0924

ペットショップで犬を買う危険  




しばらく更新していませんでした・・・。
出来る事なら犬の事や話題から離れてしまいたい気持ちもあります。

ペットショップで犬を買う危険って考えた事ありますか??
ペットショップに限らずなんですけどね。

そりゃHP等には社内で獣医師が店頭に出す前に身体検査等のチェックを入念にしています。
と書かれてます。
でも、アノンもリクもその身体検査のチェックを受けて店頭に並んだ訳ですね。
そして3歳までは健康に過ごすことが出来ず亡くなりました。
遺伝病は仔犬の時は大丈夫でも後から症状が出て来ます。
簡単な身体検査じゃ解らないんです。

アノン達の件、以降仕入れ先には繁殖犬の遺伝病検査を義務付けたとは
言いますが・・・
例えばボーダーコリー、CL病の検査しかしていないと思う・・
TNSもコリーアイもやっていないでしょうし。
まあ、コリーアイに関しては一般的な遺伝子検査だけでは不十分かと思いますが・・。

他の犬種もいろいろ遺伝病はあります。
店頭のガラスケース内の仔犬を見て、可愛い・飼いたいと思えば
先ず一度家に帰り、どんな遺伝病があるか飼う側も調べないと。
遺伝病なんて滅多にあるモンじゃないしと、アノンを連れて来た時は自分も思っていました。

仕入れて来た仔犬ではなく、繁殖先の親犬を調べないとダメなんですよ・・。
ペットショップで親犬の検査証明書を見せて貰うと良いかな??
でも、それも本物かどうかは解りませんが。
何せ、実際繁殖に使っている犬と検査に出している犬との「すり替え」なんて
当たり前にやっているかも??
全くそれは無いとは言えませんよね??

遺伝性疾患のセミナーを開催した時も、ペット会社にはメールでお誘いしましたよ。
でもね、来ないんです・・・
もう終わったこと、治療費も賠償もしたからもう良いだろうってのが感じられます。
示談書には「今後、金品の要求はしない」と確認項目がありましたが、
ブログやSNS等で遺伝病の事、ペットショップのことを書いていくのは構わないと
会社側の弁護士も了承済み何で書きますけど・・・。

致死性の遺伝病の犬を売ってしまったのは仕方ない、であれば
今後自社で販売する犬はせめて遺伝病の無い犬を販売しようと思わないのかな??

店員さんが「ウチが取り引きあるブリーダーさん」と時々聞くけど、
まっとうなブリーダーと何十犬種何百頭と繁殖犬の居る犬屋と一緒にされるのも
知らない側は混乱しますわ。

何を書きたいか解らなくなってきたけど・・・
結局、ペットショップで犬を買うのはいろいろなリスクがありますよって事です。



Posted on 2017/09/24 Sun. 12:04 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top