0117

今後のこと。  





今はまだAnonが生きていますから、勿論Anonの事が第1優先になっています。
そう遠くない将来、明日か来週か来月にでもAnonとはお別れする時が来ます。

その時を考えるとしばらく何も出来ないのかも知れませんが・・
CL病を無くしたいという思いは一層強くなるのではと思います。

このBlogをそのまま続けるか、ホームページを新たに作成するかネットだけでは無く
実際に行動するのかは何も決めていませんが、どんな形であれCL病撲滅への
行動は続けると思います。
その時に協力して下さる方が出て来てくれると心強いです。

CL病の発症犬を飼っていた方、キャリア犬を飼っている方が協力頂ければ
より強いメッセージを発信できると思いますが、何年経っても自分の家族同然の
ボーダーコリーがCL病で居なくなってしまったという事実は飼い主さんの心に
重くのしかかっていますから、CL病については一切触れて欲しくないという方も
いらっしゃるでしょう。
キャリア犬の飼い主さんも同様だと思います。

かつて、ごえママさんがやって下さった様な情報発信を誰かが続けなければ
現在の日本ではCL病や他の遺伝病は延々と続くと思います。
ごえママさんの様な緻密な報告や活動は出来ないとは思いますが、Anonが
日本で最後のCL病発症犬で終わって欲しいという思いは強くあります。

本来であれば法律で遺伝病の検査をしクリアの犬を繁殖させ
守られなかった場合は厳しい罰則というのが理想でしょうけど・・
それは、まだまだ先の事でしょう。
そうしている間にもペットショップで「発症」や「キャリア」のボーダーが
売られ続けるかもしれません・・。

個人がやる事なので成果も期待できないかもしれませんが・・誰かがやらなければと・・
どなたかご協力頂ける方がいらっしゃる事を期待します。





Posted on 2015/01/17 Sat. 11:04 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top