○です。チラシを入れても良いですか?」と
尋ね人あり・・。
インターフォン越しに、良いですょと。
まぁ、だいたいどんなチラシか予想は付いていました。

この手のチラシ、いつもは即ゴミ箱行きですが・・
ゴールデン?ラブのパピー写真付き。
一応、読んでみました・・・

「犬は神様が人間の事を想い作った」
ふむふむ・・
何だかよく解らんけど(^_^;)
でその下段の文章は犬とは無関係じゃん・・(笑)

近所、全ての家庭にチラシを入れていた訳では無いから、犬飼へピンポイント??
しかしねぇ・・この手の宗教チラシにまで犬を使い出したか・・という感じです。
犬の写真が出て入れば、犬好きなら一応読むかも知れませんよね??

いろんな所に犬は利用されてしまうんですねぇ。
この手の宗教の善し悪しは、まぁ人によるでしょうから・・
僕の立場だと、信じてやりたい人はやっていれば良いんじゃない??というものですが。
僕には勧めなくて良いですょって感じ。

以上、自分の勝手な判断です。
どこの神様を否定したり愚弄したりしている訳ではありません。

Posted on 2015/09/26 Sat. 06:56 [edit]

CM: --
TB: --

0925

犬の遺伝病は・・  








アノンがNCL発症と解って直ぐの頃は、兄弟犬の飼い主さん達に伝えなければと
思いいろいろと情報を集めたり・・
その後はペットショップでの販売と、繁殖者に繁殖させないように伝えなければと・・
そして、アノンの状態が日に日に悪くなって来ると、こんな遺伝病は無くさないとダメ。
犬にも飼い主にも辛すぎる・・

繁殖犬の検査だけやれば簡単に無くなるだろう・・ストップさせられるだろう
思っていましたが・・。

全然知らなかった犬の世界のこと・・知れば知る程に、NCLで亡くなる犬が
ごえもん君から10数年続いてきたのか解るような気がしてきました・・。

同時に果たして、NCLやTNSなど・・繁殖犬の検査を行い発症犬・キャリア犬を
繁殖に使わないだけで、防げる筈の遺伝病。
無くす事が出来るのだろうか??と思い始めてきています。
敗北宣言などではありませんが・・。

発症犬が産まれる仕組み?は発症犬・キャリア犬を繁殖させなければ良いのですから
簡単な筈です、だけどそれが10数年続いてきた。
どうしてなのか?と色々な面から見たり、考えたりすると複雑な事も見えて来ますよね・・。
繁殖者やペットショップだけの問題では無くて、飼い主だけの問題でも無く、いろいろな
人達が複雑に絡み合い、ドロドロとした様な感じ・・。

一度に全てを変えることなど出来ませんから・・
本当に遺伝病を無くしたいと思っている人達が、一つ一つ地道に訴えていくしか
無いのだろうと思います。

何が問題なのかは書きませんけれど・・
いろいろ調べていくウチに、裏がきっと見えてくると思いますょ。
犬の遺伝病を本当に無くしたいと思えば、調べてみると良いかも知れません。
何かを書いたとしても、僕が書けるのはNCL発症犬で死んでしまった犬を飼っていた
立場からだけですし・・。

僕もまだ裏は全部見ていないと思います、核心は何なのかもハッキリとは言えませんし・・
ドロドロしたモノの入り口を見たというか覗いただけでしょうねぇ・・。

犬の遺伝病って、本当に無くせるんでしょうかね??



Posted on 2015/09/25 Fri. 19:30 [edit]

CM: --
TB: --

0924

これで最後です。  


画像、約2年半前にアノンの避妊手術後です。
こんなことになるならば、手術なんて無理にしなければ良かったなと思っています・・。
でも、避妊しないで居たら仔犬が欲しいとか思って素人繁殖させてしまったかも?と考えますが・・
それでもやりきれない思いは残ります。


で・・タイトルの「これで最後です」なんですけどね・・・。

アノンやりくを繁殖させたGIPSY ROAD JP'S等、もうこれ以上追い込まないことにしました。
本来であれば、追い込めるだけ追い込み廃業させてやろうと思っていましたけど・・・
ネットでの情報拡散だけでは無くて、どんな方法を使っても。

僕のせいで犬舎が崩壊し、大量の飼育放棄犬が出ても困りますし・・。
それ以上にこの繁殖者達の事を考える度に、僕の脳味噌が沸騰してしまい
精神的にかなり疲れます。
無駄な怒りのエネルギーを違う所に向けた方が健全ですから。

僕が何もしなくても、70過ぎの高齢爺様ですから・・
いつポックリ逝ってもおかしくないし、逝かなくても今後数年しか犬の世話も出来ないでしょう。
GIPSY ROAD JP'Sの犬舎名でオークションに犬など出している場合では無いですよ・・。
ボーダーコリーの繁殖は止めたとしても他の犬種にも遺伝病はたくさんありますから・・
オークションに出し続けて自爆するかもしれませんね・・。

でも、血統書の画像や犬舎名・繁殖者名は一切消すつもりはありませんので。
関係している犬屋さんたちは、勉強し直して真っ当な繁殖者に生まれ変わるか、自称ブリーダーとして
犬舎名を変えるでもした方が良いですよ。

今後、繁殖者関連の情報が出て来ても非公開にしかしません・・。
この記事を書くのですら、相当のパワーが必要ですから。

ペットショップに犬を卸したり、これまで散々子を産ませ使ってきた犬をもう使えないからと
ポンと里子に出せるような人達に何を言っても無駄でしょうね。
何の知識も無く、「優良ブリーダー」として繁殖を続けるのは地雷原の上を歩く様なもんですよ。


で・・・やはりパピーミル達を崩壊させても、アノンやりくが元気になって帰って来る訳が無いのも
事実ですから・・。
こういう阿呆な老人やパピーミル達を廃業させるには、しっかりした所から犬を迎えなければいけません。


