0921

改めて兄弟探しです  

改めて兄弟犬・親戚犬を探す為、またこれ以上の
発症犬・キャリア犬の増加を防ぐ為に兄弟・親戚が見付かり易くする為にも、
これまで一部だけで公開していたAnonの血統書を公開しております。

血統書内の青四角で囲っている犬名は
CL症遺伝子検査を飼い主様が自発的に受けて頂き、クリアが判明した分です。
ご協力いただき大変感謝致します、ありがとうございます。

血統書内の赤四角で囲っている部分は、Anonの状態や交配させた犬の検査結果
を考えると当然、キャリアとなる筈と僕が考えている分です。
ペットショップでAnonの父母犬に付いては、CL症遺伝子検査は終了済み
ですが、その結果を私は何故か教えていただく事が出来ません。


また、父方の祖母犬についても現在は既に繁殖を引退しておりますが
Anon父犬の犬舎、現飼い主様は結果を把握している筈
ですが、検査結果を公表はしないとの事です。
Anonの父方祖父犬の検査結果がクリアであれば、祖母犬はキャリア
と考えるのが自然な流れとは思いますけどね。

また、Anonが発症犬。Anon母親の兄弟犬が「キャリア」であることを
考えると、Anonの母親犬は「キャリア」となる筈です。
同様に父親犬も「キャリア」となります。
Anonの父母犬は現在4歳で存命ですから、「発症犬」とは考えにくいと思います。

この血統書を出すことにより、ボーダーコリー飼い主さんが繁殖するしないに
関わらず一人でも多くの方が、CL症遺伝子検査を受けて頂くことが出来れば
CL症ラインの特定と撲滅が可能になると考えております。
ご協力、よろしくお願いいたします。


↓ クリックし、縮小表示される場合は拡大してご覧下さい。
  尚、血統書はあくまでも私の所有物ですので転載はご遠慮下さい。




















Posted on 2014/09/21 Sun. 13:48 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top