0320

何かちょっと違うかな??  








先日、東京・横浜と行き遺伝子検査ラボや国会議員さんの所等を回ってきましたが・・

帰宅してからネットを見ていて、ここ最近ペットショップ等の「遺伝子検査の流行??」というか、
個人的には何となく僕達が求めている物と方向性が違う気もします・・。
特定の会社等への事ではありませんけどね。

一部のペットショップが遺伝子検査を導入するのは良いと思いますよ、
しかし、何だか遺伝子検査の代行 ?仲介?会社みたいのが出て来て、
ペットショップで売られている子犬にランク付けしてみたり・・・。
繁殖者への遺伝子検査料は無料にして犬が売れたらキックバックとか。

更に何でもかんでも遺伝子検査の項目増やすのは、どうなんでしょうね??
必要の無い遺伝子検査までやる必要はあるんですかね??

「遺伝子検査している子犬だからウチは安心」では無く、
本来であればオークションなど使わずに、自社と契約している
繁殖者への指導と管理、その繁殖犬を検査すれば良いのでは??

いろいろな考え方がありますけど、何でもかんでも遺伝子検査しているから
安心ですってのはあり得ないでしょう??
まあ何もしないよりは良いのかもしれませんが・・。

ペットショップが「安心」を売りたい為に遺伝子検査をする、そうすれば
仲介業者の様な本来であれば犬に何の関わりも無い会社も出来てくる・・。
検査会社はどんどん検査すれば金にはなるでしょうけど。

だから、一つの会社、業界だけで遺伝性疾患の対策をやっても
無駄が多くなり有効な事が出来ないんじゃ無いですかね??

Posted on 2019/03/20 Wed. 15:08 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top