今後はやはり素人レベルで遺伝病を無くしましょうという内容に絞っていきましょう・・。
今回のアノン・りくの件で、ボーダーコリーをペットショップから買うのはいかに危険なことか
全国的にある程度伝わったとは思います。
何の検査もしていない繁殖犬を使った犬舎から犬を仕入れて売るペットショップも同様です。
今後、同様の事があればもっと賠償金額も大きなモノになりますょ・・・

犬を飼う側がペットショップや繁殖者以上の知識を付けて行かなければ、また僕の様に
ペットショップで衝動買いしちゃう人が出ます・・。

それを少しでも減らすことが出来ればと思います。
細々とブログを書いているだけでは何の役にも立ちませんけど・・。








Posted on 2015/09/24 Thu. 16:28 [edit]

CM: --
TB: --

0924

ペットショップへ行ってみた。  



画像は3年前の今日、アノンのトリミング後に避妊手術の血液検査で
病院に寄ったときの写真。


買い物の序でに某ペットショップ数店舗へ寄ってみました。
平日だから何処のお店も活気が無いですねぇ・・
昨日までの連休で店員さんもお疲れモードですね(笑)
表情見るとハッキリと解ってしまいますねぇ。
接客時に良い表情を出すのは当たり前、接客以外の他の仕事をしている時に
どんな顔をしているかがポイントでしょう(笑)
生き物を売っているんだから、店員さんが魚の腐ったような目をしてりゃダメですね(´Д`)

で・・某ペットショップさん、かなりの犬がK県出身の犬なんですけどね・・
やたらと他犬種に渡ってK県の犬が入っているようですけど。
まぁ、大丈夫と聞いては居ますが・・これだけ多いのも何か気になるわ(笑)
まさか仕入れる度に飛行機乗り継いで、K県には行かないと思うけど。

このブログを見てくれている方の中にもK県の方はいらっしゃいますけど・・
まさかねぇ、繁殖屋さんがこんなブログ見ませんし。

で・・
数店回って疑問に思ったんですけどね・・・
何で同じ犬舎・同じ誕生日の犬で値段にバラツキあるんでしょ??
例えば、ビーグル

ビーグル ハウンド メス 2015-07-26 162,000 円
ビーグル ハウンド メス 2015-06-16 129,600 円
ビーグル ハウンド オス 2015-07-26 156,600 円
ビーグル ハウンド メス 2015-07-26 159,840 円
ビーグル ハウンド オス 2015-06-16 167,400 円

上のように同じ誕生日でも微妙な違いがありますよね。
例えば、上から2段目と一番下、4万以上も価格が違います・・。
兄弟ですよね?通常は牝の方が高い筈ですけど。
他の7月26日生まれの犬もそうですよね・・まぁ、数千円の差ですけど。
どうして価格違うのか聞いてみりゃ良かったかも(^_^;)
どうせ買わないのにとか、アノンの飼い主だから冷やかしだろぅと思われるかも知れないけど、
僕は○○○○ファンですからね・・いつまた衝動買いするか解りませんし(笑)
欲しいと言っても、お断りされると思うけど(@_@;)

ビーグルの他にもHPで検索してみたけど・・

ウェストハイランド・ホワイトテリア ホワイト オス 2015-08-04 203,440 円
ウェストハイランド・ホワイトテリア ホワイト メス 2015-08-04 205,200 円
ウェストハイランド・ホワイトテリア ホワイト オス 2015-08-04 208,440 円

ほら、全部同じ誕生日ですけど微妙な価格の違い・・
どーして・・??
健康そうだと値段が高い?? 小さい身体のままだと高いのかな??
まさか・・その店舗によりテナントの賃貸料が違うから、それで価格設定が違う??
僕ならば全頭を210,000円とかにしちゃいますけどね。

でも、本州資本の某大手から比べると安いですねぇ・・
何であそこはあんなに高い価格設定??
「ブリーダーさん紹介」とかで顔写真まで公開してるから??

そんな人間の顔よりも、親犬の普段の状態とかを撮影しHPに掲載してくれた方が良いかも。
写真撮るときだけ爪切って、綺麗にシャンプーするんだろうけどねぇ・・。

ペットショップによっては親犬の体重なんかを書いているところもあったけど
あまり参考にならないですね・・。
「ブリーダーさん紹介」なんかやるならば、繁殖犬種の数と頭数、掛かり付け病院の名前、
各種病気の遺伝子検査証明書などを客が見られる様にした方が良いですよね・・。
だから安心って事は無いけど。

まぁ・・今後のペットショップでの生体展示販売は段々と厳しくなるでしょうね。
これまで生体販売で得ていた利益をどの部門から出すのか??
会社によって違いは出そうですけど。
生体販売で突き進むのもありかと・・(´Д`)
如何に衝動買いをして貰うかがポイントでしょうけどね。


Posted on 2015/09/24 Thu. 13:31 [edit]

CM: --
TB: --

0923

血統書について知っている方、教えて下さい。  







血統書について知っている方、お教え下さい。

例えばペットショップ等で購入した犬の「血統書」ですが・・
最初に発行されたモノの血統書名、例えば
「GIPSY ROAD JP'S BROCHE」となっているモノを
JKC等に申請して、全く違う血統書名に変えてしまう事って簡単に出来るんでしょうか??

