0317

通院  

IMG_2540.jpgIMG_2539.jpg


体重は2週間前から比べマイナス0.9Kgの13Kg丁度・・
やはりしっかり食べられなくなっているのが原因?
血液検査でのNaとClの数値が高いのもフードを食べられなくなっているからでは?と。

ALTとALKP、前回の検査時と大きな違いが無い為、これまで一日おきに服用させていた
ステロイドを毎日服用に変更することになりました。

素人目で見て明らかに解る発作以外に海老反りして手足の硬直や震えも発作ということらしい。
「てんかん読本」を読み多分そうだろうとは思っていたけど・・。
いよいよ、状態が進んできたという事らしいです。

帰り際、先生より「こんな話を今する事ではないと思うが・・」と
亡くなった後、脳の病理検査?をさせて欲しいと。
それは以前からそこの病院に勤めている知人より多分そういう話がと聞いていたので
別に何とも思わなかったです。

北大にはNCLの症例が数件あるのでしょうが、もう一つの学校には無いのかな??
一時はこんなに長期間苦しんだから、もう何もしないでそのままという思いもありましたが・・。
Anonの脳を病理検査してNCLと確定したところで、何の役にも立たないのかも知れないけど、
今後のNCL発症犬が出て来ない為、将来の何等かの治療方法に繋がるかも?という
僅かな期待もあり、Anonにはもう少し頑張ってもらう・・。
正直、その時がこないとどうするか解らないけど・・。

脳や神経系の病気、どこの動物病院でもいろいろと診察や判断が付くように
なると良いですね・・。
それと何の知識も心配も無く、ペットショップへ卸す為に遺伝子検査もしないで
繁殖させるパピーミル達も居なくなると良いですね・・

犬を飼っている方々・ペットショップに勤めている方々が
遺伝病って案外身近にあるもんだと思って欲しいものです・・。

Posted on 2015/03/17 Tue. 12:40 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top