0729

血統書の公開について2  

0822.jpg



血統書の公開、どう思われますか?
沢山の方々からご意見をいただいております、本当にありがとうございます。
引き続きご意見を上記の方に書き込みお願いいたします。



血統書の中には様々な繁殖者・飼い主さんもおります。
しっかりと遺伝子検査も行い自分の犬を愛して大切に育てている方も
いらっしゃいます

現在、Anonの血統書に出ている犬の飼い主さんと連絡が取れたのが2件。
他にはAnonの同胞犬を1件以前より把握しており、Anonよりも8ヶ月遅れで
生まれている兄弟犬1件を把握しております。

と・・
公開に関する話は今回はこれでおしまいです。


結局は会社は私・繁殖者双方の連絡先を教えたりは出来ない。
私、本人が許可すれば良い事だった筈ですが断られました。
そりゃそうでしょうね・・・
そこそこの企業が訴訟問題にすると言っている私に何も教える筈も
ありません。関わりたくないのが本心でしょう。

更に驚くことに・・ペット会社側で行うと言っていたその犬舎にいる
ボーダー達のCL遺伝子検査、結局は繁殖者が自分で行い結果報告を
出すそうです(-_-;)

アホらしくて開いた口が塞がりませんでした。
犬舎任せにしておけば、それこそキャリア等が判明した犬の報告など
する筈がありません!
キャリアが居ても居ないことにするのは簡単ですよね?
得意の「里子に出した」で済みますからね。

まぁ何処の企業もこんなもんですよ・・
トラブルになりそうなことには首を突っ込みたくない・・
それが本音でしょう。

結局は繁殖者の良心に期待するしか無い。
良心のある人が繁殖をしいれば、Anonの様な子は産まれてきませんって!

様々な方々が頑張って頂いているように、個人がBlog等で情報発信するし
か無いようです・・。


どなたからコメントいただいていましたが、結局は行政も何処も
何も出来ないし頼れない。Anonを生ませた適当な繁殖者が野放しに
されているのが現状なのです。
自分の無力さが情けないですね・・・。

Blogも毎日たくさんの人が見てくれて・・
「あぁこういう病気があるんだ」と思ってくれたり
コメント入れてくれたりするのはありがたいですね。





Posted on 2014/07/29 Tue. 13:05 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top