流石に親犬や祖父母犬の名前を書き換えるのは難しいとは思いますが・・。

簡単に言うと、何か問題があり名前が全国的に知られてしまった犬舎名や
血統書名を全く違うモノに変更して、以前の犬舎名を隠すことは出来るのだろうか??という
事なのですが・・。

Posted on 2015/09/23 Wed. 09:34 [edit]

CM: --
TB: --

0922

本来であれば・・  








本来であれば・・・
僕自身、こんな内容のブログは書きたくありませんよ。
誰がこういうことをやっている、この人はこう言ったとか・・
マイナス要素たっぷりの内容ですから。

でも、ごえもん君がNCLで亡くなってから、何年経過しています??
その間に今日まで解っているだけで、何頭のボーダーがNCLで亡くなりました??
実際に多分、これ位の頭数だろうと思われる数字よりも更に多くのボーダーが亡くなって
居るような気がします。

今の国内でNCLでもそれ以外の致死性遺伝病で、何頭亡くなっているなど統計を
取ることは無理だと、前回も書きました。
ごえママさん、グレ母さんを始めNCLに関わった多くの方がこれ以上NCLで
亡くなるボーダーを無くそうと努力して来て頂きました。
それでも、まだNCLは続いています。

国内のペット流通の仕組みで、いくら倫理観など求めても
利益を出すことが優先されてしまいます。
で、あれば・・・
繁殖者・ペットショップとも致死性の遺伝病を出すと、こうなるという・・
言葉は悪いですが、公開処刑的な事をやって行くしか無いのかもしれません。

ペットショップ・本物のブリーダーさん、自称ブリーダーさん、パピーミル、
犬猫オークションを経営する人、臨床的な立場の獣医さん、研究的な立場の獣医さん、
NCLで自分の犬を亡くした飼い主さん達・・それぞれの言い分がある筈です。
それが、相手や関係する人達からすると受け入られるモノでは無かったとしても、
それぞれの人達の考え・主張があります。

この1年ちょっとで、「たかが犬一匹でガタガタ言うな、またボーダーコリーを飼えば
済む話しだろう」と僕のことを言っている人も居ると聞きました。
もっともな考えかもしれませんよね??
「ペットショップでボーダーコリーなんて買うから遺伝病の犬にあたったんだよ」という
事も言われました・・。
「自分の飼っている犬は有名なブリーダーが育てた犬だから、そんな遺伝病の事は心配ない」で
終わってしまう方も多いかも??

売る側・買う側が変わっていかなければ、遺伝病など無くならないです。
○○チャンピオンの子だから高く売れる・・という様な考え方の人も減ると
良いなと僕は思っていますよ。
そう考えると、各種のショーやスポーツのあり方もどうなの??と思ってしまいます。

国内の法律を変えて締め付けをキツくしないと何も解決しないだろうとも思います。
でも、現状でも遺伝病を無くそうと努力している人達は数える程でしょうけど、ちゃんと居ますよ。
遺伝病の検査をするにも一頭あたりに高い金が掛かる・・
無料だとすれば飛び付くところも多いのかも??

こんなブログを書かなくて済むならどんなに楽かと思いますよ。
人から恨まれ、陰口を言い続けられ、仕事もしないでこんなことをやっていると
馬鹿にされ続けて・・。
でも、誰かが声を上げないと何も変わりませんよ。

本音はこんなやり方でブログを書きたくはありませんが・・
腐り切った国内の犬の業界では、今現在は「公開処刑的」なものも
必要だと僕は思っています。

いろいろな意見はあるでしょうけどね。





Posted on 2015/09/22 Tue. 09:49 [edit]

CM: --
TB: --

0921

もう一度、血統書  




最近、初めてこのBlogを見られた方もいらっしゃると思います。
Blogが大変解りにくくなっています。

アノンの血統書をもう一度載せておきます。


ただ、ここ最近ですが・・
あまり宜しくない情報も入って来ていますので、犬を迎えられるときは
犬舎名等、十分に確認を・・・

と言っても・・この血統書自体が全く意味をなさないモノである可能性も
考えられます。
あくまでも推測ですが・・合計5回の繁殖で発症犬が出て尚且つNCLクリアが
居ないのは、アノンの繁殖時のみです。他の繁殖時の兄弟犬にはクリアも居るようですし。

と、いうことは・・どんな状態なのか何となく想像が付くかも知れませんが
繁殖者が本当の事を言わない限りは、
あくまでもこの血統書が有効となりますよね。

まぁ、血統書など書き換えたりとか名義変更してしまえば
何が何なのか解らなくなりますからねぇ・・。

血統書に出ている犬舎で、ウチは全く無実だと言える方は
JKCに報告し調査して貰ってみて下さい・・
一般飼い主の訴えは聞く耳を持たなくても、お得意様である
大量に犬を登録してくれる犬舎の言う事はしっかりと聞き、
GIPSY ROAD JP'Sの登録取り消しでもしてくれるかも知れませんし・・。

該当犬の検査証明書等見せて頂き、第三者を交え話をし確認出来れば
該当犬には「クリア」と入れさせて頂きますよ。
僕と協力し、自分の犬舎の無実を証明しGIPSY ROADに繁殖を止めて貰いませんか?

繁殖時に各種遺伝病の検査をせずに交配させているから、絶対的な無実ではありませんが・・
そこを謝罪して頂き、該当犬がクリアと確認出来れば私も謝罪します。
ただ、飼い主さんが該当犬の検査結果を、このBlogで公開することに同意して頂ければ
問題は無いのですが・・。
現在の飼い主さんは、検査結果証明を書き換えてとまで考えていた方ですから・・難しいかも??
あとは、ご自分の犬舎での繁殖犬達の遺伝病検査証明や取り組みもお伺いした上でですけど。


でも、登録が取り消しになっても、悪い奴はまた上手いことやっちゃうんですけどね。



「アノン」

血統書名: GIPSY ROAD JP'S BROCHE
生年月日: 2012年4月14日
北海道岩見沢市生まれ。
-- 続きを読む --

Posted on 2015/09/21 Mon. 19:22 [edit]

CM: --
TB: --

0921

薄々は解っていましたが・・悪質ですね、GYPSY ROAD JP'S  










また、きっと何を書きたいのか解らなくなるので・・
最初に結果というか、内容を・・
アノンを繁殖した岩見沢の犬舎では、アノンの兄弟犬として繁殖させた犬達の
父親が血統書のモノとは違う、母親も違う可能性有り。
ペットショップも損害賠償を起こす気が無いならば、僕がペナルティーを出してやろうか!
という内容です。



昨年の今頃はアノンの兄弟探しを優先させていました。
同時に岩見沢の繁殖者「GIPSY ROAD JP'S」やその取り巻き繁殖者達が何を
やっていたのかも同時に調べていました。
もう1年も経つんですね・・。

