1224

遺伝病を無くす為には  






遺伝病を無くす為にはどうしたら良いのでしょうね?
現状のペット流通システムだと、繁殖者やペットショップの良心に
期待するしか無いと思いますが、ペット業界は何の罰則も無い様な
現在の状態では何も期待することも出来ません。

以前に書いた「JKCの対応」を見ても遺伝病に対する姿勢が消極的なのは
皆さんより以前から聞いていた通りでした。

生産者・販売者・管理する側に期待など出来ないのであれば
犬を飼っている人達やこれから犬を飼う(買う)人達が行動して行かなければ
いろいろな遺伝病を持った犬達が市場に出回ります。

何処からペットを迎えるかも重要ですよね。
じっくりと調べて本当の「ブリーダー」さんを選びそこから迎えるのも一つの
方法でしょうね。ただ、初めて犬を飼う人とかネットは殆どやらない人に
とっては本当の「ブリーダー」さんが何処に居るのか、なかなか情報が入らず
ペットショップでという流れが多いと思います。

その都道府県の大手だから、全国チェーンだから、個人経営で信用できるから
などは全くあてにならないかも知れません。

これから犬を飼う人や既にボーダーを飼っている人がペットショップへ行き
ボーダーが販売されているのを見掛ければ、その親犬がNCL・TNS・コリーアイ等の
遺伝子検査を受けているかどうか店員さんに聞いてみると良いです。

AnonのCL病が解ってから、僕自身ボーダーを見掛けると時々聞いています。

残念ながらというか当然というか・・どこのペットショップでもその質問すると
「???」という答えが返ってきます。
苦し紛れに「ワクチンは全部で3回のうち2回まで終わってます」とか言う答えも
ありました・・。
数日間に数回、僕と同じ質問をした人が居たというペットショップでは
逆ギレした店員さんも居ましたけど・・・。

遺伝病はボーダーに限った事ではありませんが、現在自分に出来るのは
ブログでNCL等、遺伝病の犬が売られているんだよ、売られていたんだよという
情報を発信するのと、ペットショップで見掛けたら質問する・・。
これくらいしか出来ません。

ペットショップで親犬が色々な遺伝病はクリアですと返答があれば
その検査証明書をコピーするなりして見せて貰うのがよいのかな?と・・。
ただ、所謂パピーミルな繁殖者達は違う犬の証明書を出して来たりしまますから
要注意ですけど・・。
それを言い出すと誰を何処まで信用して良いのか解らなくなりますけど・・。

ボーダーを見に来た人達の多くが親の遺伝病検査証明書はあるのか?と聞けば
きっと店員さん達でも犬って遺伝病とかあるんだ!と気が付き、子犬の仕入れに
気を付けるように本部の偉い人達に話すかも??

ボーダーに限らず遺伝病を無くすのにはかなりの時間が掛かるでしょう・・
ただ、諦めたらそこでお終い。何もやらないより少しでもやった方が良いのかも
しれません。
繁殖に関して野放しになっている日本の業界ではコレといった解決策は
すぐに出て来ないでしょうから・・。
小さな事かも知れないけど、いろいろと続けた方が良いのは間違い無いと
思います・・。


Posted on 2014/12/24 Wed. 11:09 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top