0219

もう一度、『JBCHN』  




過去に何度もこのブログで取り上げさせていただいた
JBCHNです。
NCLやTNS、CEAに付いて比較的解りやすく解説されています。

ボーダーコリーを飼い始めた、飼っている飼い主さん達は是非一度目を通して
いただきたいと思っています。

いま現在では動物病院で血液を採取し、提携?契約?している検査会社へ検査を
依頼すれば、クリアなのかキャリアなのかアフェクテッドなのか結果は解ります。
一般の検査会社では多分、結果を出してお終いです。
そこまでが会社の仕事ですから当然と言えば当然です。

JBHCNでは大学の検査機関で検査が行われます。
そしてデータとして今後、活かされて行くことでしょう。
その為、HP内に記載があるように「検査依頼の個体を識別できる記載(血統書名やコールネームなど)が無い場合は、検査をお受けできません」
となっています。

NCL、TNS等の遺伝病の事を知る為にも一度JBHCNのHPをみて下さい。

Posted on 2017/02/19 Sun. 19:06 [edit]

CM: --
TB: --

0213

TVの取材を機会に更新。  




まだどうなるのか解りませんが、TVの取材の話しをいただきました。
その機会にブログ更新。

NCL発症犬の飼い主だった者として思うこととか漠然としていますが・・。
あと数ヶ月でアノンが居なくなり2年になろうとしています。

NCL発症と解って以降は怒りにまかせてBlogの更新を続けて来ました。
あれ以来、NCLの発症犬は出て居ないのかもしれません。
今になり感じたり、思ったりしているのは怒りで繁殖者やその他を責めても
結局は何もならなかった。

今後、遺伝病の犬を出さない為にするにはどうしたら良いのか??

遺伝という面だけで見れば簡単です、キャリア×キャリア・アフェクテッドを
繁殖に使わない。これだけで100%では無いでしょうが、発症犬はほぼ出て来ない筈。

ただ、現状は繁殖者だけの問題では無く様々な問題が複雑に絡み合っています・・。
細かな事は書きませんが・・
そうそう簡単に遺伝病の犬が出ないならば、NCLもTNSも既に無くなっているでしょう。

「ブリーダー」と一括りにしてしまうのも、どうかな??と思っています。
その犬種だけ、他に一犬種程度を真面目にしっかりとした知識で繁殖している方もいれば、
何十犬種、繁殖小屋には100頭以上の繁殖犬を抱えている方もいるでしょうし。
ペットショップ等では「ブリーダー」という言葉を当たり前に使いますが、
様々な方が犬を繁殖させているのは事実です。

大切なのはこういう遺伝病が、この犬種にはあるんだと飼い主さんはじめ
関係する方々に知っていただく事。
中にはNCLやTNSの様に治療方法も無く、致死性の遺伝病もあるんだという事を
知っていただく事かな??と・・。



Posted on 2017/02/13 Mon. 17:15 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top