1104

どうなんでしょうね・・  








以下は、ペットショップ大手のAHBの?検査会社Bio Plusの遺伝病に付いて
HPですが・・。

以前からこのブログでも取り上げ、書いて来た事ですが・・・
上記HPの「繁殖時掛け合わせ早見表」

ここで、この組み合わせはOK・この組み合わせは禁止とあります。
ここではノーマル×キャリアの組み合わせはOKとなっています。

僕自身の考えでは、「行うべき組み合わせでは無い」と考えています。
もし、その組み合わせを行うのであれば、繁殖者・ペットショップ側が
生まれた子犬たちの遺伝子検査を行い、50%の割合で生まれてくると言われている
キャリアの子達に関しては、避妊去勢手術を行った上で市場に出すべきと思います。

客や譲渡先に「キャリア」であるかもしれない可能性を伝えず
安易な飼い主が繁殖を行ってしまった場合は、更にキャリア犬は増加し
偶然にキャリア×キャリアの繁殖が行われる可能性もあると思います。

大手ペットショップがそこまでの事を書かず、ノーマル×キャリアの繁殖はOKとする
事を書いてしまうならば、その後の注意点。自分達が作り出したキャリア犬に付いての
注意事項も記載されるべきと思っています。

それと・・現在、数社のペットショップではその犬種での
代表的な遺伝病検査を行っている所もありますが・・
ボーダーコリーならばNCL検査。
いつも書くことですが、僕の様に何も知らなかった客には「遺伝病検査」していますで、
あぁ、じゃ安心ねとなることもあるかもしれません。
確かに何もしないよりは良いのでしょう、でも僕からすると片手落ちです。
いろいろな現状を知ってしまえば、NCL・TNS・CEA等は当たり前です、その他の
検査を繁殖者・ペットショップがどこまでやって、良しとする基準は無いと思っています。

Posted on 2015/11/04 Wed. 07:44 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top