1115

NCL・TNS・CEAはなぜ無くならないのか?  








先日、ある方々と犬の遺伝病に付いてお話をする機会をいただきました。
その中での一言・・・

何故、NCL・TNS・CEA等の遺伝病は無くならないのか??
 ↓
「未だにNCL・TNS・CEA等が続いているのは、
やるべき人達がやるべき事を、10年近くの間にしっかりやらなかったから。」

NCLやTNS、CEAは遺伝子検査が可能ですから
発症犬を出さない為には、キャリア・発症犬を繁殖に用いない。
これだけで無くなる筈でしたが・・・。

「やるべき人達」
繁殖者・ペットショップだけでの問題では無いと考えています。犬を飼う(買う)側のこともあるだろうと思います。
その他、遺伝病に対する獣医師の取り組み・民間検査会社の取り組み等々・・多方面だろうと思います。

「やるべき事」
繁殖させる犬達の検査可能な遺伝病の遺伝子検査が何と言っても重要ではないかと。
その他は多方面での遺伝病に対する啓蒙活動なども、強くすすめるべきでしょう。

以下、特定の民間検査会社での検査を勧めたりするものではありませんが、
例えばボーダーコリーであれば、現在以下のような検査が出来るように
なっていると思います。

・コバラミン吸着障害 (Cubilin 欠乏症)
・コリーアイ/網膜脈絡膜形成不全 (CEA)
・変性ミエロパチー/変性性脊髄症 (DM)
・多剤耐性遺伝子MDR1
・神経セロイドリポフスチン症(CL症)
・原発性水晶体脱臼 (PLL)
・捕捉好中球症候群 (TNS)
・長毛遺伝子 FGF5
・E (エクステンション)遺伝子座
・K 遺伝子座(優性ブラック)
・B(ブラウン)遺伝子座
・D(希釈ダイリュート)遺伝子座
・A アグーチ遺伝子座
・黒色毛胞形成異常症

相変わらず、僕は難しい事は解りません・・。
この検査を全てやって絶対に安心という訳でも無いのでは??と思う面もありますし。
やらないよりはやった方が良いのかな??とは素人考えでは思います。

本来であれば、この10数年遺伝病に関し、地道な研究してきた機関にデータを集める事も
今後の純血種の繁殖という事を考えていくと必要なのでは?とも思っています。

獣医師、研究機関、民間検査会社、キャリア・発症犬の飼い主さん達の
連携と協力が上手く行われると、遺伝病の対策も現在と違う面が出て来るかも
しれませんし。

NCL・TNS・CEA等の医学的な面??は既にもう研究がかなり進んでいることでしょう。
それを考えると、今後はやはり
「やるべき人達が、やるべき事」をどの様に勧めていくか??
が重要なのだろうと思います。




Posted on 2015/11/15 Sun. 08:30 [edit]

CM: --
TB: --

1114

お帰り!アノン♫  




約半年振りにアノンが帰宅しました。
しばらく会っていないから、何かおかしい感覚??(笑)

3L8A8080_1.jpg

3L8A8076_1.jpg

鼻周りの黒いところ、足の黒いところ、耳の後ろに少しだけあった茶色い毛。
そのままのアノンが帰って来たみたいで・・
やはり、見ているとジワッとくるモノがあります(笑)

黙っていなかったのは安太郎くん・・
見せるといきなり飛び付いて来て、お尻や顔の臭いをクンクン嗅ぎ始めました。
もう尻尾もぶんぶんでちぎれそうな位です(*^_^*)

ミニチュアのアノンに、バウポーズまでして遊びに誘ったり。
安太郎も寂しかったんでしょうね・・。

3L8A8077_1.jpg

3L8A8078_1.jpg

その後も安太郎くん、興奮し続けています。
アノンのお骨の横に置いたミニチュアアノンに向かい、ずっとワンワン吠え続け
遊びに誘っています・・・。



IMG_4206.jpg

何か半年振りに戻ってきてくれた様な感じがして力が抜けました・・。


今回のミニチュア・アノン。

はあとりぼんるーむ」さんにお願いして作って貰いました。
アノンの介護しながらブログを見つけて、アノンが居なくなったら
作って貰おうと思っていました。


Posted on 2015/11/14 Sat. 12:17 [edit]

