0323

素人繁殖は止しましょう・・  







たま〜に、散歩で会う60代半ばのオバチャン。
飼っているのは10歳超えた柴犬ですけど、5〜6年前にその子供が欲しいと
柴友達の犬を連れて来て交配させようしたらしいです・・。

当然、ネットもしない人ですからネットを検索して遺伝病等の事を
調べるとかしていませんし。
黙って話しを聞いていると、オバチャンが飼っている犬はアノンや安太郎が居た所から
買ってきたらしいです・・。
交配させようとして何日間か一緒に居たらしいですけど、結局何も無くて失敗したみたいです。

まぁ、よくある話しかもしれませんね。
驚いたのは交配させようとした柴がオバチャンが買って来た店と同じお店で
買って来た犬だった、血統書を見ると年は違うけど親が同じだった。
「どっちも可愛い犬だから、子供が産まれたらもっと可愛い犬になった筈。
年は違うけど兄妹同士の子供だから親近感沸くよね」と(´Д`)

あれ??オバチャンの犬、連れて来た時から皮膚病だかでいつも病院に行っていたよね?と
聞くと、「そうなのさ、相手の犬も同じ皮膚病でね〜、いや〜兄妹って似るんだね」と(´Д`)

遺伝病の事を話しても「そうそう滅多にあるもんじゃ無い」とか言い出す人なので
黙って話しを聞いていましたけど・・・
素人が繁殖なんかに手を出すもんじゃありませんょ。
どんなに勉強して最善と思える組み合わせでも何が起きるか解らないと思うんですけどね。

一般飼い主で繁殖させてしまう人って、ウチの可愛い犬の子が欲しい、見たいってのが
圧倒的なんでしょうね・・
昭和の話では無くて、つい5〜6年前でもこうですから。
ネットを使わない人達にどうやって遺伝病のこと伝えていけば良いのでしょうね??


Posted on 2016/03/23 Wed. 20:15 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top