1022

変化無し  

Anonは先日発作を起こした後は何も
変化はありませんね。
変化が無い方が良いのかも知れません、悪くなっても
良くなる事は無いですし。

このBlogも兄弟探しから始まりいろいろとやってみました。
結局、老人繁殖者に廃業させるなど無理なんですね・・。
買う人が居るから繁殖させる、単純なことなんですけど・・。

兄弟犬・親戚犬も発症はりく君一頭だけで済んだ??
キャリアであればCL症そのものにも興味が無くなるようです。
この辺なんですよね・・・CL症が未だに続いている原因の一つ。

発症犬だった飼い主さんはそこそこ一生懸命に情報を発信
し続けますけど。
発症犬が出ると、何処で?どの兄弟!とちょっとした騒ぎになりますが
また直ぐに終息。

流行病みたい感覚なのかも??
毎年流行るインフルエンザみたい感覚なんでしょうかね。
クリアで良かった、キャリアで良かった・・・
それでお終いです。
まぁ、そんなもんですよ実際は。
そしてまた何処かでCL症が出れば、血統書公開してくれ・何処の犬舎だと
騒ぎになります。それの繰り返しなんですよ。

継続してCL症についてBlogで取り上げている方って
僕が知っている限りは一人のみです。

皆さんが飼っている犬が発症じゃないと良いですね。







ペットショップ、ネットオークション、およびWebショップでの犬の生体展示販売に反対します

LIVING WITH DOGS

Posted on 2014/10/22 Wed. 11:18 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top