0502

販売する犬の遺伝病検査  







一部のペットショップでは、販売する仔犬に対して
その犬種の代表的な遺伝性疾患の遺伝子検査を行い、
とりあえず、発症犬を消費者の手には渡らない様な
形には徐々になって来て居るかもしれません。

自分的にはこれで良いのかな?とも思って居ます。

販売側からすれば、発症犬は出回らない。キャリアは
繁殖には注意してねと伝えればOKかな?
本来であれば、ショップが契約している繁殖者の繁殖管理をしっかりやらなければ解決とはならないと思いますが。

更に血統書の管理、発行団体は何の改善も出来ずに
居ますよね?何かやってるんですかね?
柴のGM1の件で改めて、血統書の信用は無くなったと僕は思っています。
正しい血統書、発行すれば良いですよね的な幕引きでしたね。

いくらペットショップ側、検査会社が何かを改善しようとしても、血統書管理発行団体が現在のままではねえ。

血統書は一般の飼い主には、それほど必要では無いと思っています。血統書が手元に来ても誕生日も偽装、親犬も偽装って紙キレじゃあね。

血統書を発行する、登録する時点で親子鑑定と決められた遺伝性疾患の遺伝子検査くらい出来ないもんですかね? 現在の血統書の遺伝子登録を、遺伝子登録しているからウチの犬は遺伝病が無いと勘違いしてる人もたくさん居ますよね。
何か問題があり親子鑑定調査とかになっても、繁殖者が
有利な仕組みのままですし。

売れれば良い、登録料が入れば良いでやっていると
そのうちに消費者にソッポ向かれるのでは?と心配です。

業界が何ら変わるつもりが無いなら、これから
犬や猫を飼う人達に現状を伝える方が良いのかも
しれません。

ペットショップや業界の全ては否定しませんよ、
ただ、やるなら正直にやれば良いのでは?とも思って
います。
飼う側の責任もあります、自分自身もそうでしたが
リスクを知らないのは不味いです。

保護にしても愛護にしても、欧米は素晴らしい!は
どうなの?と思います。ネットに出てる情報を鵜呑みで良いんですか?と。
例え欧米は素晴らしいとなっても、そのシステムを
現在の日本ではそのまま適用は難しいのでは?

などなど、久々に更新してみました。



Posted on 2019/05/02 Thu. 17:55 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top