0820

繁殖屋にいるキャリア犬の扱い  

今回、いろいろとペットショップと話をして
現在、ペットショップが行っている事を聞いたりしていました。
一時期はそれもBlogに書いていましたけどね。

そんな中で僕へ頂いたご意見?

------------------------------------------------------------------------
・キャリア犬の繁殖をやめさせるなら、
繁殖屋が所有するキャリア犬の命の保証をすること。

・命の保証とは、良い環境を持つ里親を探し、目に見える形にして「ひぃ」宛てにに報告すること。

・その里親探しは、繁殖屋だけで行わず、ペットショップも責任を持って最後の1頭まで行うこと。

・ペットショップはこれまでの責任をとって、生体販売を止めること。

・上記ができない場合は、ペットショップが提案してきた内容は全て白紙に戻すこと。

・某犬舎とペットショップは取引がないのはもちろんわかっていましたが、
もしこれからホームセンター等もキャリア犬の仕入れをしなくなったら
その子達の保証はどうなるのか?
誰が保証するのか?


仮に今回のペットショップの影響で全道の繁殖屋が全頭検査を行い、使えなくなったキャリア犬が一掃されることになったら、その多くの犬達の行く末は誰が保証するのでしょうか。

・その保証が確立されない限り、
中途半端に全頭検査なんて発言は
誰にもできないと思っています。
もし発言するんだったら
その前に命の保証をしてからでなければなりません。

・保証してあげることができない以上発言は控えるべきだと思うし
もちろん検査結果も公表することも絶対にできません。
だって保証できないんですもの。

・従って、保証もなしに全頭検査に賛成している「ひぃ」さんのお手伝いはできません。という結論に至るわけなのです。

・じゃあこのまま現状を見てみぬ振りをするのか、それこそ見殺し同然だ!と言われても、
保証できないのに発言をし、その影響で状況が変わり、たとえ1頭でも犠牲になってしまうかもしれない、
そういうことが耐えられないので何も言い返すことができないのです。


・結論は、全国の繁殖犬やキャリア犬の命を保証した上で、
全頭検査をしたり、生体販売を中止したり、キャリア犬の根絶ができるのなら大賛成です。

--------------------------------------------------------------------------
以上ですね。

キャリア犬を実際、自分の子として飼っている方もいるわけで
ペットショップに残ったキャリア犬をどうするんだ?という事も理解は出来ますよ。
繁殖屋が潰れたらそこの犬達・繁殖屋の生活は誰が面倒見るんだ?とか。

でもね、ペットショップに「こうこう、こうやりなさい」と言い出したのは僕ではありません。
ペットショップが自主的にやり出した事です。
こうしたら良いとかは言えるかもしれませんよ・・。

その前に、当初の目的は「先ずペットショップと繁殖者が僕と家族・アノンへの
謝罪をする。ペットショップで販売したキャリアまたは発症する可能性のある
飼い主へ全件連絡すること。」
そして飼い主へ連絡することにより、今後のCL病の発症犬・キャリア犬を
拡大させたくないってのが僕の考えですね。

スタートというか僕の目的はここです。
付随して「CL病を無くしたい」という思いはありますが、
繁殖屋のキャリア犬をどうするとか、命の保証はどうする、誰が責任取るのは
また別問題です。

そして・・・
「・結論は、全国の繁殖犬やキャリア犬の命を保証した上で、
全頭検査をしたり、生体販売を中止したり、キャリア犬の根絶ができるのなら大賛成です。」
って・・
Anonと僕への謝罪・飼い主への連絡がどうしてこんなに
話が大きくなってくるのか理解出来ませんわ・・・。

何か勘違いされてるんでしょうね・・。
こういう事の対応で頭を悩ましていた自分が馬鹿ですね・・。



Posted on 2014/08/20 Wed. 12:14 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top