その間、匿名のメールやコメント・実際にお会いしお話をお伺いして来て
いろいろな情報が集まりました。
で・・1年間で繁殖者が何をやっていたのか??という疑問に、様々な立場の方から
同様の情報を3〜4件程度を提供して頂きました。

今となっては岩見沢市の繁殖者も絶対に本当の事は言いませんから・・
証拠のあるモノではありませんが、まったく違う所から同様の情報が出て来るのは
それなりに真実味があるのかな??と・・。
現在は証拠の出しようがありませんから、こうして限定記事で書いています。
そんな馬鹿なと思われる方は、ご自分でいろいろ情報を探るなり、調べるなりしてみて下さいね。
ネットに書かれている内容は適当なモノが多いです、このBlogも含め。

さて・・
僕が見聞きした話しの中で岩見沢の繁殖者、血統書上のアノンの両親犬組み合わせで
5回の繁殖を行い、アノンを迎えたペットショップへ全て仔犬達を卸しています。

しかし、その5回の繁殖に使われた父犬は毎回違うだろうという話しが昨年より
耳に入っていました。
実際の所、父犬だけが違うのか母犬も違うのかは解りませんが・・
毎回同じ親との子ということで、血統書は発行されていますが。

中には他の繁殖屋で全く違う親犬の組み合わせで産まれた犬を
岩見沢の繁殖者が、自分の所の犬舎名でペットショップに卸していたという
話しも入って来ています。
コレも当然可能性はあるでしょうね・・。
GIPSY ROADの犬舎名が付いていないならば、パピーミル仲間の犬舎名でオークションでも
出しているんでしょうね・・。

そのような適当な繁殖者から長年に渡り様々な犬種を何の疑いも無く
仕入れ販売してきたペットショップも・・やはり如何なものか??とは思います。
その様な事実を知っていて仕入れていたとすると、お店もパピーミルも同レベルですね。

腐り切っているというか・・これが現実なのでしょうね。仕入れて販売する側よりも
パピーミル側の方が立場が上という、おかしな関係のありかたを改善してこなかったのも問題です。

アノンのNCLが発覚後に、CL病の遺伝子検査とは別に親子や兄弟関係のある犬かどうかの
遺伝子検査もやるべきだったんですよ・・
その結果が出ていたとしても、何処からも本当の話は僕に入ってこないと思います。

この岩見沢の繁殖者には法律的にも何のペナルティーも付いていません・・
ただ、アノンが居たペットショップが取り引きをしなくなっただけ。
そして、アノンの兄弟としてペットショップに自犬舎とは関係の無い犬を卸し
血統書を出した様に、現在は他のパピーミル仲間が、自分の犬舎名でGIPSY ROAD JP'Sの犬を
オークションなり、何処かのペットショップなりに卸していることでしょう・・。

そして・・ペットショップは岩見沢の繁殖者に対し損害賠償を起こす予定とは
話していましたが、アノンやりくの賠償が格安で済み、兄弟犬等の遺伝子検査も
無料でやって貰えたので痛くも痒くも無いでしょう。
結局、繁殖者相手に弁護士費用まで掛けて訴訟など起こさないでしょ?
アノンの兄妹犬や、親犬と言われた犬達の血液も採取したのだから、親子関係が
あるのかどうかは解ると思うんですけどね・・・。

アノンの死に対して治療費・賠償金を受け取り、今後はその金額の過多や
他の金品を請求しないという書類には判を押しましたが、その時に僕自身が
ペットショップや繁殖者が何をやっていたのか調べ、Blogやその他メディアへ
公開することは構わないという内容にも、ペット会社の弁護士は同意していますし・・。

何もペナルティーが無いのならば・・
僕が色々な方法使ってペナルティーを出してあげるしか方法はないのでしょうかね・・。
こちら側からすれば、はらわたが煮えくり返る様な内容です。

-- 続きを読む --

Posted on 2015/09/21 Mon. 15:23 [edit]

CM: --
TB: --

0918

ボーダーコリーを迎えるにあたり・・  

0306-2.jpg



ボーダーコリーに限らず、どの犬種を新たに迎えるということ。
とある、方々といろいろとお話をさせていただき、改めて考えていました。

数回ペットショップに通いアノンと安太郎を連れて来た自分の行動はどうだったか・・
いま考えると、とても危険で愚かな行動だったでしょう。
アノンと安太郎に出会えたという事は自分にとっては大きな喜びですが。

どこのブリーダーさんからボーダーを迎える時でも、そのブリーダーさんが
ボーダーの繁殖についてどの様に考えているのか? これはとても重要ですね。
直接会い、しつこい位に聞いても熱い気持ちを持って繁殖させている方は、納得出来るまで
説明してくれることでしょう・・。

親犬の遺伝病検査はもちろん必須で当たり前ですが・・。
その他にどんな点に気を付けた繁殖をしているか?続けてきたか?
ここをじっくりと説明受けて、同意出来るかどうか??

その他に、親犬の年齢・・
10歳近いまたは10歳過ぎの高齢犬を交配させ、生まれてきた子は果たして健康なのか??
何かリスクは無いのか??
両親犬の血統も何代も前まで調べ、例えば毛色を見ているか??健康状態や性格はどうだったか??
そこまでの拘りを持たないと、健康なボーダーは生まれて来ないのでは?と僕は思います。

たまたまペットショップや流行の犬舎からボーダーを迎え、病気は無くて健康だという
飼い主さんも居ることでしょう。ラッキーでしたね。

犬のブリーダーさんを「ここは有名だから」だけで選んでしまう・・
まぁ、それで納得出来る方は良いと思います。
そこの犬舎名が入っているというだけの血統書にしても、「えっ!」と思うこともあったり。

アノンの出身犬舎、現在はここの犬舎名で市場に犬は流通していないようですけどね・・
きっと違う犬舎名で市場に出ているかも知れませんよね・・。

どんな犬種でも、犬を迎える側は慎重になる必要もあるでしょうね・・。
以前も書きましたが、僕はいろいろと疑って考える人ですから(笑)
あぁ、ここの犬舎は有名だし評判も良いと飛び付く事はきっとしないと思いますけど。





