0519

4年が経って・・  

IMG_2942.jpg


5月19日 4年前の夕方・・
毎回感じることは同じです、もう4年経った?まだ4年しか経っていないの??

なんで自分は未だに、こんなブログを続けているんですかね??
他の遺伝性疾患の事や飼い主さんに関わり、逆に悪く思われたり・・
もう、そろそろこういう活動も放り出したい思いもありますけど。

「通院、アノン最後の仕事だよ」

4年の間にペット業界では何が変わったんでしょう?
アノンのCL以降、大手のペットショップではボーダーコリーの取り扱いを
中止しているところもあります。

でも、致死性遺伝性疾患はボーダーコリーだけじゃ無いですから。
昨年から今年に掛けての柴犬GM1ガングリオシドーシスもそうですし・・。

柴犬たちの飼い主さんの情報発信により、大手ペットショップが
HPに謝罪文を出したり販売される仔犬の遺伝子検査を行うことになりました。
それで問題が解決する訳じゃ無いとは思います・・。

ペットショップが抱えている「契約ブリーダー」ここがしっかりとペットショップに
管理されなければ、発症の犬だけ販売前に取り除かれてお終いでしょう。
消費者側に発症の犬が届くことは少なくなったというだけです。

あとはJKC等の血統書発行、管理団体。
一番にしっかりやらなければいけないところが、この4年間で何も変わっていない。
繁殖者から金を受け取り血統書を発行しているだけ。

父犬・母犬が違っても誕生日が違っても血統書を発行する・・
血統書ってなんですか??って状態です。
ペットショップで買った犬の兄妹犬がSNS繋がりで見つかった!とか
冷静に考えましょうね・・
JKCが血統書に登録されている犬達の遺伝病管理のデータベースなりを作っていかなければ
今後も遺伝性疾患で死んでしまう犬は出て来るでしょう。

ペットショップ等にいくら規制を強化し、蛇口を締めても解決には
ならないでしょう。
飼う側も問題です、親犬を見てどんな性格なのか?大きさは?とか
ペットショップでは出来ませんね・・。

飼う側が賢くならないと、ペットショップで犬が売れる・遺伝病の犬が出て来る
やばい病気の犬は削除されるだけ。
飼う側にもしっかりとした考えと勉強が必要でしょう。

Posted on 2019/05/19 Sun. 00:01 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top