0504

嬉しいですね  


今月の19日はアノンの命日です。
今日、たまたま違う用件で電話をしていただいた方から。19日は過ぎると思うけど、お邪魔しても良いか?と言っていただきました。
とても嬉しい事ですね。
もう誰もアノンの事もNCLの事も覚えていなく遠い昔の話になっているんだろうなと、思っていましたが覚えてくれている人も居るんだと。いつ来ていただいても大歓迎です、アノンの骨しかありませんけど。
アノンが亡くなってから、ペットショップでボーダーを扱う所はいくらか少なくなったと聞いています。ペットショップが何の遺伝病も無いボーダーです!と胸を張って言える繁殖者から仕入れてはいないと言う事でしょうかね?
ペットショップでボーダーの扱いが少ないとなれば、どうしてもボーダーを飼いたい人はブリーダー等から迎えるしかなくなるでしょう。
じゃ、アノンやりくのNCL発症後に所謂、ブリーダーさん達は何かこれまでと違う対策を取った所はあるのかな?
繁殖させているボーダー全てを様々な遺伝病ね検査をしたとか。名前は知れている所でも、いろいろ調べると解る事もあります。ここで具体的な名前は出しませんけどね、NCLだけじゃなくTNSでも同様です。
それでも、過去の間違いをブログやHPに書いている人達は信用出来るのかも? 自分に不利な遺伝病を出した事など一切書いていない人がほとんど。当然だろうけど。過去の過ちをブログに書き公表した人、僕は一人しか知りません。
どんなに自分が飼っているボーダーが生まれた、犬舎やスクールに通っている人達でも過去に起きた知らない事はありますょ。絶対100%大丈夫なんて難しいですから。
飼う側、これから迎える側がボーダーに限らず、遺伝病のこと、病気のこと、躾の事、犬舎やスクールの情報を集めて、自分の頭で判断するしか無いでしょうね。

Posted on 2016/05/04 Wed. 22:10 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top