Posted on 2015/09/18 Fri. 08:56 [edit]

CM: --
TB: --

0915

Gracious garden 「CL症」  

blog_import_539c65c5dbe8e.jpg


アノンが生きていた頃、このブログを見に来てくれる多くの方は
日々、悪くなって行くアノンの状態を心配して見に来て頂いていたと思います。

何度か書きましたが、「ボーダーコリー CL」や「犬 遺伝病」などで
検索してブログを覗いてくれる方も多くなっています。

せっかく来て頂いても、怒りにまかせて書いた記事ばかりでして・・
何の役にも立たないなと思っていました。
これからNCLや遺伝病の事を詳しくまとめるなど、僕にはとても無理ですので・・。

このBlogでリンクを貼らせて頂き、兄弟探しやアノンの症状や薬についていろいろと
相談に乗って頂いた「Gracious garden」のグレ母さんが、2006年からNCLについていろいろと書きまとめて頂いています。

カテゴリー 「CL症」にこれまでの記事があります。

グレ母さんに承諾頂き、この記事からとリンクに「CL症」を加えさせて頂きました。

せっかくこのブログにたどり着いて頂いた方は、是非グレ母さんの記事を読んでみて下さい。
このBlogを見るより参考になります(^_^;)

あとは、ごえもん君の飼い主さん「ごえママさん」のBlog 「CLブログ・ごえママ日記」も読んで頂けると、
NCLや飼い主さんの気持ちなど、いろいろ知る事が出来ると思います。

NCLについて、難しい事は研究している先生方にお任せしましょう(笑)
素人が聞いて解るような簡単なモノじゃありませんから・・。

僕達飼い主側は、NCLやTNS、 CEAとか色々な遺伝病がありますよ。という事を知って貰う。
犬を迎えるときは慎重に。ペットショップであれば親犬がそれらの遺伝病の検査を受けていて
その結果証明書を確認させて貰うくらいしましょう・・。

ボーダーコリーのブリーダーさんも色々な方が居ますから・・。
上記の遺伝病検査は最低でも全部やっている事を確認して、やはり証明書を見せて貰うのが
良いでしょうね。「あぁ、ウチは大丈夫」とNCLキャリア犬を出している方も居るみたいですし。
ブリーダーさんが遺伝病に付いてどれだけ知識を持っているか、質問攻めも良いかも知れません(笑)
少なくても僕の知っている2件の道外ブリーダーさんは、時間が許す限り熱く語ってくれる事でしょう。
だけど・・そのブリーダーさんが育てた仔犬を譲ってくれるとは限りませんので・・・。

牡牝とも交配させる、NCL、TNS、CEAはクリアでも
素人に毛が生えた程度の繁殖は止めましょうね・・・。
遺伝病はコレだけじゃありませんし、「滅多に無いから大丈夫」は
とても危険ですから・・。

ご自分の飼っている、飼っていたボーダーコリーがNCL等のキャリアだとか
既に亡くなったけど発症だったという方は、是非声を上げて欲しいと思って居ます。
可能であれば血統を出して頂きたい・・。
それが今後、遺伝病を無くしていく一歩になる筈です。


話しを戻しまして・・(^_^;)
グレ母さんのカテゴリー「CL症」、現在NCLで亡くなった子の報告は、ウチのアノンが最後になっています。
これ以上、グレ母さんも辛くて悲しい報告を書かなくて済むようにしていきたいものですね。









Posted on 2015/09/15 Tue. 22:48 [edit]

CM: --
TB: --

0915

紀州犬に13発  







既にあちこちで話題になっていますが・・・

紀州犬に拳銃を発砲し13発目で倒れた・・と。

警察官が人襲った体長120センチ「紀州犬」に13発発砲し射殺 千葉県警「拳銃使用は適正」

犬を撃ったのが悪いとか良いとかと何も言うつもりは無いですけどね。
拳銃使用が適正か不適正かも書きません。


日本の警察官が持っている銃は、殆どが36口径のニューナンブM60ですよね?
新しいモノだとすれば、S&Wの36口径だと思うけど・・

3人の警官が13発・・
一人4発か5発撃った??
ただ、言いたいのは・・・、日本の警官ってどんだけ射撃が下手なの??って。

22口径の拳銃じゃないんだから、そこそこの所にあたれば犬は動けなくなりますよ・・。
きっとほとんどが当たらず外れたのかな??

これがヒグマだったら手負い状態になり、警官3人とも殺されたんだろうなぁと・・。
射撃訓練場の吊してある紙の標的じゃ無いですからね、犬にでも熊でも凶悪犯でも、逃げようと
動きますよ・・・。

きっと紀州犬も急所以外に何発か当たったとは思いますけど・・
どうせ射殺するならば、一発で楽にしてやれなかったの??と・・。

動くモノを拳銃で撃つのはそうそう簡単では無いですからね・・
ましてや飛びかかり噛もうとする様な犬を見て、ビビっていれば余計に。

こんな警察官ばかりじゃ無いと思いますけど・・
万が一の時は警官が銃を持っていてもあまり役に立たないのかも??
アメリカみたいにショットガン持たせた方が確実かもね。

それか・・・北海道の増えすぎた鹿の駆除に警察官を射撃研修という
名目で行かせる。ただし、ショットガンやライフルは使わずに仕事用の拳銃で鹿を撃つと・・。
難しいですよ・・。

ライフルで撃っても急所に当たらなければ、鹿はしばらくの間走り回っているし、
拳銃となると至近距離で撃たにゃならんし・・。
数ヶ月に1度、射撃訓練じゃ命中しないでしょうね。

人里に熊や猪が出ても猟友会に依頼する訳だわ・・妙に納得。
警察じゃ無理だから、自衛隊に出動して貰う??

