0926

結局・・・  








数日前からずっとモヤモヤして考え続けていました。
怒りが収まらないというか・・

NCLの発症犬を繁殖させた所と、発症犬を飼い看取った側とでは
何をどう伝えようともお互いに理解したり納得したりは出来ない。

そんな彼等にどう何を叫び訴えても無駄だったのかもとれません。
犬が売れてなんぼの世界ですから・・沢山生産して沢山売るのが一番です。
病気の子がたまたま出て来ても、彼等の中ではたまたまなんでしょうし、売れる犬の数
から比べれば大した事では無いのでしょう。

アノンがキャリアであったなら、僕自身の考え方も全く変わったと思いますが・・

アノンの繁殖者やここ十数年で発症犬を出した人達こそ、
遺伝病を無くす為の動きなり、情報を発信していくべきだと思いますけどね・・
まぁ老人にHPやブログを作れというのも無理でしょうけど・・
でも、これが何年経ってもNCLを出したのは事実ですし。

どこの犬舎のHPを見ても大丈夫なのかなぁ??とか
何か書いてあっても疑ってしまい、何か隠していないか?(笑)と思う癖が付いてしまいました。
ペットショップで仔犬を見ても確かに可愛いけど・・
その裏側や生産の場、親はどうなっているんだろ??と見てしまう癖も付きました。

やはり繁殖や販売する側は、かなり厳しい法律でがんじがらめにされないと
まともな事は出来ないでしょう。更に登録管理者もそうそう簡単には取れないようにして
数年に一度の更新で試験を受けさせるとか・・。

他の様々なメーカー、病院、業者等々、裏で金やモノが動くのは
ペット業界に限った事では無いですし・・何かあってもいくらでも言い逃れ出来る様になっていますし。
大体、ペットショップが動物病院経営しているというのが、どうも理解出来ない・・。
やはり、坊さんが裏で葬儀屋経営しているのと似たようなモノなのか??(笑)

うーん・・
それにしても先行き暗いです・・。






Posted on 2015/09/26 Sat. 19:02 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top