0527

sippoの記事より  






ペットを買ったら病気だった! 水頭症、心臓病…ペット店の診断書「異常なし」の例も 繁殖法に問題?


いろいろな事例が出ていますが、ほんの一部でしょうね。
アノンやりく達以外にも沢山病気の犬は売られているみたいです。
ペットショップにいるうちに水頭症だと解り、社員の方が飼っていたりとかも
あるみたいですけど。

記事の最後に出ている、新庄動物病院(奈良県葛城市)の今本成樹先生。
ごえもん君以来、10数年経過しアノン達のNCLが出て来るのは、ペットショップ・繁殖者が
やるべき事をやらなかったからと仰っていましたが・・。
直ぐに忘れちゃうんですよ、人間ですからね。

そして、「様々な疾患が見つけやすくなる生後3カ月から半年くらいの子犬や子猫を買うことが、自己防衛につながるでしょう」

8週規制がどうのこうのは知りませんが・・やはり、ある程度大きくなった犬を買うこと、
ペットショップの社員として働いている獣医さんや、ペットショップが金を出して
作った動物病院やショップ指定の健康診断書、何処まで信じられるかというと、どうでしょうね。
今となっては僕の場合は全く信じられませんけど。
きっと真面目にやっている獣医さんもいらっしゃるとは思いますけど。

今本先生、遺伝病やNCLに付いてはもう語り尽くしたと仰っていましたが
最近また獣医師向けの月刊誌で遺伝病に付いて連載を始めて下さいました。
ずっと遺伝病の研究をされている鹿児島大学の大和教授だけではなく、
最近になり今本先生も遺伝病疾患の場に戻ってきて頂いたことは
本当に有り難いと考えています。

最後に・・遺伝病の犬、ペットショップで売られているのが全てそうという訳でも
ありませんけど、「ブリーダー」と呼ばれる方から購入した犬でもTNS発症や、NCLのキャリア犬は
出ています。

これから犬を飼おうとしている方へ、知っている人が伝えること。
犬を飼おうとしている人がいろいろ調べ、僕の様な過ちをしない事が大切かと思っています

他の獣医の先生方も遺伝病について勉強しましょうね(笑)
飼い主の方が詳しかったりすると恥ずかしいですし・・。

Posted on 2016/05/27 Fri. 00:39 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top