まぁ、遺伝病とは関係ないので・・・



Posted on 2015/09/15 Tue. 15:48 [edit]

CM: --
TB: --

0915

昨日まで・・  








昨日までの一週間、親戚の通夜・葬儀等で振り回されていまして・・
Blogもほとんど放置状態でした。

しかし・・動物も人間も葬儀関係は疲れます。
犬・猫だと火葬許可とか埋葬許可などは要りませんけどね。

人間の火葬場は・・ちょっと火の勢いが強すぎるんじゃ無いの??とは
思いましたけど・・一箇所の火葬場に炉が33個程度あり、次から次に焼く為には
高温でガッーと次々に焼かなければ、並んでしまいますからね・・。
犬の火葬よりは絶対に丁寧では無かったのは確か。

人間の火葬場へ行ったのは20数年ぶり・・。
明るい待合室、暗い待合室がはっきりしているのは相変わらずですね。


まぁ、人間の葬儀関連はアホな親戚が集まってきてトラブルを起こしてくれますが・・
アノンの時はそんなのも無くて良かったなと・・。

葬儀関連はどうでも良いのですがね・・
この一週間で、犬の遺伝病関連等で何か新しい動きは無かったのかな??と。
たった一週間で何がどう変わる訳でも無いのですが・・・








Posted on 2015/09/15 Tue. 14:34 [edit]

CM: --
TB: --

0908

MRIデータのCD-ROM  


以前、病院で焼いて貰ったアノンのMRIデータのCD-ROMをずっと探しているのですが・・
見付かりません。
データとそれを見るソフトも一緒に焼いて貰ったんですけど・・。

よく大切なモノを無くす飼い主らしいといえばそうなのですが・・・
確か、アノンの血統書と一緒にしておいた筈なんですけどねぇ。
誰かに貸し出した覚えも無いし・・

当時、落ち着いているようで混乱していましたから、記憶が定かでは無いです。
部屋を整理したときに、不要なその他CD-ROMと一緒にシュレッダーにかけた可能性も・・・。

そのCDから取り出した写真が4枚残っているだけですねぇ。
今ではMRIなどやらなくても、NCLだと簡単に判断が付くのでしょうけど・・
何の役にも立たないモノですけど、諦めきれずにまだ探しています。






0802-2.jpg

0802-3.jpg

0802-4.jpg













Posted on 2015/09/08 Tue. 12:26 [edit]

CM: --
TB: --

0907

犬の『遺伝病』愛犬の為にも飼い主も知っておきたい『遺伝病』とは?  








Facebookでシェアされていた記事です。

犬の『遺伝病』愛犬の為にも飼い主も知っておきたい『遺伝病』とは?

これもsippoの記事がYahoo!ニュースで取り上げられたモノをみて書かれたモノだと思いますが・・。


このsippoの記事の反響って結構大きかったのだろうと思いますよ。


個人的な考えですが・・・Facebook等のSNSを使う方が増え、こういうまとめサイト的なモノも
増えてきています。
以前も書きましたが・・このブログにしても何処の情報にしても正しいことが書かれているとは限りません。
丸呑みに信じてしまうのでは無く、自分で調べてみる・複数の専門の人に聞いてみるという事を
した方が良いかもしれません。

コピペだけして正しい内容が書けるとは思いませんし。
そうそう簡単に理解出来る問題ばかりでは無い筈です。


僕は基本的にネットに出ている事って2~3割程度しか信じていませんけど・・(^_^;)


リンク先の

「ソースを提示した数値が無いのです。そしてブリーダーに問題を押し付けている感じを受けました。日本で犬の遺伝性疾患が世界から比べて突出して多いなら、何故一般の飼い主にもわかる様な広報活動が行われなかったのでしょうか?そして、その情報をいち早く収集可能な立場の大学教授の方たちは突出するまで放置していたのでしょうか?もちろん元を断てば問題が減るのは解るのですが、今現在発症しやすい犬種を愛犬として生活している飼い主の心情を無視した記事だと思ったのです。」

まぁ、この記事を読みどう感じたかは人それぞれでしょう。

ソースを出せって・・・(^_^;)
日本が世界から比べて突出して多いのはどういう根拠だと言うことでしょうね。

僕が思うに・・今の日本で件数等の正確な数値を出すのは無理かと思っています。
素人が思うだけなので、専門の方からするとまた「何を書いてるんだょ」となるかも知れませんけど・・。

先ず、例えば狂犬病になった犬であれば確か保健所だか何処かに獣医師さんは報告しなければ
いけないんですよね??

だけど、遺伝病って別に報告の義務も何も無いんじゃないのでしょうかね・・。
動物病院が日本中に何十万件あるのかも解らないですけど・・
更にその病院で採血したり、口腔内の粘膜をとって検査に出す。
その検査機関も一箇所だけでは無いですから、だいたい何処も似たり寄ったりの高額な検査料で
検査をして結果を出しています。

で、それぞれの検査機関が連携して、例えばNCLキャリア〇〇件・発症〇〇件、TNSはキャリア〇〇件、発症〇〇件と
統計を取っている訳でも無いでしょうね。
それだけ商業化してしまった「遺伝病検査」ですから・・いろいろな団体も設立しては消え、違う団体に変わったりと・・。

大学の研究者の先生が全ての数値を把握するなど、以前から無理な状態です。
世界でも突出して多いというのは、研究者の方々は国内だけで研究している訳でもないでしょう。
いろいろな国の研究者の方と情報の交換等もあるのでは・・ないかと思いますが。
日本で研究している方々の所に集まるサンプルだけをみても、他のどの国と比較しても遺伝病が多いと
なっているのでは無いですかね??

確かな数値を出せと言っても・・いろいろと話題になる:血統書発行団体とか、犬種ごとの遺伝病など
職員の方も解らないようでしたし・・(^_^;)
そもそも、そこのHPに遺伝性疾患についてと記載はあるけど、股関節形成不全についてのみです。
犬種ごとにどの遺伝病がどの程度と統計を取る気があるのか?無いのか?

