0616

やはりペットショップで犬猫を買うべきでは無いと思う・・  







~遺伝子検査に想う~再び確認しました


ブログ主様が直接、ペットプラス(AHB)に電話で確認したようですね。

現時点でやはりペットショップの行う、仔犬達の遺伝子検査は
販売する為だけのツールにしかなっていないように感じます・・。

そもそも、アフェクテッドと発症を違うモノ?としてとらえているのが
違和感あります。
言葉のとらえ方の違いでは無くて、アフェクテッド=発症と認識して欲しい。

だから、キャリアは数年後にアフェクテッドに変わり発症するなんて
言ってしまう獣医師さんも実際いましたしね・・。

遺伝性疾患の犬は出さないという目標があるのであれば、
店頭の社員に対しての教育や研修を充実させなければマズいのでは??

入荷した犬の遺伝子検査はアニコムに丸投げで、自分達は何も勉強しようとしないのは
遺伝子検査が販促ツールとなっているってこと。




ペットショップで犬猫を買っても
ネットで出ているような致死性遺伝性疾患なんて、
そうそう滅多にあるもんじゃないし大丈夫だろうな。

と思っていませんか??

僕がアノンや安太郎をテンテンで買った時がそういう考えでした。道内では大手だし店も綺麗で、店員さんも親切。
購入前に二頭とも「CL病とかの遺伝子検査は親犬はやってますかね?」
「はい、しっかりしたブリーダーさんだから大丈夫ですね」

どこがしっかりしたブリーダーさんなのか??(笑)
何十犬種、何百頭という犬を抱えた繁殖者が・・。

まあ、ペットショップで犬猫を購入した方は誰にでも
こういうリスクはあるもんだと考えて欲しいです。

といっても・・・
僕の立ち位置や考え方は愛護活動をつれている方とは少し違うとは思います。
実際に保護された犬やネコも沢山います。
それを自費で保護し世話をされている方も沢山いらっしゃいます。
ただ・・・
ペットショップやブリーダーから犬猫を
買った人達を責めるのもちょっと違う気もします・・。
自分自身がペットショップで致死性遺伝性疾患の発症犬を買ってきて
ブログ等で責められたから、そう思う訳ではありませんが・・・。



Posted on 2019/06/16 Sun. 21:05 [edit]

CM: --
TB: --

プロフィール

ブログ翻訳

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

フリーエリア

▲Page top