0521

もう少しでお別れの時間・・・  



Anonとのお別れの時間がもう少しに迫っています・・。
何気なくギターを出して数十年振りに弾き録音してみたこの曲・・。
Anonが調子を崩した頃で、なんでこんな曲を弾いてしまったんだろうと
無意味に後悔したり・・。

妻は仕事、子供は学校に行き、Anonの手を握っていると
これまで我慢していた涙が止まらなくなってしまった・・。
この2年間、仕事で苦しみ追い込まれ何の感情も無くなったかと思ったら
まだ泣けたんだ・・。
Anonが思い出させてくれた??

昨晩は夜、Anonが寝ているところの蓋を閉めようとすると、
安太郎が来て閉めるなと言わんばかりに邪魔をする・・。
安太郎をどけて蓋をすると、今度は自分で開けようと鼻で押し上げています。
それならばとまた蓋を開けてあげると、安太郎は安心したかのように自分の寝床で
眠りにつく・・・。

亡くなった直後もそうでした。
一番にAnonの所に駆けつけ、耳や鼻・肉球を舐めていた。
Anonを病院へ連れて行くときも、いつもは置いていかれると吠えるけど
その時は玄関でお座りして鼻を何度か鳴らしていた・・。

やはり、人間よりも犬の方が正直で素直です。

Anonをペットショップから連れて来た時も僕一人、そして旅立たせる
時も一人です・・。

Anon・・一緒に居てくれてありがとうね。

Posted on 2015/05/21 Thu. 08:48 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top