他国はそれぞれの国によって違いはあるでしょうけど、その国のケネルクラブがしっかりと管理していたり
犬種ごとの団体が管理していたり。

動物病院が外注に出す検査会社は遺伝病の検査をして、クリア・キャリア・発症と
結果を出していますが、その結果が遺伝病撲滅の為にどう活かされているのか?僕は知りませんが・・。

リンク先、記事の最後に
「ネット上では日本が突出して遺伝病が多いとわかるソースは見つけられませんでした!」

見つけられないでしょうね・・そのような統計数値を作成可能な状態では無いという事じゃ無いですか?
例えば、全国にある遺伝病その他の検査会社のデータを必ず報告しなければいけませんよ。
それをとりまとめるのはここの研究機関にしましょうとかまで、法律で決めないと日本では正確な
数値など出て来ないでしょう。
そして、どこの動物病院の獣医師も全ての遺伝病に付いてある程度の知識が必要になるでしょうね。

例えば、アノンの場合は「あぁ、てんかんですね」で終わっていたかもしれませんし、実際に致死性の遺伝病という事を
見逃されたまま亡くなった犬も多いでしょう。
そこの獣医さんが??遺伝病かなと思い、各大学の研究機関に相談したりである程度解る事だと思いますけど・・。
何から何まで精通している獣医師さんなんて、そうそう居ないと思いますよ・・・
人間の病院だって何科、何科と分かれているんだし。
何から何まで一人で全て把握しているお医者さんが居れば、他の病院無くなってしまうかも?

また、話はズレたけど・・・。

「今回朝日新聞の記事でも悪戯に不安を煽るのではなく、信用性のあるデータを開示して記事を公開して欲しいと思いました」

これを書いた方の本当に身近に、致死性の遺伝病になり実際に数ヶ月のウチに亡くなってしまったという
経験が無いと、こう思ってしまうんじゃ無いですかね・・。
まぁ、いろいろと話題の朝日新聞という事もあるのかも知れませんけど。

実際にアノンを飼い最後まで看て、その途中兄妹犬の「りく」君が亡くなり、他の兄妹は
キャリアばかりというのを、このブログで見たり身近で経験していれば、日本は遺伝病が多いというのは
確かな数値が無くても実感できると思いますが。

その逆もまた考えられますけど・・たまたま発症犬を飼っていたからそう感じるだけだよと。

で・・・
いつも通り、何が書きたかったんでしょう・・・(笑)

細かな統計数値が無くても現場で遺伝病を研究している方々が
他国と比べて多いと感じるのであれば、多いのでしょう・・・(^_^;)
だって、「餅は餅屋」ですからね・・例えが悪いけど・・。

細かな統計数値を取ること自体が不可能なんですよ・・今の日本では。
動物愛護法も何から何まで全て変えなければいけない。
と、なるといま出来る事は、犬を生産する側・販売する側の良心と知識。
勿論、飼う側の知識も不可欠です・・。
その為に、役に立つか立たないか解らない適当なこのブログを続けています。
飼う側の方々に「遺伝病」って事を知って貰う、もう一度考えて貰えるようになると良いですね。





Posted on 2015/09/07 Mon. 14:48 [edit]

CM: --
TB: --

0905

ベットショップ等の給与体系。  







ベット業界での給与体系、会社によって違うと思いますけど・・
僕宛に届く転職サイトでのペットショップのオファーで、求人概要を
みると、多くの会社が「歩合」「インセンティブ」「報奨金」という言葉を使っています。

以下はあくまでも、小売業の現場で店員として働いていた僕の感じた事ですので・・。

自動車販売業界や保険の業界では、以前から「歩合給」部分が大きかった筈です。
僕自身、在籍した外資系生保では基本給は5万のみです・・。
あとは全て歩合です。

最近は何処の業界も「歩合」という言い方では社員募集しても人が集まってこない為か
「インセンティブ制」と言葉を換えていることが多いと思いますが・・。

僕自身がこの20数年間経験したことですが、個人の売上額が賞与査定の基準に
なることは勿論ありましたが、以前は「インセンティブ制」はありませんでした。
数年前より、「仕事を沢山している社員としていない社員が同じ給与を貰うのは
おかしい」と外部から入った人事部長が、「一部、インセンティブ制」を提案し採用となりました。

一時的に店舗・会社の売上は上がります、その代わりに増えたのは・・
無理な販売方法によるクレーム。店舗を管理する側の人間は自分の売上どころでは無く、一日中
クレーム処理に明け暮れました。
更に・・これまでは上手く回っていた店内の雑用業務。
誰もやらなくなります(笑) そりゃぁ、当然そうなりますよね・・。
何でもかんでも売らなければ自分の給料が少なくなりますし。

これによりメンバー間の人間関係もギクシャクが始まりました。
店舗を管理する側の僕達は、メンバーと本社に挟まれ毎日胃薬を大量服用ですよ(笑)

自動車や保険など訪問販売形式、指名形式が定着しているならば「歩合」「インセンティブ」「報奨金」
というのもありかと思います。
しかし、店舗形式ではインセンティブ制とは全く関係の無い
雑用係や事務処理員が居なければ、販売の質は落ちます。

それと・・犬や猫の生体を扱う会社・店舗で「インセンティブ制」は
如何なものかと僕は思いますが・・。
何をきれい事言っていやがると、経営者の方や幹部の方からは言われるでしょうけど・・。
生きたモノを沢山売れば、沢山お金が貰えるというのはどうでしょうね??
パソコンや携帯電話やスーパーの試食販売とは訳が違います。

何処のペットショップ社長さんも、役員さんもそういう社員教育はしていないと思いますが・・
現場を注意して見ていないと、販売は雑になりますよ・・
「どんな客にでも、何でも良いから抱かせて売っちまえ!」的な・・。

沢山、売れれば在庫補充も次々としなければいけませんから・・
自社が決めて仕入れていた繁殖先だけでは足りなくなりますよね。
店舗側は売る商品が無いと、自分達の給与に関わりますから、本部等に対し
「何でも良いから在庫をいれろ」となりませんか??
そして、仕入れの現場はその場しのぎで犬猫オークションから仕入れちゃったり??

