0602

二週間経ったんですね・・  








今日でアノンが居なくなり二週間です。
いつも通り、まだ二週間なのかもう二週間なのかは、自分でもよく解りません。

宗教的儀式、その他は全く解らないですしね。
火葬時に葬儀屋さんから言われたのは、ペットの場合は何をどう供養しようと
問題ありませんから、飼い主さんのご自由にと言われて居ましたが。
人間の供養すら知らない飼い主ですから・・・

朝と晩に水とフードをあげるくらいですかね。
アノンの写真もプリンター買い換えてようやく印刷しましたし。

どんな病気でどんなパピーミル出身の犬だとしても
ウチの犬には変わりありませんから。
これからもずっと朝晩にフードと水だけは欠かす事は無いと思います。

アノンが生きていた頃は、アノンが居なくなったらNCL等の遺伝病で
苦しむ犬や飼い主さんが出ないように、何かを始めようとか思って記事にも
書きましたけど・・。

いろいろ調べたり情報をいただいたりして来て、じゃ何をどうやれば良い?
何の事を訴えって行けば良いんだろう?というのが現状です。

アノンのNCLが解った当初はペットショップと繁殖先のパピーミルの問題しか
頭にありませんでしたが、知れば知るほど奥が深いというか、解らなくなるというか。
ド素人の一般人が首を突っ込む事じゃなかったかな?とも思ったり・・・。

アノンが居なくなってしまったので・・ブログネタも無いようなもんです。
何か思いついたことをそのまま書き殴っている意味の無い状態ですね。


しかし・・・

ペットショップのボーダーコリーはよく売れますね。
先日まで5頭が在庫として出ていましたが、今の在庫は2頭だけ。

アノンの件でNCLの遺伝子検査済み、クリアの親犬から生まれた子達でしょうけど。
やはり普通の飼い主さんというか、これから犬を飼いたいという人達はネットで検索ということは
あまりしないのでしょうね・・。
自分がネット依存みたいになっているから、つい他人も調べるだろうとか思うけど(笑)

疑い出せばきりが無いけれど、本当にNCLクリアの親なのかな?とか
TNSはどうなんだろうと考えてしまいます。
既に人様の犬ですから、ここで何を言っても無駄ですけどね。

TNSのキャリアや発症だったとしても、NCLの遺伝子検査クリアであった親犬からの
子を販売しているというだけで、これまでよりは進歩なのでしょうね。

Posted on 2015/06/02 Tue. 13:08 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top