1102

10月23日  






先月23日、10月23日はアノンの同胎兄弟犬「りく」君が亡くなり
丁度、1年でした・・。

あっという間の1年間でした。
今でも当日のことを思い出します・・

りくママから朝5時か6時頃にメールが入りました。
「りく、早朝に亡くなりました」

りく君はNCL発症と解ってから、1ヶ月しか生きられませんでした。
兄弟探しをしても、なかなか連絡が付かなかったりく君・・
りくママがこのブログに非公開コメントをくれて、それでようやく
居場所が解りました。

顧客リストを持っている、ペットショップ社長が
兄弟・親戚犬の飼い主さんには責任を持って連絡すると言った
言葉をすっかり信じてしまった僕が悪かったかも知れませんね。

購入時の住所から転居していて郵便物が戻って来て連絡が付かない・・ペットショップが
言っていた事です。
りくママは転居後にも、同じペットショップの違う支店でボーダーを迎えています。
その時は新しい住所で登録していたのに・・。何故、新しい住所に連絡を
しなかったのか・・。

りく君は連絡が付く数ヶ月前から、色々な症状が出ていました・・
せめて少しでも早く、NCL発症と解っていればご家族も心の準備期間は出来たのかもしれません。
血液採取してDNA検査をして、やはり発症ですと言われ、どんな気持ちだったか・・。

亡くなった後のペットショップの対応は昨年に書いた通りです。
りく君を火葬した帰り、車の中からりくパパ・りくママが僕に電話をしてくれました。
その日の夜も翌日も電話で話し・・・
腹が立ってたまりませんでしたょ。
飼い主では無い僕が立腹するくらいですから、ご家族の怒りはそれを遙かに超えていたでしょう。

現在、りく君のブログは更新が止まっています。
子育てに追われる中、りく君と子供の面倒を見ながらりくママが携帯から少しずつ更新していました。
現在も忙しくブログ更新は出来ない状態です。

りく君とアノンの死が無駄にならない様に、これ以上CL病やTNSで苦しむボーダーと
飼い主さんが出ないよう、ブログを使い少しずつでも情報を発信することしか出来ません。


僕が毎日アノンの事を思い出しているように、りく君のご家族も「りく君」の事を
思わなかった日は無い1年間だったと思います。

りく君はどうしているでしょうね・・
アノンと会い目も見えて、てんかんの発作で苦しむことも無く走り回り
また、りくママの元に戻ってきて欲しいものです。

Posted on 2015/11/02 Mon. 23:45 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top