CM: --
TB: --

1111

繁殖・・  








また、これまで何度も書いて来た事です。


いろいろと遺伝病の事を勉強したりして繁殖させているブリーダーさん達は
心配ないのでしょうが・・。
ペットショップやオークションに犬を卸すパピーミルな人達、
自分の飼っている犬の子を見たいという個人の素人繁殖や
より競技で力を発揮出来るようにと、ドッグスクール等で繁殖させることもあるでしょう。

例えばボーダーコリーに関しては、「NCL」の遺伝病検査だけでは不足です。
NCL・TNS・CEAは勿論、その他検査可能な項目は全て検査してから
交配させましょう。父犬は検査したけど母犬は検査していないはダメですよ。

自分が繁殖させた犬が、自分の手元を離れてから思わぬ事が起きる場合も
あるかも知れません。
繁殖させ手放した犬達にも責任を持ちましょうね・・・。

Posted on 2015/11/11 Wed. 07:10 [edit]

CM: --
TB: --

1110

犬の遺伝病を出さないために・・。  






いろいろと新しいことをやる為に手当たり次第書いています。

犬の遺伝病を出さないためにどうしたらよいのか??
ペットショップでは買わない。
これだけでパピーミルからの犬を買う事が無くなりますから、多少は危険が減るかも?

でも、自称ブリーダーさんのHPを見ると
「CL・TNS検査済み」と載せている所もあるんですけどね・・。
以前も書きましたが、「検査済み」は遺伝子検査を受けただけで、「クリア」なのか「キャリア」
なのか解りませんからね・・。

そして、「クリア」と表記してあっても・・
偽装されたものだったという事も考えられますから。
実際にそういう話は頂いていますし。

繁殖犬の「遺伝子疾患証明症」が果たして、本当にその繁殖犬を
検査したものなのか??と疑い出すと、キリがありませんね。

あとは自分でいろいろとブリーダーさんの話を聞いたり、ネットで調べたり
無責任な言い方ですけど、飼う側の知識と人を見る目も必要かもしれませんね。
大多数のブリーダーさんは真面目にやっていると思います・・。
中にはそうじゃない人も居るって思っていた方が良いかもしれませんね。

と・・・これまで書いて来た事と同じ内容です。


Posted on 2015/11/10 Tue. 13:57 [edit]

CM: --
TB: --

1109

繁殖屋さん、ペットショップさんへ  








いろいろと検索したりで、このHPを見に来て頂いている
繁殖者・ペットショップの方々へ・・。

とても見難いブログですみません・・。
全然、過去の記事もまとめていません・・新しい事への取り組み等で無い頭を使っていますので・・。

繁殖屋さん、ペットショップの経営者に伝えたいこと。
今後、もし致死性の遺伝病が自分の所から出ると
下の記事にある画像以上の見舞金・賠償金??を支払うことになりますょ。
飼っている側からすると金額が多い少ないの問題では無いのですけどね。
金の事を持ち出して、どうこう言うのは好きでは無いのですが・・・
検索してくる方にはこの金額を知りたい方も多いみたいですから。


「こうなります・・」

僕が請求したのは170万ちょっとですが・・
本来であれば、10ヶ月分の収入もそれに加えようと思っていました・・。

結果的に利益がたっぷり出ている繁殖者・ペットショップの方々には
痛くも痒くも無い金額となりましたが・・・。
その分、犬舎とペットショップはかなり有名になったと思います。
何の広告費も出さず、全国に名が知れました。良いのか悪いのかは別として。



Posted on 2015/11/09 Mon. 12:07 [edit]

