0918

ボーダーコリーを迎えるにあたり・・  

0306-2.jpg



ボーダーコリーに限らず、どの犬種を新たに迎えるということ。
とある、方々といろいろとお話をさせていただき、改めて考えていました。

数回ペットショップに通いアノンと安太郎を連れて来た自分の行動はどうだったか・・
いま考えると、とても危険で愚かな行動だったでしょう。
アノンと安太郎に出会えたという事は自分にとっては大きな喜びですが。

どこのブリーダーさんからボーダーを迎える時でも、そのブリーダーさんが
ボーダーの繁殖についてどの様に考えているのか? これはとても重要ですね。
直接会い、しつこい位に聞いても熱い気持ちを持って繁殖させている方は、納得出来るまで
説明してくれることでしょう・・。

親犬の遺伝病検査はもちろん必須で当たり前ですが・・。
その他にどんな点に気を付けた繁殖をしているか?続けてきたか?
ここをじっくりと説明受けて、同意出来るかどうか??

その他に、親犬の年齢・・
10歳近いまたは10歳過ぎの高齢犬を交配させ、生まれてきた子は果たして健康なのか??
何かリスクは無いのか??
両親犬の血統も何代も前まで調べ、例えば毛色を見ているか??健康状態や性格はどうだったか??
そこまでの拘りを持たないと、健康なボーダーは生まれて来ないのでは?と僕は思います。

たまたまペットショップや流行の犬舎からボーダーを迎え、病気は無くて健康だという
飼い主さんも居ることでしょう。ラッキーでしたね。

犬のブリーダーさんを「ここは有名だから」だけで選んでしまう・・
まぁ、それで納得出来る方は良いと思います。
そこの犬舎名が入っているというだけの血統書にしても、「えっ!」と思うこともあったり。

アノンの出身犬舎、現在はここの犬舎名で市場に犬は流通していないようですけどね・・
きっと違う犬舎名で市場に出ているかも知れませんよね・・。

どんな犬種でも、犬を迎える側は慎重になる必要もあるでしょうね・・。
以前も書きましたが、僕はいろいろと疑って考える人ですから(笑)
あぁ、ここの犬舎は有名だし評判も良いと飛び付く事はきっとしないと思いますけど。





Posted on 2015/09/18 Fri. 08:56 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top