0506

もう一度考えてみる・・  








皆さんに沢山応援していただいている今だから
もう一度、何故NCL(CL病)が無くならないのか考えてみます・・
と、言ってもまたこれまでと同じ様な内容ですけど。
いつも、思いつきだけで書いています・・

NCLは繁殖にキャリア×キャリアや発症犬を使わなければ良いだけです。
これまでの発症犬は全てがペットショップからの犬ではありませんが・・
きっと調べると圧倒的にペットショップ経由で迎えた犬が多いのでは?と
思ってしまいます。

ペットショップの仕入れ先が、所謂パピーミルやオークションで仕入れている
事が多いからでは?
何犬種も何百頭もの繁殖犬を抱え、一頭一頭の世話も出来ない状態で
遺伝子検査なども興味が無いでしょうね・・。

パピーミルが自主的に遺伝子検査を受けるとは思えませんし。
仕入れ値の問題もあるのでペットショップ側もパピーミルから仕入れた方が
利益が大きい・・そうなるんでしょうね。

ペットショップで生体の扱いを禁止すれば良いとの考え方も
ネットで見掛ける事もありますが、何万人もの失業者が出る事を考えると
現在の日本では無理でしょうね・・。

やはり買う(飼う)側が、CL病に限らず犬種ごとの遺伝性疾患を知り
ペットショップやブリーダーに親犬の検査証明書をみせて貰う様に要求する。
その証明書は写真等で保存して、後に来る血統書と親犬の名前や登録番号が
合っているかまで確認しないとダメでしょう。
そこまでやらなければ、何処から出て来た検査証明書なのか?血統書が正しいモノなのか?
疑い出すときりがありませんけど・・・、そこまでやらないと安心出来ない世界かも
しれません・・。

やはり本当の信頼できるブリーダーさんを見付けるのが良いのでしょうけど・・
ボーダーであれば、NCL・TNS・CEAの遺伝子検査は最低やっている。
その他、股関節のスコア?を公開しているとか。
いったい何件のブリーダーさんがそこまでやっているのかは解りませんけど。

ウチは大丈夫だょ!というブリーダーさんが、このBlogに名乗り出て頂ければ
喜んで紹介したいと思います。

この時代、下手なペットショップ店員や自称ブリーダーさんよりも素人の知識の方が
豊富というのは良くあります・・けどね。

キャリア犬が悪のように感じられる方もいらっしゃるかも知れませんが
繁殖者やペットショップ側が避妊・去勢手術をした後で譲渡したり売りに出したり
するべきかも?
いくら繁殖禁止ですと言って念書を書かせ販売したとしても、何故繁殖禁止なのか
伝わっていなかったり、引っ越し等で連絡先が不明になったりすれば繁殖しちゃう
人はやっちゃいますよ・・。
キャリア×ノーマルの交配で生まれてくる、半分のキャリア犬・・
国内のボーダーコリー遺伝子プール?って言うんですか??
血が濃くならない為には必要なのだとも思いますが、素人が手を出す事ではありません・・。

どんなに法律を作っても、その抜け道を歩く人達は必ず出て来る訳で・・
無意味なのかもしれませんが、そうなればなるほど飼う側の知識は重要ですね。
そうなれば、ペットショップもしっかりとした会社しか生き残れなくなるでしょう。
そして、今後は生体では無く用品・サービス等でいかに利益を出していくかが
大切になって来るでしょうね。
いつまでも仔犬を展示してその可愛さの衝動買い狙いではやって行けなくなります。
仕入れ先の選択も重要でしょうけど。
ペットショップで売るな買うなは、現在では無理がありますから・・

この話を考え出すと、いつも頭の中がゴチャゴチャになります・・
きっと酒でも飲めば一晩、二晩でも語れる方も多いと思いますが・・。
僕がコレを書くと上手くまとめられないんですよね。

現時点で行政や血統書を発行する団体、ペットショップや
パピーミルに期待など出来ませんから、
やはり飼う側が勉強するしか無いでしょう・・。

いつもまとまりが無くてすみません・・。






Posted on 2015/05/06 Wed. 20:04 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top