1029

CL病を無くす為に。  



これまで何度も書いてきた事ですが定期的に書きます。

「先ずCL病って何?」というところからスタートでしょうね。
残念ながらペット業界関係者でも、某団体でもCL病って何ですか?という
返事が返ってきます。
狂犬病とかと同程度、知られる様にならないと・・。

これから犬を買う(飼う)側が、ペットショップやブリーダーに
親犬のCL遺伝子検査結果証明の提示を求める、もちろんCLだけではなく
TNS・コリーアイ等の遺伝子検査結果証明の提示も求める。
検査していないとか、CLの検査のみの場合は犬を買わないこと。

と、なると通常のペットショップでは永遠にボーダーコリーを買うことは
出来ないかもしれませんね??
でも、それで正解です・・。
ボーダーコリーや自分の犬を愛し勉強しているブリーダーさんから求める
べきでしょうね。ペットショップよりは敷居が高いかもしれませんが。

繁殖する側はここで書かなくても当然のことと思いますが、
繁殖犬の遺伝子検査の実施。
それが出来ない時点で、犬を商売の道具に使うべきでは無いと思います。
遺伝子検査の他、自分が飼っている犬の血統はどうなのか?とかも
いろいろと研究すると良いと思いますけど・・。

そして・・既にブリーダーさんの中でも、CL症やTNS・コリーアイ等の
遺伝病を無くそうと、ご自身のHPやBlogで活動して下さっている方々も
実際に出て来てくれました。

その様な輪が拡がる事により、CL病や他の遺伝病の事をより多くの方に
知っていただけると思います。
ボーダーコリーの飼い主さんも他犬種の飼い主さんも、たまーにご自身の
BlogやHPで取り上げていただくと、より多くの方の目に触れることになります。

先ずはそういう小さな所から始めないといけないような気がします。


Posted on 2014/10/29 Wed. 19:47 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top