極端な例で有り、そんなペットショップや店員さんは居ないと・・
ペットショップファンの僕は信じていますけど(笑)

経営者や役員さん達が、売上アップをしたいのは解りますけどね・・
企業ですから利益追求が大前提ですから。
でも・・犬猫とはいえ生き物ですからねぇ・・倫理的にもどうなの??と思います。
一時的な売上アップなど自転車操業みたいで格好悪いですって(笑)

5年後、10年後に会社は続きませんよ・・
会社の将来、可愛い社員の事を考えるならば、先ず基本給をいくらかでもアップさせて
インセンティブ制など廃止しましょうね。
最前線に居る社員が金銭的にも精神的にも余裕が無いと、思わぬ事故が起きますよ・・。

アノンのCL病じゃ無いけど、口コミであっという間に広がり客離れしますから・・。
ウチは客は減っていないと思っても、店舗側から見るのと客側から見るのとでは
全く違いますからねぇ・・。

利益を上げられる会社にして自分も会社も社員も幸せにしたいと思うならば、
人を大切に使わないとねぇ・
これから法律がどの様に変化するか解りませんけど・・その時に慌てても遅いでしょうね。

こんなことをアノンの介護していて、再就職する機会を逃し年齢が高いため
どこも書類審査で落とされまくりのオヤジに言われなくても、優秀な経営者の
皆さんはご存知とおもいますが・・・
結構、「灯台下暗し」はありますからねぇ・・。

仕事ねぇ・・全く困ったもんですょ。
ペットショップでも何処でも、「同情するなら職をくれ!」という感じ。
かなり古いですけどね・・・(´Д`)

特定の会社のことを書いた訳ではありません。
求職中で転職サイトで、企業からオファーが来ますが、全国の
ペットショップさんからも来る内容を見て気になっていたので・・。

長くなりましたけど・・・一行で書くと・・

「ペットショップでインセンティブなんてやるんじゃねぇょ」

という内容です。
僕の勝手な考えですからね・・。










Posted on 2015/09/05 Sat. 22:13 [edit]

CM: --
TB: --

0904

感謝です!  







先日、適当に作ったバナー。
こちらの記事ですが。

まさか誰も使ってくれないだろうと思っていましたが・・
とあるお方が、ご自分のBlogに貼って頂きました(^.^)

ご本人様の承諾を得ていないのでURL等は書きませんが・・
ボーダーコリーを繁殖している方。
僕がいつも書くような「自称ブリーダー」でも「繁殖屋」でもありません。
常にボーダーコリーの血統を詳しく勉強され、遺伝病に対してもアノンが
CL発症と解った時点から、数々のご協力を頂きました。

ブリーダーさんがご自分のHPやBlogでアノンの事を取り上げるということは
それなりにリスクも大きいことと思います。
一部の心無い同業??からの妨害等も当然考えられますが。
それを承知で他の繁殖者の方へ、NCLやTNS・CEAの検査をするようにも呼び掛けて
頂きました。

本当に犬達を愛しているブリーダーさん、こういう方が増えてくれれば
遺伝病の撲滅も近づくかも知れませんね。

嬉しくて記事にしてしまいました。
どうもありがとうございます。

バナーを貼って頂いた方が他にもいらっしゃる様で、承諾が
得られればこのBlogで一覧にして紹介させて頂きたいなとも考えています。

事後報告で構いませんのでコメント、メール等入れて下さい。
宜しくお願いします。



Posted on 2015/09/04 Fri. 19:32 [edit]

CM: --
TB: --

0902

うーん・・・  







年齢の為か、性格が悪い為か不採用通知ばかり受け取っている飼い主です・・(-_-;)
いっそ、どこかのペットショップでバイトで使ってくれないかな??とか
考え始めるまで追い詰められています。

全国的に犬不足なのか、全国展開している大手や道内のペットショップでも
犬の「価格」高値ですね。
価格がどうのこうのは、ちょっとどうかな??と思いますが・・。

某大手では30万以下の犬は先ず売っていないと・・。
道内展開しているペットショップでも、ジワジワと価格は上がっています。

ペットショップが病気の無い犬を販売しようと思えば、真面目にやっている繁殖者は少ないでしょうし、
仕入れ先も限定されてくるから、価格も上がるのでしょうけどね。

血統が良いからとか、CHの子だからとかいろいろ価格は変わるのでしょうけど。
いつも思うんですけど・・
「適正価格」ですか?

高いからダメ・安いから良いとかは別として・・。
犬が安いから誰でも買えて、飼育放棄する人も出て来るとか以前も書きましたが・・

現在、大手ペットショップではボーダーその他ラブ・ゴールデン等の大型犬は
流行では無いという事もあるのでしょうが・・・
遺伝病が多いからと、一切仕入れていない会社もあるみたいですね。

じゃ、その他犬種は大丈夫なの??と思うんです。
かなり偏った見方ですけど・・僕の中では血統云々よりも、
高い価格で販売している犬は、遺伝病の検査もしっかり行われて居るんだろうなぁ・・と
だから高いんでしょ?販売店は自信あるんでしょうね?? 
と、NCLの発症犬を飼っていたから、そういう見方になってしまうのかもしれないけど。

例えばですよ・・
ボーダーコリーだけを繁殖させ、血統も遺伝病もはっきりしている
繁殖犬を使い屋内で家族同様に育てられている仔犬。
15〜25万程度で譲渡しているブリーダーさんも居ます。

で・・以前、大手ペットショップでボーダーコリー35万とかで売られていたけど・・
確かNCLの検査しかしていないと思ったけど。
まぁ、立派な店舗を出して社員の給料も高いし、それ位の価格を付けないと
やっていけないとは思うけど・・

まぁ、どうでも良い事ですけど。
あちこちのペットショップのHPを見ているといろいろと不思議だなぁと
思うことも出て来るんですよね。

ペットショップの現場に入って、どうなっているのか見てみたいと思っても
末端のバイトや社員に仕入れ等のブラックボックスの中身は解らない様に
なっている筈ですけどね。








Posted on 2015/09/02 Wed. 16:59 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top