0605

訓練士・トレーナー・訓練所等の方へのお願い。  







動物愛護法改正で日本犬を除外するに始まり、おかしな話が続いています。

今度はペットオークションの会社である、「プリペット」が
ペットの遺伝子検査に関する見解等という自分達の都合を
正当化したような文章を出してきました。

過去に致死性遺伝性疾患の発症犬を飼っていた飼い主からすると
とんでもなく腹立たしい内容です・・・。
こういう間違った考え、情報操作を信じ込む人が出ないことを祈ります。



さて、表題の「訓練士・トレーナー・訓練所等の方へのお願い。」ですが、
最近は柴犬のGM1ガングリオシドーシスが発症し話題になりましたが・・・。

ボーダーコリーという犬種でみるとドッグスポーツにも多くのボーダーコリーが
参加しています。
また、それを訓練する訓練所やスクールも数多くあります。

ボーダーコリーの遺伝性疾患はペットショップやそこに犬を卸す犬屋だけの
問題では無いと思っています。
大会等で良い成績をおさめた犬を繁殖に使おうという流れは当然出て来ると思います。
実際に訓練所等で繁殖された犬を飼っている方もいらっしゃると思います。

訓練所等で繁殖する場合でも、ボーダーコリーに関しては最低限、CL・TNS・CEAの
検査を受けクリアの判定が出ている犬を繁殖させて頂きたいと思います・・。

キャリアを繁殖に使うのであれば、その仔犬や孫犬・・・代々、繁殖の管理を
確実に行いキャリア同士の繁殖を防げるのであれば、個人的には敢えて反対はしません。

飼い主さん、訓練士さん、トレーナーさんからすると、師弟関係・雇用関係等で
上の言うことには逆らえないという事もあるとは思います。
しかし、繁殖に関しては是非疑問を持っていただきたい。

成績良いから繁殖させるぞ!と言われれば、雄雌両方の遺伝子検査を行ってからと
勇気を持って言っていただきたい。
一頭でも致死性遺伝性疾患の発症犬を減らす為に。

犬の遺伝病ネットワーク」として何が出来るのかは解りませんが
相談等があれば力になっていきたいと思います。

Posted on 2019/06/05 Wed. 11:07 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top