0610

不安症?恐怖症?  





Anonと安太郎の狂犬病予防接種とフィラリアの予防薬を貰うのと
今年度の登録に動物病院へ行って来ました。

Anon17.5Kg、安太郎20.6Kg。
どちらも太り過ぎもナシ。


安太郎から最初に診察台に上がりましたが
Anonがこれまでに無く怖がり暴れ大変でした・・

Anonの普段の怖がる状況や散歩時の怖がる状況等を
相談したところ、元々怖がりなAnonが更に酷くなったのが3月末頃から。
何かあったかと聞かれ思い当たるのは一つだけ。

Anonが居たペットショップの支店が近所に出来て
シャンプー・トリミングに預けましたが、いつものトリマーさんでは無く
終わったと連絡もらい迎えに行くと、ブルブル震えていた。
話を聞くと怖がってちゃんとカット出来ないんですよねぇと言っていた・・。
その後から怖がりが一層酷くなってきている感じ。

今日行った掛かり付け病院の先生は散歩時も怖がる様ならば
無理に連れて行かない事。
先ずは玄関や外に出たら良い事・楽しい事があると躾けて行くしか
無いかも?と。
安定剤も服用して様子をみると同時に、動物行動専門のクリニックを
紹介されました。
不安症なのか恐怖症なのか??

なんで父と同じ様な病気になってしまうかなぁ・・

病院からの帰りがこれまた大変でした・・・、一番のハプニングだったかも・・。
妻に会計を任せて怖がり落ち着かないAnonと安太郎を僕が一人で
車に乗せて待っていようと思い、安太郎は後部座席にピョンと飛び乗り
Anonは・・
一気に脱走しました。

そこの動物病院スーパーやらその他いろいろな店があるショッピング
モールみたい所のいっかくにあり、駐車場は車の出入りもかなり激しいんです。
Anonは駐車場の中走り回り、車に轢かれそうになったの3回。
追い掛けていた父は2回ほど車と接触しそうになり、何とか確保。

車を運転していた人達に謝って歩くも父は汗だく・・
昔、短距離専門だったのが嘘の様に走れませんわ。
体重も学生時代の倍以上だし・・。

まぁ、Anon先ずは薬飲ませて様子をみて改善されない様で
あれば専門の病院へ。
Anonも安太郎も躾をやり直しですね。


Posted on 2014/06/10 Tue. 18:55 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top