CM: --
TB: --

1104

どうなんでしょうね・・  








以下は、ペットショップ大手のAHBの?検査会社Bio Plusの遺伝病に付いて
HPですが・・。

以前からこのブログでも取り上げ、書いて来た事ですが・・・
上記HPの「繁殖時掛け合わせ早見表」

ここで、この組み合わせはOK・この組み合わせは禁止とあります。
ここではノーマル×キャリアの組み合わせはOKとなっています。

僕自身の考えでは、「行うべき組み合わせでは無い」と考えています。
もし、その組み合わせを行うのであれば、繁殖者・ペットショップ側が
生まれた子犬たちの遺伝子検査を行い、50%の割合で生まれてくると言われている
キャリアの子達に関しては、避妊去勢手術を行った上で市場に出すべきと思います。

客や譲渡先に「キャリア」であるかもしれない可能性を伝えず
安易な飼い主が繁殖を行ってしまった場合は、更にキャリア犬は増加し
偶然にキャリア×キャリアの繁殖が行われる可能性もあると思います。

大手ペットショップがそこまでの事を書かず、ノーマル×キャリアの繁殖はOKとする
事を書いてしまうならば、その後の注意点。自分達が作り出したキャリア犬に付いての
注意事項も記載されるべきと思っています。

それと・・現在、数社のペットショップではその犬種での
代表的な遺伝病検査を行っている所もありますが・・
ボーダーコリーならばNCL検査。
いつも書くことですが、僕の様に何も知らなかった客には「遺伝病検査」していますで、
あぁ、じゃ安心ねとなることもあるかもしれません。
確かに何もしないよりは良いのでしょう、でも僕からすると片手落ちです。
いろいろな現状を知ってしまえば、NCL・TNS・CEA等は当たり前です、その他の
検査を繁殖者・ペットショップがどこまでやって、良しとする基準は無いと思っています。

Posted on 2015/11/04 Wed. 07:44 [edit]

CM: --
TB: --

1102

10月23日  






先月23日、10月23日はアノンの同胎兄弟犬「りく」君が亡くなり
丁度、1年でした・・。

あっという間の1年間でした。
今でも当日のことを思い出します・・

りくママから朝5時か6時頃にメールが入りました。
「りく、早朝に亡くなりました」

りく君はNCL発症と解ってから、1ヶ月しか生きられませんでした。
兄弟探しをしても、なかなか連絡が付かなかったりく君・・
りくママがこのブログに非公開コメントをくれて、それでようやく
居場所が解りました。

顧客リストを持っている、ペットショップ社長が
兄弟・親戚犬の飼い主さんには責任を持って連絡すると言った
言葉をすっかり信じてしまった僕が悪かったかも知れませんね。

購入時の住所から転居していて郵便物が戻って来て連絡が付かない・・ペットショップが
言っていた事です。
りくママは転居後にも、同じペットショップの違う支店でボーダーを迎えています。
その時は新しい住所で登録していたのに・・。何故、新しい住所に連絡を
しなかったのか・・。

りく君は連絡が付く数ヶ月前から、色々な症状が出ていました・・
せめて少しでも早く、NCL発症と解っていればご家族も心の準備期間は出来たのかもしれません。
血液採取してDNA検査をして、やはり発症ですと言われ、どんな気持ちだったか・・。

亡くなった後のペットショップの対応は昨年に書いた通りです。
りく君を火葬した帰り、車の中からりくパパ・りくママが僕に電話をしてくれました。
その日の夜も翌日も電話で話し・・・
腹が立ってたまりませんでしたょ。
飼い主では無い僕が立腹するくらいですから、ご家族の怒りはそれを遙かに超えていたでしょう。

現在、りく君のブログは更新が止まっています。
子育てに追われる中、りく君と子供の面倒を見ながらりくママが携帯から少しずつ更新していました。
現在も忙しくブログ更新は出来ない状態です。

