0831

バナーを作ってみました。  






さて・・・
何も目新しいネタもありませんので、バナーでもつくってみました。

適当にササッと作りましたし、絵心もデザインのセンスも何もありませんから
適当なモノです。



idenn.jpg


うーん・・とってもありがちな安易なパターンですねぇ(^_^;)
こちらは犬種に関係なしという意味で。


BorderCollie.jpg

NCL・TNSはボーダーコリーだけじゃ無いんですけどね・・。

ホンとはCEAも入れたかったんですけど・・
大きさの関係でNCLとTNSだけになってしまいました。



Anonforever.jpg

ついでに作りました(笑)
アノンの迷子札の写真があったので・・。
NCLと検索する人よりも、CL病で検索の方が多いので
あえて「CL病」


で・・・
ご自分のブログやHPにバナー貼っても良いよという寛大な方が
いらっしゃいましたら、画像下のhtmlソースそのままコピーして、そのまま貼り付けて頂ければ
このBlogにリンクするようになっています。
そのままコピーして貼り付けると大丈夫かと??改行は入れないで。

ただ、まだ横幅小さいモノはまだ作っていませんので、Blogでしたらカラム欄に収まらないかも
しれません。


idenn.jpg

<a href="http://ceroid-lipofuscinosis.com/"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/a/n/o/anonyasutaro0414/idenn.jpg" border="0" width="234" height="60" /></a>




BorderCollie.jpg

<a href="http://ceroid-lipofuscinosis.com/"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/a/n/o/anonyasutaro0414/BorderCollie.jpg" border="0" width="266" height="88" /></a>



Anonforever.jpg


<a href="http://ceroid-lipofuscinosis.com/"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/a/n/o/anonyasutaro0414/Anonforever.jpg" border="0" width="262" height="141" /></a>


---------------------------------------------------------------

で・・・
こういう事くらいしか、今のところは出来ません・・。
本来であれば、もっと精力的にやるべきなのでしょうが。

ただ、今後は今のままだと遺伝病は減らないかも知れません。
全国の病院でNCLやTNSという事が解らず、亡くなっていくボーダーや犬達も
多いことと思います。

キャリア×キャリアの繁殖を避ければ良いだけなのですが・・

病院で診察し遺伝病が疑われるとなれば、今は検査会社に採血した血液を送り
クリア・キャリア・発症と判別するだけです。
血統管理団体に連絡する訳でも無く、きっと連絡したとしても団体は何も動かないかも??
昨年書いた、「○○○の対応」という記事をみると理解して頂けるかと。

全国の検査会社等で検査したデータは、本来集まるべき所に集まらなければ何の意味も
無いデータとなってしまう可能性もありますよね??
もっと詳しく書きたい所ですが・・また、おかしなメールも遠慮させて頂きたいですし・・。

何かおかしいな??と感じ病院へ連れて行き、獣医師さんが判断が付かないようならば
詳しい先生に連絡するなり相談して貰うのがいいでしょうね・・
アノンの時は掛かり付けの病院→大学か専門の病院と紹介して頂けましたが、
脳神経専門の病院でもNCLは初めてとの事でした。
たまたま、ペットショップ・繁殖者の事で院長先生に無理なお願いをして、更に先まで
話しが進んでいきました。

他にもBlogを見て頂いて方々が、あちこちへ連絡を取って頂いたり、お願いしてくれたりと
動いていただきました、勿論無償ですよ。会社ではなくて個人ですし。
僕にはそんなお金はありませんから・・(^_^;)
そしてアノンの兄弟・親戚の遺伝病検査が進みました。
肝心のペットショップさんは、どうだったのかは?過去記事の通りです。
まぁ、そんなことはどうでも良いのですが・・。

いざとなれば、ボーダー飼い主さん達のネットワークを使い
専門の所と相談した方が早いかも??(^_^;)

飼い主レベルでも、NCLやTNS、CEA等に関してはとても
詳しい方々が沢山いらっしゃることがよく解りました。

アノンの時にはアノン繁殖者とは全く無関係の本物のブリーダーさん達にも
いろいろとご協力いただきました。

他には、自分の飼っているボーダーがアノンの血統とは無関係と解ったあと、
いまでもコメントをしてくれたり、メールをいただいたりする飼い主さんも沢山います。
本当にありがたいことです。

アノンのNCLが判明し、僕はBlogという形ですが声をあげて良かったと思いますよ。
とても恵まれた状態でアノンを看ていくことが出来ましたし。

ボーダーに限らず、ご自分の飼っている犬猫の様子がおかしい??
どこの病院へ行ったら良いのだろう?とかがあった場合は
どんな形でも良いから声を上げましょう!!
万が一、遺伝病であったとしても・・今後、遺伝病を撲滅させる為にも
声を上げることは必要だと考えています。

このBlogのコメントにでも書き込んでも良いと思いますし・・。
1人で考え悩み、検査を沢山受けるよりも良い方法が見付かるかも知れません。

うーーん・・・
なかなか、書きたいことをストレートに書けないのはストレス溜まりますね(笑)






Posted on 2015/08/31 Mon. 16:49 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top