0517

NCL(CL病)、最初に出た症状  








皆さんのご協力でこのBlogのことをInstagramやFacebook、またご自分のBlogで
ご紹介いただき、毎日沢山の方々に見ていただいています。
ありがとうございます。

メールで問い合わせを頂きました。
ご自分が飼っているボーダーの様子が最近おかしい、NCLの最初の症状は
どうだったのか?という内容でした。

僕は獣医でも何でも無いただの飼い主なので以下記入することには
正しくないことも含まれているかもしれません。
僕が見てきて覚えているAnonの状態です。

以前のBlogは全て消してしまったので・・その時の記録があれば
詳しい日時まで解るのですが。

・1歳6ヶ月頃より、散歩時に毎日会う犬で毎回挨拶も出来た他の犬に
対して怖がるようになった。
・フードを何故か一粒ずつ口に入れたり出したりをやり出す。
・安太郎に対して突然吠える(食事の時)
・いつも寝る場所と違う所で寝る。
・音に対してビクついたり異常に敏感になる
・安太郎が寝た後とかに自分の足元に来て顎を載せたり、それまでより甘えが酷くなった。

Anonの場合は上記の様な状態ですが、同じNCLの発症犬でも
最初の症状とかは一頭一頭違いはある様です。

心配な事があれば病院へ行くか・・
きっと初期の状態を診て、NCLかも?と判断が付く獣医さんって少ないのだと思いますが。
あとは検査キットを取り寄せたり、病院で血液採取してNCL遺伝子検査をするか・・。

どんなペットショップやブリーダーさんでも過去に利用した所は
信用出来ると思い込んでしまうかも知れませんが、NCLやTNS・CEAに付いて
説明して貰うと良いと思います。
しっかりと勉強した人であれば、症状から脳の中で何が起きているか?
その他、統計上の数値まで言えると思いますよ。

逆ギレしたり、ただ大丈夫ですょとか、混合ワクチン打っているから平気
とか言うお店とかもありましたけど論外です(-_-;)

飼い犬の様子がおかしければ、まず病院でしょう・・。
試しに購入したお店や、ブリーダーさんに質問してみて彼等の
知識を問うというのも有りでしょうけど・・。
性格の悪い僕であればそれをやるでしょうね・・。Anonの件、以降はペットショップの
言うことなどは信用出来ないとよく解りましたけど・・。


以下に発症と解るまでのAnonの状態をまとめた記事や
てんかん発作を起こしてから段々、歩けなくなるまでの動画を
まとめた記事もあります。

・NCLと判明するまでの「まとめ」

・動画のまとめ・・かなり長いです。

Posted on 2015/05/17 Sun. 00:12 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top