0422

また同じ内容ですが・・  




いつも書くことは同じ内容で申し訳ないのですが・・

遺伝病の犬猫がペットショップで売られているって何とかならないもんでしょうかね?
一番はペットショップで生体の販売をしないこと、でしょうけど、そうすれば必ず
自称ブリーダーさんが闇で活躍します・・。

現在の動物愛護法だと甘いというか、ザルというか・・。
取扱者の研修でも寝ているような人がほとんどだとか・・。
高倍率の国家試験並にするとかね・・、かなり勉強しないと資格取得や維持ができない様に。
繁殖者は流行の犬種だと何でも繁殖出来ない様に、犬種ごとの免許制にするとか。

同時に飼い主も免許というか資格制、僕のような予備知識無い人は犬を飼えませんというのは
極端でしょうけども。それ位にしていかないと飼育放棄とか無くならないかも?
自治体が業者等から引き取りを拒否すれば、個人を装って愛護団体に持ち込んだり
やまの中に捨ててきたりですからねぇ。
その辺に目を付けて犬を集めて保護団体まがいの事をやり出す人も・・。

遺伝病が無くなると困る動物病院も出てくるのでしょうけれど・・
まぁ世の中、いろいろと複雑な大人の関係もあるんでしょう。
ペットショップにしても犬猫が死なないと次の需要は無い訳で・・
定期的に生体を購入する人の方がありがたいんでしょうけどねぇ。

NCLとか素人考えだと簡単に無くせそうな遺伝病が10数年に渡って続いているのは
犬猫流通の仕組み、業界の闇部分、お金に絡む大人の事情とか・・
昭和40年代頃からずっと変わって居ないからでしょうね。

遺伝病とか悪質な繁殖をした人間や販売会社は全国的に公表する様になれば
いくらかでも変わる??
そういう人達は公表するくらいじゃ懲りないでしょうからね、やはり法の規制が必要なんでしょうかね?
現在のような、ユルユルの愛護法では無くて。

全国的に無理であれば、せめて道内、それも無理であれば札幌市だけとか
やれないもんでしょうかね?
複雑な大人の事情はあるにしても・・。

繁殖者や業界の自浄能力なんて口だけで期待出来ないですから、
あと何十年間は飼い主側が賢くなるしか無いんでしょうね・・。
でも、これからはペットショップも繁殖業者も今まで通りには行かなくなると
思いますけど。
適当な事をやっていたり、見せ掛けだけの所は淘汰されて行くでしょう。

自分の所で販売した犬猫は全てマイクロチップ入れてますなんて言っても
やらないよりは良いかも知れないけど、マイクロチップ入れた犬が遺伝病で
死んでしまうんじゃねぇ・・・。

相変わらず何を書きたいのか、言いたいのか訳の解らない文章ですけど・・。
自己満足的な発信ということでお許しを・・。


Posted on 2015/04/22 Wed. 12:43 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top