りく君とアノンの死が無駄にならない様に、これ以上CL病やTNSで苦しむボーダーと
飼い主さんが出ないよう、ブログを使い少しずつでも情報を発信することしか出来ません。


僕が毎日アノンの事を思い出しているように、りく君のご家族も「りく君」の事を
思わなかった日は無い1年間だったと思います。

りく君はどうしているでしょうね・・
アノンと会い目も見えて、てんかんの発作で苦しむことも無く走り回り
また、りくママの元に戻ってきて欲しいものです。

Posted on 2015/11/02 Mon. 23:45 [edit]

CM: --
TB: --

1102

神経セロイドリポフスチン症  








改めて「NCL(神経セロイドリポフスチン症)」に付いて調べていましたが・・
小児慢性特定疾病情報センターに出ているんですね。
勿論、人間の事で犬のことではありませんが。

犬の場合は、これまでも引用させて貰いましたが・・

・犬のゲノム研究が明らかにしてきたこと (4) - 神経セロイド・リポフスチン症のメカニズム解明・治療へ向けて

JBHCNの
・CL(NCL)病:セロイドリポフスチン症 (Ceroid Lipofuscinosis)

日本獣医師会での
・初期の臨床症状として視覚障害を呈した神経セロイドリポフスチン症のチワワの 1 例

等々、検索するといろいろなHPがヒットします。

犬のNCL発症犬の症状の様子も様々だろうと思います。
いまボーダーコリーの仔犬を飼っている方が、自分のボーダーの様子を
見て、「何だろう??何かおかしい?」とか思われるのは、最初の症状がどの様な
ものなのか?では無いかと思います。
実際、このブログを見て頂いた方でも、検索用語がどの様な症状なのかを
検索してる方も多くいらっしゃいます。

僕は難しい事は解りませんし、どの遺伝子がNCLの原因とかも
解らないし、専門的な事はあまり興味も持てないというか・・難しくて解りません。

ごえもん君やアノンの同胎犬りくは視覚障害からだったと思います。
アノンはフードを2〜3日、ほとんど食べなくなったり口に入れたり出したりから
症状が出始めています。

やはり気になるのはJBHCNに出ている症状の一覧・・

1102-syo.jpg

過去にもこの表を使い、その時のアノンに出ている症状がどれかを
書いた記事がこのブログにもあります。
どの程度の強さでその症状が出て来るかもそれぞれと思いますが・・。

やはり経験した人に聞いたり、NCLに詳しい獣医さんに診て貰うのが良いのでしょうね。

それと・・
やはりずっと思い続けていること・・。

今は動物病院で血液を採取し、検査会社に送りNCLがクリア・キャリア・アフェクテッドと
結果が出ますが。
結局、その判定だけでお終いなんでしょう。

可能であればそれぞれの検査会社で出た、キャリア・アフェクテッドの犬達のデータを1カ所に
集中出来ないものだろうか?
血統書も含め、そのデータをまとめることでいろいろな事が解ってくるかも??
医学的には意味の無いことであるような気もしますが・・。

一個人がこんな作業出来る訳も無く、夢物語なのかも知れませんけど。

こんな事くらいしか、ブログに書ける内容もありません・・・。


※以前も書きました、TNSと現在も戦っているFIOちゃんの事も気に掛けて下さい。
飼い主さんはお忙しく中々、ブログの更新もままならないと思います。
私は飼い主さんとFacebook等で繋がり、現在のFIOちゃんの姿も見ることは出来ます。
以前よりも身体も大きくなっています。
でも、やはりしばしば発熱等で体調不良になっていますし・・。
FIOちゃんが頑張ってくれているのは、致死性遺伝病の発症犬を飼っていた人や、
現在飼っている人からすると、FIOちゃんは「希望」でもあると思います

NCL・TNSで苦しむ犬・飼い主さんが増えないよう願っています。


Posted on 2015/11/02 Mon. 08:05 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top